• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
彼氏に遠慮してしまう女性必見!彼と本当にわかり合えるようになれるコツ

彼氏に遠慮してしまう女性必見!彼と本当にわかり合えるようになれるコツ

大切に思っているからこそ、彼氏に遠慮してしまう女性も多いのではないでしょうか?

彼氏に負担をかけたくない、彼氏に面倒くさいと思われたくないなど、さまざまな理由で本音を言えない女性は多くいます。

そこでこの記事では彼氏と本音で話し合い、よりよい関係になるための方法をご紹介します。

彼氏に遠慮してしまうこととは

彼女が自分の意見を言わないことを、男性はどのように思っているのでしょうか。
良かれと思って遠慮していても、彼氏は物足りないと感じていることもあるようです。

どんなときに遠慮して本音を我慢してしまうのでしょうか。
自分の心と向き合ってみましょう。

彼との連絡頻度を増やしたいけれどできない

彼氏から嫌われたくないから、もっと連絡の頻度を上げて欲しいと伝えるのを、躊躇する女性も多いです。
しつこく連絡をせがんだり、何度もLINEすることで、彼氏の負担になってしまうのではと思いますよね。

しかし、彼氏が何を思っているのかは実際に聞いてみなければわからないでしょう。
同じように、彼氏もあなたの本当の気持ちは言われなければ気づけません

一度、希望をきちんと伝えてみてはいかがでしょうか。
まず自分の心を開かなければ、お互いモヤモヤしたままです。

プレゼントで欲しいものを聞かれたけどうまく応えられない

何か欲しいものはないかと尋ねられて、素直に欲しいものが言える女性はあまり多くないかもしれません。
彼氏の経済状況がわからないと、どのように答えるべきなのか迷ってしまうのでしょう。

しかし、彼女からプレゼントを遠慮されるとプライドが傷ついてしまう男性もいます。

せっかく彼氏からプレゼントは何がいいか聞かれたら、遠慮せずにまずは正直に言ってみてはいかがでしょうか。
彼氏も、ある程度覚悟してこの質問をしているはずです。

デート先はいつも彼氏の意見優先

デート先を決めるとき、いつも彼氏の意見ばかり尊重している女性は、ぜひ自分の意見も提案してみてください。
二人が楽しめなければ、いい関係を築けません。

彼氏もきっと彼女を喜ばせたいと考えているはずです。
我慢してばかりいると、二人で過ごす時間さえもストレスになってしまいます。

悩みごとがあっても彼に言えない

悩みごとがあっても迷惑をかけてしまう、心配をかけてしまうと遠慮して彼氏に相談しない女性もいますが、それはむしろ彼氏に対して失礼であるといえるでしょう。
彼氏は、彼女が自分のことを信頼していないのだと受け取ってしまうからです。

もし、彼女以外の人から彼女が困っていることを聞いてしまったら、男性は悲しく思うことでしょう。
恋愛関係にいる相手が困っているときに、頼ってもらって嬉しく感じる男性は多いです。
本当に困ったときは、遠慮なく彼氏に相談することをおすすめします

奢ってもらうのが悪い

デートで彼氏にお金を出してもらうことに抵抗がある女性も多いようです。

しかし、せっかく彼氏が奢ってくれると言ったのなら、遠慮なくごちそうしてもらったほうが彼氏もうれしいはずです。
奢られることが苦手な女性は、次の支払いの際にあなたがお金を出してもいいですし、日をあらためて何かお礼をしてもいいでしょう。

こちらからねだるのは避けたほうがいいですが、相手からごちそうしたいと言われたときは素直に奢ってもらいましょう。

遠慮されたときの男性心理

傷ついたカップル

彼女から遠慮されてばかりいると、彼氏はどのように思うのでしょうか。
遠慮されると、ネガティブな印象が強くなってしまう傾向があるようです。

ここからは、彼女に遠慮されたときの男性の心理を詳しくご紹介していきます。

頼りにされていないと感じる

彼女から遠慮ばかりされると、彼氏は自分が頼りにされていないと感じます。
本音を言っていないことを相手は感じ取るので、距離が縮まらず、どこか冷めた関係になってしまうでしょう。

