• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
男性へのLINE頻度は少ない方がいい?心理を突いた内容でモテ男を落とす

男性へのLINE頻度は少ない方がいい?心理を突いた内容でモテ男を落とす

片思いの彼にLINEを送る頻度って気になりますよね。
彼にウザイと思われるのも避けたいですし、頻度が少なすぎて近づけないのも避けたいはず。

LINEの頻度で迷っている人向けに男性心理をついたLINEの内容と送る頻度について紹介します。

ラインの頻度に関する男性心理

LINEを待つ男性

気になる男性とラインで連絡したくても、彼がどう思っているか気になりますよね。
ラインに対する男性心理を理解すれば、彼の気持ちもわかりやすいでしょう。

男性一般が考えている、丁度いいラインの頻度をチェックしてみてください。

基本的に面倒

基本的に、男性は誰のラインでもやりとりが面倒だと感じている可能性が高いででしょう。
そもそも男性は、こまめに連絡を取る習性がありません。
仕事もプライベートも充実させたい男性は多く、ラインばかりになるのは避けたいと思っています。

男女間はライン頻度の感覚がズレやすく、頻繁に連絡がくる女性に対しウザイと思っているケースも。
また中身がないラインのやり取りが苦手という男性も少なくありません。

男性にとって連絡は、基本的に必要があってするものです。
必要ない会話はしたくない、面倒だと思っている人は少なくありません。
相手の女性が気になっている場合でも同じ傾向があるので、ラインの頻度に注意が必要です。

疲れているときは返信しない

とくに男性が疲れているときは、ラインの返信はしたくないと思っています。

女性の感覚なら「ちょっと頑張って返事しよう」と思うかもしれません。
もともとラインでの連絡が面倒だと思っている男性は、無理してまで返事しようという感覚さえないでしょう。

男性は、疲れていれば素直に体を休めようと考えます。
仕事で疲れているとき、受験勉強で疲れているとき、スポーツで疲れているときなどは、自分の体調を優先する傾向があります。

男性は女性に比べて自立した人が多く、自己管理できているからこそ、疲れているときにラインの返事をしないのでしょう。

好きな人には高い頻度で返信したい

男性も好きな相手に対しては、高い頻度で返信したいと考えています。
好きな女性の行動が気になってしまうからです。

2人が会っていないとき、彼は彼女が何をやっているのだろうか、誰と会っているのだろうかと気になっています。

相手の女性をもっと知りたい心境から、ラインの返信頻度は高めになるでしょう。

男性の多くは、なかなか得られないと燃える性質があります。
手に入れられていないからこそ、相手へアピールしようとするでしょう。
もっと親密になりたい、という気持ちが彼にあれば、ラインの返信頻度は高くなります。

早く返信しすぎるとウザがられてしまうのでは

2人が付き合っていなければ、ラインの頻度が高くならないように注意する男性は少なくありません。
すぐに返事をすると、ウザイと思われないかと考えているのです。

誰でも、親密な関係でなければ、連絡の頻度は調節します。
ラインの頻度が低いからといって、あなたに好意がないとは限りません。

気を使っているだけなら、ラインのやりとりで2人の距離が縮まると、頻度も高くなります。

まだ2人がデートする関係性ではないなら、頻度が低くても落ち込まないでください。
彼の返事の内容が業務的や、よそよそしい感じがないなら、チャンスはあります。

片思いの男性に好ましいラインの頻度

片思いの男性と連絡する女性

片思いの男性にラインを送るなら、彼にウザイと思われない頻度に注意しましょう。
彼のタイプによっても、頻度を調節するのがおすすめです。
何度か送ってみて、彼の対応で調節してください。

返信がマメな男性なら1日1通

彼がまじめなタイプや、癒しを求めているケースでは、ラインの頻度は高めでOKです。

マメに返信してくれるようなら、彼は律儀な人だとわかります。
ライン自体にも抵抗が少ないとわかるので、1日1通を目安にしましょう。

また寂しがり屋や、女性に癒しを求めるタイプも、ラインの返信が早い傾向にあります。

誰かとつながっていたいと感じるタイプなら、すぐに返事を送ってくれます。
コミュニケーション力が高い男性や、多くの人とワイワイ過ごすのが好きな男性も、誰とでもラインを送り合うようです。

彼があなたのことを好きじゃなくても、毎日連絡を取り合っているうちに好きになるケースも考えられます。
こまめな連絡を好む彼なら、1日1通を目安に送ってみましょう。
もっと仲良くなれば、1日当たりの頻度も高くなっていくはずです。

