• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
同棲するための初期費用の平均総額とは?費用を節約して賢く引っ越し

同棲するための初期費用の平均総額とは?費用を節約して賢く引っ越し

恋人同士として付き合いはじめ、それが長くなると考えるのが、同棲や結婚です。
とくに同棲は、お互いにプライベートな部分が出やすいため、結婚の予行練習もかねて同棲しておくという人もいます。

同棲の第一歩として、2人で住むための物件探しからはじめる必要があるでしょう。

今回は同棲をするための必要な、出費も含めた準備すべきものをリサーチしました。
また同棲をはじめるにあたって、できるだけコストを抑えるための節約法も解説します。

同棲は、現実的なお互いの生活が基準となるので、身の丈にあった選び方が大切です。

同棲にかかる初期費用の平均額

同棲にかかる初期費用

まず同棲をはじめる際に、最低限用意しておいたほうがいい平均的な金額を算出しましょう。

それぞれの分野にわけて紹介しますので、自分たちの身の丈に合った生活スタイルを考えながら、読み進めてください。

物件の契約にかかる初期費用

同棲をするには、2人で暮らすための部屋が必要です。
通常、賃貸物件には、敷金・礼金に不動産屋に支払う仲介手数料が必要となります。

これは住む部屋の大きさや環境によって変わりますが、およそ考えている家賃の5~6ヶ月分ぐらいと考えておくといいでしょう。

たとえば家賃が9~10万円の部屋に住もうと考えているならば、約70~80万ほどの初期費用が必要です。

とくに入居の際の家賃は前払いが多いため、2ヶ月分を支払わなければなりません。
またマンションなどの場合は、火災保険の加入が義務付けられている場合もあるので、余裕をもつ必要があります。

引っ越し業者にかかる費用

同棲するための部屋が決まれば、次は引っ越しです。
自分で車をもっていない場合は、レンタカーを借りるか、引っ越し業者に頼むことになります。

引っ越し業者に依頼する際は、季節によって変動があることを頭に入れておきましょう。

部屋のサイズや荷物の多さ、距離によって違いはありますが、引っ越しする荷物の量が一人分ならおよそ3~8万ほどになります。

引っ越し業者にかかる費用は、少し余裕をもって準備しておいたほうがいいでしょう。

家具にかかる初期費用

あくまでも結婚ではなく、同棲となれば家具を分けるのは大切なことです。
服や小物などは、プライベートなものですから、大きくなくても2人分はあったほうがいいでしょう。

また、新たに2人ではじめる生活となると、これまで1人で使っていたものだとサイズが合わなくなることもあります。
テーブルやベッドはその代表例といえるでしょう。

セミダブルのベッドなら、安いものであれば1万2000円ほどからあります。
ふとんも合わせると、両方で2万円ぐらいで済ませることも可能です。

部屋の大きさに合わせたテーブルも、2人用であれば5000円前後で買えるでしょう。
好みやこだわりによって価格の高いものはありますが、コストを最低限におさえたいなら安いものは見つかりますよ。

家電にかかる初期費用

家電は、共同利用するにしても新しく買うべきものもあります。

冷蔵庫などは、これまで一人暮らしだったものが2人になれば、サイズも変わるでしょう。

洗濯機、掃除機などの生活必需品はすでに持っているものを使ってもいいですが、新調しても各2万円前後で購入できます。

自炊がメインとなれば炊飯器や電子レンジも必要でしょう。
炊飯器は約5000円前後、電子レンジは1万円前後で買えます。

食器などの生活必需品類の初期費用

同棲する2人のライフスタイルによっているものは違いますが、食器などの生活必需品をそろえる必要があります。

こだわれば際限はありませんが、安く抑えたいならば100円ショップで手にはいるものがほとんどです。

どこにお金をかけ、節約をしていくかによって、生活に必要なものをそろえるための費用はかわります。
お金のかけどころや、どういったライフスタイルを送りたいのが事前に相手と話し合っておくといいですね。

同棲にかかる初期費用を節約する方法

会話する同棲中のカップル

お互いの仕事先への交通アクセス、買い物に便利なところなど、贅沢をいえばキリがありません。
どの部分を大事にするかはもちろん、どこで節約をしていくかも2人で考えなければなりません。

ではどこを削れば、ほかの部分のこだわりや好みに活かせるのか?
ここでは、節約できる分野とその仕方を紹介していきます。

礼金が安い・ない物件を選ぶ

部屋を借りる際に、敷金、礼金は当たり前に必要なものだと思っていませんか?

