• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:仕事に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
彼氏が抱える恋愛トラウマ事例4つ!彼女だからこそできる対処法とは

彼氏が抱える恋愛トラウマ事例4つ!彼女だからこそできる対処法とは

初めまして。

仲良い友達はみんな結婚し、職場の結婚・妊娠ラッシュに乗り切れず、「独身だから身軽でしょ」とめんどくさい仕事を押し付けられがちなアラサー婚活OLの裕子です。

近年の婚活ブームの影響は凄まじく、婚活をモチーフにしたドラマも毎クール出るような時代になり「結婚するまでが婚活です」と皮肉さを込めたフレーズをよく聞くようになりました。

何回もデートを重ね、やっとお付き合いに至ったはいいものの、お付き合いをした彼氏が「恋愛トラウマ」を抱えた拗らせ彼氏だったなんて話もよく聞きます。

では、どうすれば彼氏が恋愛のトラウマを克服して、前に進めるようになるのでしょうか?

今回は、恋愛にトラウマがある男性とお付き合いをしたときの克服方法などをご紹介いたします。

恋愛でトラウマのある彼氏の辛い事例4つ

トラウマのある彼氏

そもそもトラウマとは「大きな精神的ショックや恐怖が原因で起きる心の傷」です。

恋愛トラウマは、過去に愛しあった人と起きたトラブルが要因で心に深い傷を負っている状態で、恋愛をすることで「辛い記憶」が呼び起されるようになっています。

では、実際に過去のどんなトラブルが原因でトラウマになったのでしょうか?

よくある恋愛トラウマに陥った、一般的な事例を見ていきましょう!

トラウマ(1)付き合っていた恋人に浮気をされた

過去に付き合っていた人が、他の人と付き合っていたパターンです。

これは、怖いですがかなりよく聞く話でもあります。

自分は一途に相手を思っていても、思いが御堂筋線のように一方通行で、気持ちが交わっていると思っていたのは自分だけだったということもあります。

「相手は自分以外を見ていない」と信じていたのに、本当は他の人とも付き合っていたとなると、そのショックはとても大きいですよね。

トラウマ(2)ATMのように扱われた

ATMのように扱われた彼氏

彼女から一人の人間としてではなく、「お金」目当てで付き合わされていた場合もトラウマになります。

男性は見栄を張りたいという気持ちもあると思いますので、ある程度の額であれば好きな彼女ですし、許容範囲です。

しかし、外食に行っても自分ばかりお金を払う、誕生日プレゼントを自分がもらった物の何倍以上の額のプレゼントを要求されるなど、デートを重ねるごとに赤字になっていくようなお付き合いをしていると流石に好きな気持ちも冷め、しんどくなっていきます。

「好き」という感情ではなく、「お金」を目当てで付き合っていたということがわかったときは精神的ダメージは計り知れず、心に大きな痛手を負ってしまいます。

トラウマ(3)人格を否定された

大好きだった人に「否定」をされるだけでも辛いものですが、「人格」部分を否定されるほど辛いものはありません。

人格というのは、自分の考え方、生き様、今までの経験など全て含めて形成されているものなのでそれを否定することは、その人の人生全てを否定することにも捉えかねません。

今まで積み上げてきた自分の過去や価値観を否定されるとなると、立ち直れないくらいの心のダメージを負いますよね。

トラウマ(4)大好きだった元カノにひどい振られ方をされた

大好きだった元カノにひどい振られ方をしてしまうと、ショッキングな出来事として深く記憶に刻まれ、立ち直るまでかなりの時間を有します。

過去の記憶において、「嬉しかった出来事」より、傷ついたりショックを受けた際の「悲しい出来事」はいつまでも深く思い出に刻まれてしまうそうです。

そして、なかなか女性を全て信じられないという「女性不信」の状態に陥ってしまうのです。

彼氏のトラウマを和らげたい!彼女だからこそできる対処法

彼氏のトラウマを和らげたい彼女

では、お付き合いをした彼氏がトラウマを抱えていた場合、彼女の立場でどのような対処法があるのでしょうか?

6つ、ご紹介させて頂きます!