男性の返信時間に合わせる

基本的に男性は自分のライフスタイルを優先する傾向があるので、彼の返信時間に合わせるのがベターです。

彼が夜にラインの返事を送ってくるなら、その時間帯が空いているとわかります。
1日を終えてほっとした時間帯に、ラインの返事をする男性は少なくありません。

心に余裕がある時間帯なら、彼も優しく受け止めてくれるでしょう。

人によっては、朝まとめて返信してしまう場合もあれば、夜落ち着いた時間帯に返信するケースもあります。
彼の返信時間に合わせられれば、彼の負担を軽減できます。
タイミングよくいつも返事をしてくる彼女に対し、気遣いできる人と感じてくれますよ。

よくわからない場合は週1程度

彼の返事のタイミングがわからない場合は、週1回がおすすめです。

毎日返事がきてもウザイと思う彼であっても、週1回なら負担に感じません。
ある程度時間を置くと、彼もちょうどいいタイミングだと感じてくれます。

また彼が束縛を嫌うタイプなら、頻度だけでなくタイミングも注意してみてください。
連絡が来たらすぐに返事をされると、待ちわびていた感が伝わって重いと感じる人もいます。
返信をすぐに送る場合もあれば、少し時間がかかるなど、タイミングをずらしましょう。

いつも彼のことを考えているのが伝わる返信頻度は避けるのが無難です。

男性とのラインにおけるよい内容

LINEを見る男性

気になっている彼とラインをするなら、内容にも注意したいものです。
中身がない内容や、要件がわからない内容はNGです。
またネガティブな内容も避けるようにしましょう。

共通の話題

共通の趣味があれば、彼も話題に乗ってくれる可能性が高いです。
彼が興味ある内容を調べて、共通の話題がないか探しましょう。

たとえば、今やっている趣味のこと、見ているテレビのことなどです。
面白系の話題も、彼に負担をかけずに食いついてくる可能性があります。

ただし共通の話題だとしても、長文で送るのはNGです。
相手が簡単に読めて、気軽に返信できる1~2行を心がけましょう。

彼と共通の話題がない場合は、料理系の話題がおすすめです。
毎日食事をしない人はいないため、好きな食べ物の話題や料理をするのかなどは、共通の話題作りに役立ちます。

行ってみたい場所を伝える

好きな彼とラインをするなら、彼の話題ばかりでなく、自分のことも伝えましょう。
質問ばかりだと、彼も返信が面倒になってしまいます。

あなたが行きたい場所を伝える内容なら、彼もあなたの趣味がわかります。
一緒に行きたいアピールではなく、気軽に興味のある場所として会話をしましょう。
彼の反応が悪ければ、場所を変えて反応を見ることもできます。

また2人の距離が近づけば、行きたい場所の話題は、後々役立ちます。
彼もあなたをデートに誘うきっかけにできますね。

質問することを意識する

NGなラインの内容は、感想文になってしまうことです。
「今日行った○○が美味しかった」と言われても、話題が途切れてしまいます。

質問系にすれば、彼も返信しやすいでしょう。
感想文だと、彼も返事を送って欲しいのかわかりません。
文章を質問系にすれば、彼も返信が欲しいとわかってくれます。

モテ男を落とすコツ

魅力的な女性

彼が女性からモテるタイプの場合は、ある程度の駆け引きが必要です。
女性の付き合いも慣れているため、どこでもいる女性だと思われないようにしましょう。

自分からラインしない

気になる男性には、自分から連絡したくなるものです。
しかし男性の多くは、追われれば逃げてしまいます。

あえて自分から連絡をしないで、相手に追いかけさせましょう。

また彼があなたに興味をもっていれば、自然と彼から連絡がくるはずです。

待っていても、なかなか連絡が来ない場合は、恋愛対象だと考えていない可能性があります。
脈なしの彼だとわかったら、早めに切り替えるのもおすすめです。

仕事中は返信しない

彼がモテる男性であるほど、返信はすぐにしないほうがいいです。
ガツガツしていると、相手に悪い印象をあたえてしまいます。

余裕がある女性を演出するために、仕事中は連絡を避けましょう。
家に帰ってから連絡する場合も、少し返信を遅らせるくらいがちょうどいいです。

すぐに誘いに応じない

2人の距離が近づいてきたら、彼からのお誘いもあるはずです。
彼からデートに誘われても、すぐに乗らないようにしましょう。

すぐにOKしてしまう女性は、彼に夢中なのをアピールしているようなものです。
少し余裕のあるほうが、彼も追いかけたくなります。
連絡すればすぐに会ってくれる女性は、キープ要因にされる可能性があります。

まとめ

男性の多くは、頻繁にラインで連絡を取りたいと考えていません。
好きな相手とはラインの頻度は高くなりますが、それでも女性の感覚からすると、少ないと感じてしまいまうでしょう。

気になる男性にラインを送る場合は、彼のタイプで頻度やタイミングを使い分けましょう。

多くても1日1回、少ない場合は週に1回だと、彼に負担がありません。

彼に迷惑だと思われず、かといって距離を置き過ぎないラインの頻度に注意してみてください。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る