• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
愛されたい症候群を治す方法5つ!自己診断&特徴と原因を解説!幸せな恋愛のために

愛されたい症候群を治す方法5つ!自己診断&特徴と原因を解説!幸せな恋愛のために

愛されたい症候群というものを知っていますか?
名前の通り、愛に関する欲求が強い人のことを指します。

愛情にはさまざまなものがありますが、些細なポイントで愛されたい症候群の片りんを見られます。

今回は、愛されたい症候群の特徴や治す方法について見ていきましょう。

愛されたい症候群診断

愛されたい症候群診断

愛されたい症候群と言っても、正式な病名ではありません。
病気でもないので、医療機関で治療する方法はないのです。

しかし、さまざまな部分で「愛されたい症候群」の女性を見ることがあります。

ドラマなどでも題材に使われているものなので、名前だけでも聞いたことがある人もいるでしょう。

愛されたい症候群が注意されているのは、大きなトラブルにつながる要因となっているからです。

愛するがゆえに嫉妬心や復讐心に駆られて、周囲を巻き込んだ大きな騒動になることもあります。

わかりやすく言えば、ストーカーにも通じるものがあるのです。
ストーカーも相手が嫌いで行うのではなく、相手のことが好きすぎた結果、行動を起こしている人が多いです。

このように「愛情」は、甘酸っぱさのある感情だけではなくドロドロになった毒のような感情を引き起こすこともあります。

自分は大丈夫、という人も当てはまる部分がないか確かめてみてはいかがでしょうか。

愛されたい症候群、孤独を感じる人が増えているからこそ、余計に注意しなければいけません。

愛されたい症候群の特徴

愛されたい症候群の女性

誰だって、多くの人に愛されたいという気持ちは持っています。

しかし、それがなぜ「症候群」と呼ばれるほど危険視されているのでしょうか。

こちらでは、愛されたい症候群にはどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

愛されたいという気持ちが極端に強い

愛されたいという気持ちをもつこと自体は悪くありません。

周囲から愛されるために、ファッションやメイク、マナーなどその人のためになることが多いからです。

しかし、愛されたい症候群をもつ人は「愛されたい」という気持ちが強く出ているのです。

普通の人が2割の気持ちで考えているとすれば、8割や9割などの強さになります。

「あの人以上に自分を愛してくれないと嫌だ」という自己主張の強さにも繋がっているようです。

相手に捨てられてしまうのが怖い

愛には「重さ」があります。
過去に交際した人の中で「愛が重い」と感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

愛されたい症候群の人たちは、まさに重すぎる愛を抱えていると言っても過言ではありません。

とくに、相手に捨てられることに大きな恐怖を持っています。

恋人に愛されることで、自分の存在意義を見出している人もいるほどです。

そのため、相手に捨てられないためにお金を出したり、プレゼントを贈ったりする人もいます。

相手の期待にこたえたいという気持ちが強い

愛されたい症候群の特徴として「誰かに必要とされたい」「期待にこたえたい」というものがあります。

先述したポイントでもありますが、期待にこたえたいと願うあまり悪いことに手を出す人もいるのです。

自分さえ愛されれば、他はどうなってもいいという危険な考えをもつようになります。

一般的な人にとっては理解できないかもしれません。
しかし、愛されたい症候群の人にとっては「愛されることがすべて」と考える人も少なくありません。

相手の愛情を確かめたり試したがる

愛されたい症候群の人の中には、相手を試すような言動をすることがあります。

わかりやすく言えば「自分の家族と私が死にそうだったらどっちを助ける?」という感じのものです。

男性にとっては、比較されたくないものであっても愛を確かめるためにしてしまいます。

漫画などでもよくある「仕事と私のどっちが大切なの」というものも、そういった理由からと言えます。

相手の大切なものと自分を比較することで、自分への愛を確かめようとするのです。

自分を認めてほしいという気持ちが強い

どんな人であっても、他者から認められたいという考えをもつ人は多いでしょう。

しかし「自分を認めて欲しい」という気持ちが強く出る人がいます。
これも、愛されたい症候群の特徴のひとつと言っていいでしょう。

周囲からあまり認められてこなかった人が、こういった意識を持ちやすいと言われています。
たとえ、恋人から認められていても自分自身が満足できるものではないと不満をもつようです。
誰かに認めてもらうことで、自分自身が「恋人の役にたっている」と思いたいのかもしれません。

