• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
彼氏に別れようと言われたら?彼を説得する方法と絶対に避けたいNG行動

彼氏に別れようと言われたら?彼を説得する方法と絶対に避けたいNG行動

恋愛には、終わりがあるものです。

愛情を深め、結婚という形を変えた前向きな恋愛の終わりもあります。
ただ残念ながら、別れて終わってしまうこともあるでしょう。

予兆があればまだ心の準備ができますが、突然別れを告げられた場合は、動揺してしまうのは当然です。

今回は彼氏から別れを切り出された場合、シチュエーションによっての対応の仕方から、復縁に可能性を残すまでを解説していきます。

悲しい未来を想像するのはツライものですが、この記事で紹介する情報を危機管理として心の片隅に置いておけば、適切な対応ができるでしょう。

彼氏に別れようと言われた原因とは?

彼氏に別れを告げられたら、だれでも冷静ではいられないでしょう。
つい感情的になってしまうはずです。

ただ、ここで取り乱して困らせてしまうのは、得策ではありません。

冷静になって、どんな理由で彼氏が別れを切り出したのか、代表的な例を挙げて考えてみましょう。

アナタに飽きてしまった

彼氏のほうが先に恋愛感情が落ち着いて冷静さを取り戻した場合、言葉としては「飽きてしまった」という表現になることが多いようです。

出会ったころは、だれでも新鮮さを感じます。
とくにドラマチックな出会いや、スピード感のある恋の場合、気持ちの盛り上がりが先立ち、ムードに流されて恋人同士になるケースがあるでしょう。

ただそんな思いは長続きしないもの。

「熱しやすく冷めやすい」と性格を表現しますが、恋愛は急激に熱くなった場合ほど、冷めやすいことを覚えておきましょう。

あなたに飽きてしまった、というのは恋愛の終わりを告げる理由として多いものです。

ほかに好きな人ができてしまった

「ほかに好きな人ができてしまった」という理由は、別れの原因としてもっとも多いものだと言えるでしょう。

恋愛は理屈ではなく、感情でするもの。
あなたを嫌いになったり飽きたのではなく、別の人に気持ちが動いてしまった場合は、他人が絡んでいるだけにどうしようもありません。

あなたの気持ちではなく、あくまでも彼氏の思いがほかに向いてしまっただけに、受け入れるしかないでしょう。

仕事や趣味などで忙しくなってしまった

仕事や趣味のほうが楽しく優先したい場合もあれば、忙しくなり会う時間がないことで「あなたに悪い」というやさしさから、別れを選択することもあります。

20代から30代であれば、仕事を覚え責任も重くなっていく場合があるでしょう。

転勤など、実際に彼氏の環境が変わって付き合っていくのが難しいケースも考えられます。

また、男同士の仲間を大切にするタイプの彼氏の場合、趣味や友人との交流に時間を割きたいと思う人もいるでしょう。

恋の終わりは、感情だけで訪れるわけではありません。
環境というのも、恋愛においては重要なパーツなのです。

彼氏に別れようと言われたときにしてはいけないNG行為

束縛する彼氏を説得する彼女

いくつか例を挙げましたが、別れの原因はさまざまです。

ここからは彼氏から別れを告げられたとき、してはいけないNG行為を具体的に解説していきましょう。

もしあなたが、彼氏と別れたくないのであれば、このときの態度や行動が重要となります。

可能性を残せる対応があるのです。

自分勝手な発言をする

よほど気持ちが冷めてない限り、彼氏に別れを切り出すのは大きなエネルギーが必要になります。

そんな彼氏に、自分勝手な意見をぶつけていけば、印象が悪くなるのは当然でしょう。

突然ではなく、彼氏が考え、迷いを経て出した結論であればなおさらです。

それだけ覚悟をもって、彼氏は別れを告げているのです。

彼氏にすがって泣きわめく

彼氏にすがって、「別れたくない」と泣きわめいてすがるのも、よい対応とは言えません。

別れは悲しいもの、涙が出てしまうのは止められないでしょう。

だからといって、泣いてすがるのは、自分勝手な発言と同じになってしまいます。

覚悟をもって別れを告げてツライ思いをしているのに、泣き叫ばれてしまえばより彼氏は追い詰められるでしょう。

彼氏がその苦しさから、逃げたくなるのは当然で、そのあと話し合いにつなげるのは難しくなります。

すんなり別れを受け入れる

矛盾しているようですが、彼氏が別れを告げた場合に、すんなりと受け入れるのも適切ではありません。

たとえ別れることを決めていても、あっさりとした態度を見せてしまえば、彼氏はあなたの恋愛感情を疑うことになります。

別れを告げられたほうとしては、単なるわがままにしか思えないかもしれませんが、少しは抵抗してほしいのが男心というものです。

恋の終わりを後々お互いいい思い出にするためにも、せめて彼氏の心に残るような別れを演出しましょう。
それが、最後の抵抗だともいえます。

彼氏に別れようと言われたときの最良の行動とは?