対処法(1)彼氏の恋愛トラウマを受け入れよ

彼氏のトラウマを受け入れたうえで、楽しい恋愛経験を積み、いやだった過去の経験より、楽しい思い出を少しずつ増やしていくことが彼女であるあなたができる最善の策です。

勉強や筋肉トレーニングのようにやればやっただけ結果がついてくるものとは違い、相手ありきの恋愛は、ただ数をこなせばいいという単純なものではありません。

数年前大ヒットした某ドラマの中で、登場する恋愛指南者は「恋愛で失った自信は恋愛でしか取り返せない!」と、声を大にして言ってます。

彼氏が恋愛に対してトラウマがあるようなそぶりを見せたら、第1歩「Shall we love?(一緒に恋愛をしてみない?)」というスタンスでお近づきになることは大事でしょう。

対処法(2)焦らない

彼の素敵な性格や人柄に惚れ込み、お付き合いに至ったのであれば、トラウマがあっても焦って和らげないようにしましょう。
彼氏と向き合い、長い目で見ていつか克服できたらいいな、くらいのゆるい気持ちで時間に身を任せてください。

人生100年時代と言われているこのご時世でたった1、2年焦ったところで大した影響はありません。
ましてや1ヶ月や1日焦ったところで、それはただの誤差と言っても過言ではありません。

きっとそのようなゆったりとした愛が彼氏を包み込みこみ、自然と克服に向けて心の傷を癒していくことでしょう。

対処法(3)相手を試すような駆け引きはしない

駆け引きしない恋

過去の辛い経験から、ただでさえ「また裏切られたらどうしよう」と不安になっているトラウマ彼氏に、駆け引きをするような行動は控えるようにしましょう。

相手を「試す」という行為は、100%自分本位の自己中心的な考えであるためおすすめしません。
それが引き金となり、二人の間に亀裂が入ったりする原因にもなりかねませんから。
思いやりを持って、誠意あるお付き合いを心がけるようにしましょう。

対処法(4)自分と新しい恋愛をして傷を癒してあげる

恋愛に対して最初の一歩を踏み出しづらくなっているトラウマ彼氏には、あなたから積極的にデートプランを提案し、楽しい青春の世界に引き込んで傷を癒してあげましょう。

彼はトラウマを抱えて恋愛に消極的になっていた分、本当はとても「恋愛を楽しみたい気持ち」が強い傾向にあるはずです。

悩んでいるときに気晴らしで遊びに行き、気づいたら悩んでいることも忘れてた!なんてことはありませんか?

その状況を作れば、気づいたころには彼が恋愛に億劫になっていたことを忘れているくらい、明るい表情をしていると思います。

対処法(5)褒めクリエイターになる

トラウマ彼氏を恋愛から克服させたい女子は、彼氏の「外部的自信付け要員」となり彼氏を徹底的に褒めていくことは非常に大切です。

いうなれば第三者ポジションから声をかけ、肯定的な思考へシフトさせていくための、ポジティブなメンターのような立ち位置になるのです。

人間は自分以外の「第三者」から褒められるのが大好きな生き物です。

しかも、自分で思い込ませたことは容易に信じないくせに、赤の他人、第三者から言われた言葉は魔法のようにいつまでも覚えているという、なんとも単純な生き物でもあります。

全力で彼氏に向き合い、目に見えない辛い過去を一緒に立ち向かい、自然と彼が一人で克服できるぞ!と思ってもらえるように働きかけていきましょう。

対処法(6)いつでもあなたの味方であることを伝える

どんな一面を見せても、いつも味方になってくれる甘えさせてくれる存在がいることで、彼の心の支えになり、トラウマ克服を促すためのいい作用を及ぼしていくことと思います。

仕事でプレッシャーを与えられ、ストレス社会で戦っている男性は疲れています。
そのうえ、恋愛にもトラウマを抱え、精神的に弱っている彼は彼女に何を求めているのでしょうか。
それは、いつも自分を認めてくれる「肯定的な存在」というのは大いにあるかと思います。
まるで母親のように愛し、いつも味方でいてくれる優しい存在で心を満たしてほしいと思っているでしょう。

言葉にしないと、自分の思っている感情はなかなか伝えられません。
良好な関係を築くいいきっかけにもなりますので、積極的に「いつも味方であること」を伝え、気持ちに寄り添っていくようにすると良いでしょう。

トラウマがある彼氏の特徴・心理とは?

