• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
結婚に向いている女性の特徴と向いていない女性の特徴とは?

結婚に向いている女性の特徴と向いていない女性の特徴とは?

結婚は人生の大きなイベントのひとつ。
結婚に大きな期待や夢を抱いている人も多いでしょう。

今回は結婚することで今まで以上に幸せになれるような、結婚に向いている女性についてまとめてみました。
また、結婚に向いていない女性についての解決策も紹介しています!

結婚をこんなはずじゃなかったではなく、予想以上にいいものだと思えるように努力したいものですね。

結婚に向いている女性の特徴

カフェで話す男女

結婚に向いている女性の特徴について紹介しましょう。
結婚相手は、外見よりも中身が重要です。

結婚はゴールではなくスタートです。
この先一緒の生活が続くので、外見の魅力だけでこの先の困難をカバーできません。

実際、結婚してから生活をともにするとさまざまなことが見えてきます
「想定外だった」とにならないように、まず結婚に向いている人の特徴を知っておくといいでしょう。

自立しながら相手を頼ることができる

精神的に自立しているのは大事なこと。
自分というものをしっかり持って、トラブルが起きたときもどうしたらいいのか、何をすべきか自分で考える女性は結婚向きです。

何かあるといつも誰かを頼る、自分で考えて行動できない人が結婚すると、相手の精神的負担が大きい生活になります。

今は共働き家庭も多い時代なので、それぞれが精神的に自立しており、自分の立場をわきまえていることが大切でしょう。

思いやりがある

思いやりがあるということは、相手の立場に立って物事が考えられるということ。
自己主張の多い女性は、相手に求めてばかりです。

たとえば仕事で帰りが遅い旦那さんに「仕事だけじゃなくて、私の相手もしてよ」という言葉をかけるのは、旦那さんにとって負担がかかります。
相手の立場に立てば、「仕事ばかりで疲れていない?大丈夫?」という言葉が自然と出てくるものです。

日々の生活での細やかな思いやりができる女性が、結婚に向いています。

人の話をよく聞く

人の話をよく聞く、聞き上手な人は結婚に向いています。
家に帰って外での不満を聞いてくれるだけで、男性は救われます。

話を聞くときは、相手の話に否定することはせず、7~8割は聞く側にまわるようにしましょう。

仕事の愚痴はその場にいないと理解できないことも多いのですが、聞いてあげるだけでストレス解消の効果はあります。

もし意見したい場合は、すべてを話を聞き終わってからにしたがいいでしょう。

自分の意見を言える

自分の意見があり、それをしっかり伝えられるということは大切です。

結婚するとふたりで話し合うことがいくつも出てきます。
子供の育て方や教育方針、家の購入、仕事の転職などさまざまなことがあります。

どちらかにすべてを任せるというようなことでは、片方に負担が大きくなってしまいます。
本音で話し合いのできるバランスのよい関係でいることが、結婚生活をうまくやるためには必要です。

決して押し付けではない自己主張をするようにしましょう。

建設的な話ができる

建設的な話ができる人は結婚向きです。

長く生活をともにしていると、トラブルやうまくいかない時期もあります。
そんなときに物事を建設的に解決できると、悩む時間も少なくなり精神的に救われるものです。

物事がよい方向にいくように、お互い前向きに考えられて、解決できる
これができる人とは結婚に向いているでしょう。

経済観念がある

経済観念は結婚生活の安定には欠かせません。
とくに子供ができたらお金がかかりますし、学費の準備も必要です。

経済観念があるというのは、計画的にお金を使うことができ、しっかり貯蓄ができることです。

しっかり家計管理ができる人は安心ではないでしょうか。

相手の価値観も尊重できる

ときには結婚相手と、価値観が違うということもあるでしょう。
そのようなときに、相手の価値観も尊重できる人は結婚に向いています。

相手の立場というものもありますし、価値観も年月をかけて変わっていくこともあります。
相手を認め尊重するのは、結婚生活を順調に送るには必要なことです。

結婚に向いていない女性の特徴

部屋でくつろぐ女性

結婚に向いていない女性の特徴について見ていきましょう。

これからお伝えする特徴に複数あてはまる場合は、改善に向けて努力すると結婚に近づけるかもしれません。

人との付き合いが面倒

結婚に向いていない女性の特徴は、人付き合いが面倒だと感じていることです。
人との付き合いが面倒だと思っていると、そもそも結婚相手と同居して生活を築くことも面倒だと感じてしまうでしょう。

