• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
男子が喜ぶ告白の言葉5選!シンプルに伝えるのがおすすめ

男子が喜ぶ告白の言葉5選!シンプルに伝えるのがおすすめ

好きな彼に告白したくても、何と伝えていいのか悩んでしまいます。

相手が喜ぶ告白をしたいなら、シンプルに伝える方法がおすすめです。

そこでこの記事では、具体的にどんな言葉で告白するといいのか紹介します。

シンプルな告白がおすすめ!男子が喜ぶ告白の言葉5選

告白のシーン

男子は、女子に比べて相手の感情を理解する能力が低め。
遠回しに表現すると、彼に告白していると気がついてもらえないこともあります。

男子に告白するときはシンプルな言葉を使い、わかりやすく気持ちを伝えましょう。

「好きです」

「好きです」は、シンプルだけど、誰もが喜ぶ言葉です。

相手の気持ちが素直に伝わるからこそ、男子もうれしいと感じるのでしょう。

シンプルな言葉ほど、相手に誤解を与えずに済みます。
鈍感な彼でも「好きです」と伝えれば、想いが伝わりますね。

「好きです」という言葉は、相手に好意を持っていないと言えません。
ちょっと好き、まあまあ好きくらいでは、使えないでしょう。

相手に伝える場合も勇気がいる言葉のため、本気で彼のことを好きでなければ、言えない言葉です。

言われた彼も、大切に想ってくれていた気持ちわかり、キュンとするもの。

相手の女子をなんとも想っていなくても、「好き」と言われるだけで、意識しはじめます。

ただし、まったく脈がない彼に伝えても、気持ちが伝わるだけで終わる可能性もあります。

彼と友達関係か、お互い気になる存在の段階になってから使うのがおすすめです。

奥手の彼がなかなか告白できず悩んでいれば、彼女から告白してくれてうれしいと感じるはずです。

「付き合ってください」

「付き合ってください」は好きの言葉と合わせて使うのがおすすめです。

好きだと相手に伝わっても、ただ告白したかったのか、付き合いたいのかわかりません。

男子は、明確に言葉にしないとわからない生き物です。
彼と付き合いたい想いがあるなら、ストレートにどうしたいのか伝えてください。

付き合いたいという言葉は、相手が好きじゃなくても、交際を考えさせる言葉です。

男子にとって、告白した女子が許容範囲であれば、交際も考えるでしょう。

相手のことをよく理解していなくても、見た目が好みであればOKしてくれる可能性があります。

もしかしたら、最初は男子の下心で付き合うのかもしれません。
それでも、付き合ううちに好きになってくれる可能性はあります。

「一緒にいたい」

「一緒にいたい」というセリフに、キュンとくる男性も多いようです。

「一緒にいたい」は女らしさや可愛らしさを感じさせます。

男子は、誰でも女子にお願いされたい生き物です。
支配欲を満たされると、キュンとくる男子も少なくありません。

相手の女子のことを可愛い、放っておけないと思わせれば、告白がうまくいく可能性も高いです。

「こんな気持ちになるのはあなただけ」

「こんな気持ちになるのはあなただけ」は、彼を誉める最上級の言葉です。
唯一想ってくれる人、唯一頼ってくれる人に、男子は弱いもの。

普通に好きと伝えられる人は多くても、あなただけが好きと言える女子は少ないです。

世の中で出会ってきた男の中で、自分が一番なんだとわかると、多くの男子は喜びます。

ほかにも「世界で一番〇〇君が好き」や「こんな気持ちになったのは初めて」という言葉も、彼だけ特別感を感じさせます。

「声が聴きたくなった・・・」

告白する勇気がまだなくても、声が聴きたくなるシーンはあるはず。
そんなときは、思い切って電話してみましょう。

「声が聴きたくなった・・・」という言葉は女らしく、彼もキュンとくるはずです。

おすすめの告白の仕方

電話で告白する女性

同じ告白の言葉でも、言い方はさまざまです。
どんな告白方法がいいのか迷っているなら、2パターンの告白方法を比較してみましょう。

直接彼に告白する

最近は、lineやメールで告白する人も少なくありません。
直接告白するのが恥ずかしいときは、ついつい頼ってしまうのではないでしょうか。

しかし本気で彼に想いを伝えたいと思っているなら、直接彼に告白するのがおすすめです。

彼女の緊張している様子や、照れている顔も直接見られるからこそ、直接告白すると想いが伝わります。

いつもは何気なくおしゃべりしている彼女が、その日だけ顔を赤くして恥ずかしそうにしていれば、普段とのギャップが可愛いと感じられます。