復縁して手をつなぐカップル

長い付き合いであれば、情もあるでしょう。
付き合っていれば、なんとなく2人の距離間、空気で別れを察知している場合もありますよね。

では、彼氏に別れようといわれたときには、どんな行動をとればいいのでしょう。

別れを受け入れる場合と、もう一度彼氏の気持ちを取り戻すための対応をひとつずつ挙げてみます。

彼氏の気持ちを尊重しながら冷静に話す

彼の別れ話に口を挟むのではなく、彼氏の気持ちをじっくり聞くあなたの姿勢が、気持ちを呼び戻し、説得できる可能性を高めていきます。

もともと好意をもって付き合ってきた2人、たとえ別れを告げたとしても、彼氏のあなたへの気持ちがゼロになったとは限りません。

一時的な感情であれば、冷静に聞くことで、彼氏の気持ちを整理させることにもつながるでしょう。

また、別れを思いとどまらせるための説得材料が必要なこともひとつあります。

まず彼氏の気持ちをすべて吐き出させるのもひとつの方法です。
言葉を口にするのは、自分自身の気持ちを確認する作業ですから、彼の気持ちが蘇るきっかけにもなります。

たとえそのまま別れることになったとしても、きれいな終わりかたができれば、彼氏の心の中にあなたという存在を残せるはずです。

別れの原因に対する改善方法をプレゼンする

彼との付き合いのなかで生まれた問題点を改善、解消していけば、別れの危機を脱することもできるはずです。

付き合いの中で、お互いが「わかっているだろう」で済ませていたことはありませんか?

彼氏が別れを切り出したとしても、考えに考えた結果として出た答えだとは限りません。

日々の忙しさや環境の変化、一時的な感情の揺れ動きが原因の場合、やり直せる可能性があります。

感情的な言葉は、いら立ちや冷めた気持ちしか引き出しません。
彼氏の話を静かな気持ちで聞いていけば、あなたのそばだけでなく2人の改善点が見つかることもあるでしょう。

別れた後に復縁する方法

納得はできなくても、恋人同士としては一度終わりにした2人。
ただ、完全に関係を断ち切ってしまうのはもったいないことです。

もし、あなたに彼氏への気持ちが残っているなら、復縁の可能性は残っています。

たとえ彼氏との別れの理由が、ほかに好きな人ができたことでも、気持ちが冷めたと一度は思ったとしても、恋人同士だった2人なのですから、気持ちが戻ることはあるのです。

そんな復縁の可能性を残すためには、どんな態勢でいればいいのかを解説していきます。

ブロックなどせず彼氏のから連絡が取りやすい状態を維持する

彼との連絡手段や現在のあなたの環境がわかるものを残しておくのは、復縁につながる第一歩だといえるでしょう。

LINEやTwitter、フェイスブックなどつながりがあったものを、自分から遮断するのは止めておきましょう。

別れてしばらくは、切り出したのが彼氏なら忘れようとしているかもしれません。
ただ、ふとしたときにあなたのことを思い出すことはあるはず。

わかれたとはいえ、恋人同士だったのですから、相手のことを思い出すのは自然な気持ちです。

友達として接しつつ曖昧な関係を続ける

恋人同士でなくなったことで、適度な距離感ができ、あなたのことを彼氏が新鮮にみられるようになります。

きれいに別れられられたのならば、あなたは彼氏にとってもっとも自分のことを理解してくれている異性の友人となるでしょう。

弱音を吐くことも、みっともない姿を見せることも、ほかの異性にはできないかもしれませんが、あなたになら隠さず見せられるはずです。

別れた彼氏と顔を合わせるのは、ツライことかもしれません。
思いが残っていればなおさらでしょう。

ただ、復縁を望むのであれば、ある程度の辛さは我慢しなければなりません。
一度ほどけた糸を結びなおすには、それなりの苦労があるものです。

自分磨きを行い別れを後悔させる

相手が見てくれていることを信じて、外見をイメージチェンジしたり、勉強や仕事にがんばっていることをアピールしていきましょう。

別れたとはいえ、恋人同士だったのですから、完全に意識の中から消すのは難しいものです。

そんな気持ちでいる彼氏に、「別れて失敗だったかも」と思わせるには、以前の自分とは違うことを伝えるのが一番。

復縁は、別れを切り出したほうの心変わりがなければ叶いません。
「もう一度やり直したい」と思わせるには、あなた自身の変化が必要です。

友人関係にはなれなくても、SNSなどを使い間接的につながりをもち続けることは可能でしょう。
そうすることで、現在の自分自身を意識しなくても、相手に伝えられます。

▼復縁する方法についてもっと知りたい方はこちら!

まとめ

今、仲のよい恋人同士なら、彼氏から別れを切り出されるなど、考えたくもないでしょう。
しかし、感情というのはどう動くかわかりません。

別れを受け入れ、きれいな思い出にするのもひとつの方法。
引き留めるために説得する、復縁のためにきっかけ作りをするのもありです。
冷却期間を置くという手段もあります。

ただ、どちらにしても、彼氏に別れを告げられたときの対応が大切。
悪い印象を残してしまえば、彼氏の中であなたの存在は後味の悪いものとなります。

別れの事態を招かないことが最善ですが、もしそういう危機にあってもよい対応をして彼氏にいい意味での後悔をさせたいものです。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る