恋愛のトラウマを持つ男性

ここまでトラウマを抱える要因や、その対処法を見てきましたが、そもそも出会った時点で「この人はトラウマを抱えてそうだ」という見分けがつくと、接し方も変わってきますよね。

つづいて、恋愛にトラウマを抱えている人の一般的な特徴やその心理状態についてお話しします。

特徴・心理(1)恋愛や結婚にマイナスのイメージを抱いている

恋愛経験の中でトラウマが発生すると、恋愛自体にマイナスのイメージを持ってしまう傾向にあります。

恋愛や結婚に対して否定的な考えや発言をしているようであれば、過去に何かしらトラウマを経験した可能性が高いでしょう。

特徴・心理(2)女性が怖い

恋愛トラウマを引き起こしている彼氏の特徴として、女性(特に自分を「恋愛の対象」として接してくる女性)に対して「怖い」という感情を抱いている場合があります。

過去のうまくいかなかった経験から、自己否定的な感情になり、女性と接することに対して自信がなくなっている状態です。

男性と接する際は差し障りがないのに「女性」の前だけ自信なさげだったり、うまく感情を表現できないなどが起こっていれば、恋愛トラウマを起因とした「女性不信」に陥っている可能性が高いです。

女性を「怖い」と思ってしまう「女性不信のスパイラル」に一度陥ってしまうと、簡単に抜け出すことができず、時間が経つにつれて恋愛に対するモチベーションもどんどん低下してしまいます。

特徴・心理(3)自己防衛のためにいつも疑ってしまう

彼女を疑う彼氏

過去の辛い経験や、不誠実さがトラウマになっている場合は、不信感をぬぐいきれず、取るに足らない言動でも悪いほうに受け取る傾向があります。

信頼されていないことが相手に伝ることで、相手からも信頼を得ることが難しくなります。
そのため、恋愛についてのトラウマを抱えているトラウマ彼氏の場合は信頼関係を築くのが難しくなるでしょう。

健全にな恋愛関係を育んでいくには、致命的な状態です。

特徴・心理(4)一人でいるのが好き

トラウマのある彼氏は、外部からのストレスを感じない、一人で楽しめる趣味の世界に没頭したり、孤独であることを好み始めます。

人は人間不信に陥ると、猜疑心が生まれ、素直に相手の言動を受け取れなくなる傾向があります。
すると必然的にコミュニケーションスキルが落ち、人付き合いに対しての抵抗がさらに生まれます。
恋愛に対する自信も自ずと減ってしまうので、恋愛を楽しめない状態になってしまいます。

そして最終的にはコミュニケーション自体にストレスを感じ、人との接触を避けがちになってしまうのです。

特徴・心理(5)好きなのに相手を試してしまう

トラウマのある彼氏は、好きなのに相手を試すような行動をすることがあります。

好きなのに相手の愛情を試してしまうというのは一見矛盾した行動に見えますが、好きだからこそ、相手を試してでも誠意を目に見える形で「計測」したいと行動を起こしてしまうのです。

自分が好きで信用を置こうとしている相手は本当に「信用」に値する存在なのか、無理な要求をしてもきちんと応えてくれるのか、その行動の誠実さにより愛と信用の縮尺を測ろうとします。

しかし、そういった試みをしても、絶対的な愛や信用は目に見えるものではありませんので心は満たされず、相手との関係を試した、という事実だけが残り信用は生まれません。

焦らず彼氏のトラウマに寄り添っていく

彼氏のトラウマ回復を焦らない

トラウマ彼氏は恋愛に積極的になれず楽しめなくなっている状態に加え、そもそもの人付き合いに対しても不信感や恐怖心が生まれ、コミュニケーション自体に大きな影響が出ている可能性があります。

過去の辛い経験を再び起こさせないように、自分を守り、自分を傷つけないように色々なことが消極的になっている恋愛トラウマ彼氏ですが、本当は恋愛を楽しみたい気持ちは誰よりも強いはずです。

彼の気持ちに寄り添い、焦らずゆっくりお互いのことを理解しあっていきましょう。
きっと楽しい恋愛ができる瞬間がくるはずです。

ザクっと食感とナッツの香ばしさ♪「ザクシュー」は五感の癒し♡

スイーツ

ザクっと食感とナッツの香ばしさ♪「ザクシュー」は五感の癒し♡
失恋してハエ以下のやけ酒をしたら、婚活炎上の地サイゼリヤで命拾いをした話

失恋

失恋してハエ以下のやけ酒をしたら、婚活炎上の地サイゼリヤで命拾いをした話
ページTOPに戻る