男子は、普段見せる姿とギャップがあると、目で追わずにはいられないのです。

自分にだけ見せてくれた彼女の姿も、男子にとってキュンとするポイントです。
彼と2人だけの秘密をもっていれば、付き合った後も特別感があります。

電話で告白する

直接彼に告白する勇気がないという方は、電話での告白がおすすめです。

電話での告白は、耳から言葉が聞こえるのがポイント。
そばにいなくても、耳元でささやかれている気分になります。

普段は友達だと思っていた彼女でも、耳元から聞こえる声は、また印象が異なります。

耳から聞こえる声は、女子を色っぽく感じさせてくれる効果も。
あまり意識していなかった彼も、思わず付き合いたくなるかもしれません。

電話で告白する場合は、何かの用事と組み合わせるのがおすすめです。

何かの伝言をするとき、遊びに行く約束をするときなど、電話する目的があると、意外性からキュンとくるものです。

今告白されるつもりが全然ないのに、突然告白されると男子もドキッとしますよ。

女から告白するのはOK?

好きな男子を待つ女子生徒

今では、男女限らず告白する時代です。
告白は「男子側から」と硬く考えず、女子からもチャレンジしてみましょう。

男子の多くは、告白されてうれしいと思っています。

たとえ相手に好意を抱いていなくても、自分のことを想ってくれるだけでうれしいものです。

また奥手の彼であれば、彼女からの告白を待っているかもしれません。
あと一歩まで来てもなかなか告白されないなら、思い切って告白してみましょう。

▼告白のタイミングについて知りたい方はこちら!

年齢別告白の言葉

好きな男性に告白している女性

彼に告白する言葉は、年齢によっても変えてみましょう。
年齢が若ければ若いほど、女子の精神年齢が高くなるため、年齢別に使い分けてみてください。

理想の告白【高校生】

高校生になると、いろいろなシチュエーションでの告白シーンがあります。

放課後2人きりになったとき、帰りの電車に乗るとき、2人でデートしたときなどです。

高校生なら、お祭りや花火大会など夜に出かける機会も増えます。

好きな彼がいるなら、思い切ってデートに誘ってみましょう。
デートに誘ってOKがもらえれば、彼も脈ありです。

花火大会のように特別な服装ができるときは、女子が可愛く見えるもの。
あまり意識していなかった彼でも、いつもと違う彼女にドキッとしています。

告白するときは、ストレートに「〇〇君のことが好きです」「付き合ってください」がおすすめです。

告白の言葉【中学生】

中学生になってくると、男子も少しずつ大人に変わってきます。
直接告白されるのが照れる男子も少なくありません。

中学生の男子に告白するなら、ちょっと軽いノリでの告白がおすすめです。

「〇〇君の彼女になりたいな」という告白なら、ストレートすぎず、普段の会話でも伝えることができます。
いつもどおり2人で話しているときに突然言われたら、彼もドキッとするはず。

中学生になると、学校行事や生徒会などでも2人きりになるチャンスはあります。
普段から少しずつ親しくしながら、突然告白しちゃいましょう。

放課後の用事を済ませているときなら、誰も見ていないため恥ずかしくありませんよ。

告白の言葉【小学生】

小学生くらいで大人びてくるのは、女子のほうです。
まだ子どもっぽい男子に大人くさい告白をしても、照れてしまい何の進展もない可能性があります。

小学生の彼に告白するなら、相手を褒める作戦がおすすめです。

そろそろ異性を意識しだすと、好意を敵対心として表現する女子も少なくありません。
あえて相手を褒めることで、意外性を出すのです。

「〇〇君のここが好き」「〇〇君のここがカッコいい」と言われてうれしくない男子はいません。

小学生の男子であっても、自分を立ててくれる女子には弱いもの。
何とも思っていない彼でも、少しずつ意識しはじめてくるはずです。

まとめ

ハートの本

男子に告白するときは、わかりやすい言葉がおすすめです。
曖昧な言葉で伝えてしまうと、気持ちがわからず、彼を悩ませるだけです。

本気で彼に想いを伝えたい、付き合いたいと考えているなら、ストレートな言葉で告白しましょう。

告白するときは、想いがちゃんと伝わるように、直接会うのがおすすめです。
顔を見て告白できる機会をつくって、チャレンジしてみてください。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る