愛されたい症候群の原因

愛されたい症候群に悩む女性

愛されたい症候群の原因の多くが幼少期にあると言われています。

どんなことが原因で「愛されたい症候群」となってしまうのかを見ていきましょう。

自分で自覚がある人も、原因を知ることで治すための方法につながる場合があります。

親から愛されずに育った

幼少期の問題として、親から愛されなかったというものがあります。

親だから無条件で子供を愛する人ばかりではなく、残念ですが虐待をする親もいます。

虐待など、親からの愛情を実感できなかった子供が成長して「愛されたい症候群」になるのです。

親から与えられなかった愛情を、恋人などの他人から得ようとするのでしょう。

幼少期から抱えるコンプレックスを改善しようとして、愛されたい気持ちが強く出てしまうのです。

愛されたいからと言って誰でもいいわけではなく、自分が必要な人から愛されたいのです。

愛がどういうものかわからない

愛情とはどんなものか、と聞かれて明確に答えられますか?
しっかりと答えられる人もいるでしょうが、漠然とした感情しかない人もいるのです。

先述したように親から愛されなかった子供などは「愛情」がどんなものかわかりません。

愛情を得ることでどんな感情になるのか、という気持ちも理解できない人がいるのです。

こういったタイプの人は、愛されたいというよりも「愛される感覚を知りたい」という傾向
があります。

知らないことを知りたいと願う知識欲のようなものでしょう。

自己嫌悪や劣等感

たとえば、自分の顔や身体にコンプレックスを持っている場合「認められたい」という欲求が出てきます。

コンプレックスを持っている人は、美容整形などに走る人もいますが、本来の自分をそのまま愛して欲しいという考えの人もいるのです。

自己嫌悪や劣等感が強いからこそ「このままの自分を愛してくれる誰かが欲しい」と願うのでしょう。

恋人からの愛情だけではなく、限りなく愛情に近い友情など同性に向く場合もあるようです。

過去の男性との付き合いによるトラウマ

愛されたい症候群の人の中には、過去にひどい恋愛をした人もいます。

過去の男性からひどい言葉や態度を取られて、トラウマになっていることもあるのです。

そういったものを克服できずに、次に交際する男性に愛情を求めてしまうのです。

愛されることで、過去の自分も愛されていたという実感を得たいからという意見もあります。

逆に、過去の恋愛を克服するために「今の彼氏に愛されている」という状況を求めているのかもしれません。

愛されることの快感から抜け出せない

誰かに愛されることは、自分だけを見てもらえるということです。

これは、人によっては快感を得るものだと言われています。
たとえば、友人の彼氏を寝取る人も一種の「愛されたい症候群」と言えるようです。

友人だけを見ていた彼氏が、自分を見るようになることに快感を覚えるのでしょう。

もし、心当たりがある人はやめないと自分の周囲から友達がいなくなります。

「愛情」は媚薬のような快感を与えてくれますが、それだけにこだわると痛い目に逢うので気をつけましょう。

愛されたい症候群を治す方法

愛されたい症候群を治した女性

愛されたい症候群は性格のようなものなので、治すことが難しいと言われています。

しかし、絶対に治せないわけではないのです。

こちらでは、どのようにすれば愛されたい症候群を治せるのかについて見ていきましょう。

誰かを愛することの喜びを知る

相手から愛情を与えてもらうだけではなく、自分からも与えるべきものです。

愛情を与えると言っても、束縛など過剰な愛情は正常な関係を築けるものではありません。

自分がされて嫌なことは相手にもしない、という当たり前の愛情を知るようにしましょう。

誰かを愛する喜びを知ることで、愛されたい症候群を改善することが出来るかもしれません。

誰かを愛することは素晴らしいことです。
なぜ素晴らしいことなのか、を自分で気づけるようになれば愛されたい症候群は改善されていくでしょう。

自分磨きで自信をつける

愛されたい症候群は「自分に自信がないから」という原因もあります。

つまり、自分磨きで「自分に自信を持てるようになる」ことで改善出来る可能性があるのです。

ファッションやメイク、マナー、話術など自分磨きをする時間を作ってみてください。

自分に自信が持てるようになれば、愛されたい症候群は改善されていくのではないでしょうか。

少なくとも、誰かから愛されることで自分の価値を見出すことが無くなるのです。

相手に依存しない

愛情は「依存」ではありません。
愛されたい症候群の人は、比較的相手に依存してしまう傾向があります。

それは、相手からの評価でしか自分の価値を見いだせない人が多いからです。

相手に依存するのではなく、対等な関係を築けるようにしましょう。

対等な関係を築くことによって、自分に自信が持てるようになり愛されたい症候群は改善されていきます。

相手からの言葉に一喜一憂するのは悪いことではありませんが、それに振り回されているようであれば「依存」と考えてもいいでしょう。

相手を喜ばせることをしてみる

さじ加減が難しいことではありますが、相手を喜ばせることも愛されたい症候群を改善する方法と言えます。

相手に喜んでもらうことで、愛情に関する執着を軽減できるからと言われているのです。

ただ、限度を間違えてしまうと相手に尽くすばかりになってしまうのも事実です。

そのため、どこまで「喜んでもらうか」という部分は自分でしっかり線引きをしておきましょう。

相手の苦しみを共有する

愛されたい症候群を改善するためには、相手の苦しみも知ることです。

相手が苦しいと思うことを共有することで、愛されたい症候群を治せます。

その理由は、相手の立場になって物事を考えられるようになるからです。
相手の立場になれること、それは相手に対する配慮が出てくるということです。

愛されたい症候群の人は、相手の気持ちを無視してしまう部分もあります。

そうしたところを治していくことで、愛されたい症候群も改善されるのです。

まとめ

愛されたいと思っている女性

愛されたいという願望をもつことは悪いことではありません。

しかし、過去のトラウマや環境などによって過剰になっている場合があります。

愛されたい症候群を治したいと考えるなら、まず相手に向ける愛情の深さを客観的に見直しましょう。

少しでも重いと感じるならば、相手にとっても重いと感じられている可能性がたかいです。

愛されることばかりを願うのではなく、対等な関係を築くようにしてください。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る