さらに結婚して子供が生まれてからは、ママ友や学校関係の保護者との付き合いもあります。
人との付き合いは、子育てに必要な局面も多くあります。

人付き合いが面倒と思っていても、最低限のコミュニケーションが取れるのであれば問題はありません。
無理ない程度に、コミュニティを広げていけるとよいですね。

経済的に自立できない上に家事が苦手

結婚に向いていない人は、経済的に自立できていないうえに家事もスムーズにこなせない傾向があります。

経済的に自立しているのであれば、少々家事が苦手という場合も仕事を言いわけにできるし、家事の一部を外注することも可能でしょう。
しかし仕事に忙しい男性は、結婚相手の条件として家事ができることを望んでいることも多いです。

経済的に自立していない、家事が苦手という女性は、多くの男性が結婚相手に求めるポイントを満たせないことになるのです。
男性の需要が少ないことから、結婚に向いていない女性ということになります。

金銭感覚がルーズ

金銭感覚がルーズな女性は結婚には不向きでしょう。
毎月入ってくる金額以上に使ってしまう人は要改善です。

女性はメイクや服装などにお金が必要ですが、結婚してからは独身のころのような使い方はできません
子供ができればさらにその傾向が高まります。

一緒に人生を歩む女性が浪費家だったら、生活に苦労することは目に見えています。
わざわざ浪費家の女性を結婚相手に選ぶ理由はないので、男性から結婚相手には見られにくくなってしまいます。

もし好き勝手にお金を使っているなら、家計簿をつけて浪費グセをなおすようにしましょう。

結婚に対する理想が高すぎる

結婚に対する理想が高すぎる人は、結婚には不向きかもしれません。
実際に高収入・高身長・高学歴の独身の人は少ないです。

自分の理想を譲れない場合、いつまでたっても理想の相手はあらわれず、結婚のチャンスも遠のいてしまいます。

理想に足りない部分は自分が頑張るというくらいでないと、結婚に踏み出すことは難しいと割り切りましょう。

受身すぎる

結婚には向いていない女性は、自己主張がなくて受け身の傾向があります。
何かが起きたときに考えられない、決められないと相手の負担が重くなりすぎます

主導権を握りたい男性ばかりではないので、受け身すぎると結婚相手として一緒に過ごすのが面倒に感じられてしまう可能性もあります。

最低限、「何でもいい」という答えではなく自分の考えを伝えるようにしましょう。

結婚に向いていない女性が結婚をしたい場合に実践したいこと

結婚を考える女性

結婚に向いていない女性にあてはまることが多くても、大丈夫。
少しずつ改善するようにしていけば、結婚相手も見つかるはずです!

相手に思いやりを持つ

相手に思いやりを持つということは、結婚生活において最重要ポイントかもしれません。

思いやりを持つには、相手の立場に寄り添えるかどうかがキーポイント。
まずは相手の立場になってみることを習慣化するようにしましょう。

経済的に自立する

女性が経済的に自立していると、結婚相手に選ばれやすいようです。

男女ともに社会で活躍するようになったこともあり、収入において男女差が少なくなってきています。
共働きの方が世帯収入も安定しやすく、男性からも選ばれやすいでしょう。

何もかも依存するのではなく、ふたりで頑張っていくことが必要です。

向いていない部分以外でパートナーのメリットになることを探す

自分と結婚するとこういうメリットがあると、自己アピールできる点を見つけましょう。

結婚に不向きな特徴が自分にいくつもあるという場合でも、相手がそれを気にしないのであれば問題ありません。
あなたのメリットがそれを覆すようなことなのかが重要です。

まとめ

結婚式

結婚向きの人の特徴は、男女どちらにも共通することです。
相手への思いやりや経済観念は、一緒に生活するうえで大切な条件です。

また、相手に求めすぎる人は結婚には不向きといえるでしょう。
相手の立場を考えずに行動や言動を繰り返していると、そのうち離婚ということも…。

付き合っているときとは違って、いいところだけを見せておくことはできないもの。
まずは自分を見つめなおし、相手にとって心地よい相手になるように努力しましょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る