また礼金が安い、ないという物件があることは知っていても、古かったり、いわくつきなどデメリットがあると思っている人もいるかもしれません。

最近では理由がなくても礼金が安い、ない物件もあります。
ただその場合は、退去時にお金がかかることもあるので、しっかり説明を聞く必要はあるでしょう。

もちろん駅から遠い、日当たりが悪いことで、なかなか借り手がつかないために、そういう処置がとられていることもあります。

たしかにデメリットですが、たとえば2人とも夜にしか部屋に帰らないのであれば、日当たりの悪さはあまり気にならないかもしれません。
駅から遠くても、車、バイク、自転車で通える職場であれば構わないはずです。

物件のデメリットが、必ずしも自分たちにとってもデメリットではないことを念頭においておきましょう。

引っ越し業者の利用はオフシーズンを狙う

3~4月は新生活に代わる時期であるため、引っ越し業者も当然繁忙期となります。

引っ越し業者の予約が取りにくいうえに、料金の相場は約5~8万ほどです。

ただ同棲する時期にこだわらないのであれば、5月~2月初旬までの引っ越し業者のオフシーズンを狙いましょう。

オフシーズンなら、通常3万~5万円で頼むことが可能です。

友人や知人に引っ越しを手伝ってもらう

さらに引っ越しの費用を抑えるには、友人に協力してもらうという手段があります。

ワゴン車や商売柄軽トラックをもっている友人もいるでしょう。
車はなくても、免許をもっている友人に頼み、レンタカーを借りてもいいですね。

ワゴン車であれば1日あたり3万円~ほどで、バンであれば1万2000円前後で借りることが可能です。

運転手だけでなく、数人の友人に荷運びを手伝ってもらい、終わったあとに食事をごちそうしても、引っ越し業者に頼むよりも安く済むことでしょう。

家具家電はお互いの家からなるべく持ち寄る

共同で使えるものは、なるべくお互い持ち寄りましょう。

不便では困りますが、テレビや掃除機などは、よほど古くなければ使えるはずです。

使えるものは持ち寄って、新しく買うものを最低限に抑えれば、浮いた費用を2人の楽しみに回わせるでしょう。

リサイクルショップで家具や家電を安く購入する

それでも必要な家電があれば、リサイクルショップを利用するのもひとつのアイデアです。

リサイクルショップでは、あまりに古かったり、壊れているようなものを買い取ることはありません。
リサイクルショップの商品だから、悪いものという先入観をもたず、探しに行けば意外な掘り出し物に出会えるでしょう。

また大型家電店やネット通販も、うまく利用しましょう。
新しいものが買えるだけでなく、現在はどこでもポイントを貯めて使えます。

一度に買うのではなく、少しずつそろえるつもりであれば、ポイントが貯まるのを待って買いにいけば、意外と安く済むはずです。

同棲がうまくいきやすい部屋選びとは

同棲する部屋

ここまでは予算について紹介してきましたが、せっかく部屋を見つけ、生活用品をそろえても、肝心の2人の仲がうまくいかなくては意味がありません。

同棲をするには、どんなことに気をつけたらいいのか?
2人の関係を壊さないための、準備について解説していきましょう。

1人になれる部屋や空間がある

いくら仲のいい2人であっても、1人になりたいときはあるものです。
ケンカをしたときばかりではなく、自分の趣味に没頭したいときもあるでしょう。

同棲すれば、2人の距離は否が応でも近づきますが、だからこそ1人になれる空間が大切になります。

ワンルームや1Kの部屋は、同棲には不向きといえるでしょう。

寝室に充分な広さがある

ふとんではなくベッドを置く場合、寝室の広さを考える必要があります。

お互いの愛を確かめ合う場所とはいえ、疲れているときもあれば、病気で寝ていなければならないこともあるでしょう。

小さい間取りに合わせて小さいベッドにすると、いい睡眠がとれません。
それがイライラの元となり、ケンカの原因になる場合もあるのです。

2人で寝るのであればセミダブル以上のベッドを選び、それを置いても多少余裕のあるぐらいの部屋が理想の空間であると覚えておきましょう。

同棲前はお互いの希望をよく話し合っておこう

同棲に必要な初期費用や、部屋を選ぶ際の基本的なことを紹介してきましたが、いかがでしたか?

恋人同士としてうまくいっていたとしても、同じ生活空間で過ごすようになれば、いろいろなトラブルが起こるでしょう。
すれ違いを少なくするためにも、同棲前に具体的なイメージをもって、話し合っておくのが大切です。

家賃や食費、日用品や光熱費などの、生活費の支払いがもっともトラブルのもとになりやすいポイントです。

お金のことを細かく話すのは、同棲の前に夢を感じませんが、結婚まで見据えたいのであればしっかり地に足をつけて向き合いましょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る