男性は頼ってもらうことで、自分の存在価値を感じるところがあります。
また助けてあげたり優しくした相手のことを、ますます好きになる傾向もあります。
だからこそ、彼氏には遠慮せずにどんどん頼りましょう。

一緒にいてもつまらないのかと不安になる

遠慮していると心の底から楽しめません。
長く続いている友人関係も、遠慮せずに付き合えているから長続きしているとは思いませんか。

彼女が遠慮ばかりしていると、彼は彼女を楽しませることができないと自分を責めてしまうこともあるのです。

相手に遠慮しながらの付き合いは長続きしないものです。
無理に飾った自分でデートしても疲れてしまうだけです。

自分に心を開いてくれていないように感じる

彼女が彼氏に遠慮することは、彼氏は、自分は彼女から必要以上に気を使われる存在だと認識するでしょう。
つまり、彼女から素を見せられない男性だと思われていることでしょう。
これは、当然彼氏にとっては残念なことです。

彼女とわかり合いたいと思っているので、遠慮されるのが嫌だと思う男性も多いはずです。

恋愛で彼氏に遠慮しすぎてしまうデメリット

恋愛カップル

恋愛関係において、遠慮しすぎることはデメリットのほうが多くなってしまいます。
いつまでも距離が縮まらず、特別な関係になれないからです。

相手への気遣いも、行き過ぎれば失礼になってしまうでしょう。
具体的に、どのようなデメリットがあるのかご紹介してます。

彼氏側も気疲れする

人は、気を使われると自分も気を使わなければならないと考えます。
つまり彼女が彼氏に遠慮すれば、彼氏も彼女に何かしらの気遣いをしなければいけないと思ってしまいます。

気を使いながらの関係は、とても疲れてしまうため長続きしません。
場合によっては、疲れる関係は解消したいと思うかもしれません。

こちらが遠慮すると、相手にも遠慮するべきという無言の圧力をかけてしまうのです。

わかり合えない

遠慮されすぎると、いつも本音で接していないので、相手のことが理解できないのです。

何が好きで何が嬉しいのかは人それぞれ異なり、実際によく付き合ってみなければわからないことです。

遠慮しながらの関係は時間だけが流れ、気づけば相手のことを何も知らなかったということになりかねません。

適度な遠慮ができるようになるには?

彼氏へはどれくらいの遠慮をすると丁度いいのでしょうか。
これは実際に付き合う相手や付き合っている期間によって異なってきます。

ここからは、適度な遠慮の見極め方を紹介します。

自分が彼氏の立場になって考える

彼氏に本音を言うことは、悪いことではありません。
どこまで本音を出していいのかわからなかったら、彼氏の立場になって想像してみるといいでしょう。

本音を言ったときに彼氏が受け入れてくれたなら、感謝の言葉を伝えてみてください。

このほうが遠慮しながら付き合うよりも、より楽しくより深くわかり合える関係に近づけるでしょう。

わがままを言ってみていい?と彼氏に言ってみる

いつも遠慮ばかりしている女性が、彼氏にはじめて本音を言うときは多少なりとも勇気がいります。
不安なときは本音を伝える前に「わがままを言ってもいい?」と、前置きしてから話すのがおすすめです。

こうすることで彼氏も気持ちよく彼女の本音を聞けます。
本音を彼氏に聞いてもらえたことで、あなたの心も満たされるはずです。

このように、遠慮ではなく本音を丁寧に伝えることに慣れることが、いい恋愛関係に慣れるコツです。

我慢することが思いやりではないと理解しよう

彼氏を尊重することはいいことです。
しかしながら、それはあなたが遠慮することとは違います。

あくまでも二人がしっかり意見を出し合える関係にあることが、結果的に彼氏を尊重することでもあるのです。

彼女から遠慮されるのが苦手な男性も多いです。
少々ぶつかってもいいので、ぜひ自分の本音を言えるようにしましょう。

遠慮することは、正しい気遣い方ではありません。
遠慮し合って疲れる関係は長続きしませんので、二人にとってもいいことではありません。

本当にわかり合える素敵な恋愛関係になるためにも、遠慮せずきちんと意見を言い合って二人が納得できる時間を過ごしましょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る