• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
二人の結婚のタイミングはいつ?同棲は結婚へのカウントダウンになる?

二人の結婚のタイミングはいつ?同棲は結婚へのカウントダウンになる?

結婚のタイミングは人によって異なりますが、キッカケとなることは多くあるようです。

ただ、ある程度の適齢期はありますが「目安」となるタイミングはあってないようなものといえます。
同棲をしていることがキッカケになるカップルもあるようです。

今回は、結婚を意識するきっかけになる出来ごとなどについて紹介していきましょう。

いつが結婚のタイミング?

結婚指輪をはめたカップル

結婚のタイミングは人にとって異なります。
こちらでは、どんなときが「タイミング」といわれているのかを見ていきましょう。

近年は晩婚化も進んでいるので、お互いが納得できるタイミングで結婚するのが一番かもしれません。

結婚適齢期や年齢

昔は夫が働き、妻が家庭を守るという夫婦像が当たり前でした。
しかし、女性の社会進出などによって、現在は共働き家庭が増えています。

女性の場合、出産などもあることからなるべく早めに結婚をしたほうがいいといわれています。

男性は31歳、女性は29歳が結婚適齢期といわれています。

妊娠や出産は年齢を重ねることによってリスクが高くなっていきます。近年は、不妊に悩む夫婦も珍しくありません。
そういったことを考えても、20代で結婚しておくのが一番かもしれません。

ただ、子供を望まないのであれば、恋人の時間をもう少し長くとってもいいかもしれませんね。

同棲期間が長くなった

同棲期間が長くなることで、結婚に踏み切った人たちも少なくありません。
同棲することで結婚後の生活が劇的に変化することはないでしょう。

しかし同棲期間が10年など長すぎる場合、結婚のタイミングを逃してしまうこともあります。
タイミングを逃したことで破局につながることもあるので気をつけましょう。

また、結婚前の同棲生活をする際に、男性は女性の親から結婚について考えがあるのか尋ねられることも少なくありません。

あらかじめ2人で話す時間を設けて、結婚タイミングについても考えておくとよさそうです。

妊娠がきっかけに

妊娠をきっかけに結婚を決める人たちも増えています。
以前は「デキ婚」といわれ、あまりよい印象はありませんでした。

しかし近年では「授かり婚」と呼ばれるようになり、侮蔑のような印象はなくなりました。

結婚を意識していない場合がほとんどのため、結婚の準備が慌ただしくなってしまいます。

出産時期などもあることから、早めに結婚式をするか出産後にするかなどで悩む人も多いでしょう。

「この人しかいない」と確信できたとき

結婚となると、今後同じ相手と長い時間を一緒に過ごすことになります。

生活感がしっかりしているか、言動は間違いないか、職を転々としたりして落ち着きがないかといった部分はもちろん大切なことです。

しかし、それ以上に空気が合うのか、会話をしていて詰まることがないか、というフィーリングの部分があっているかはとても大切なことです。

普段からコミュニケーションで、こういった点に気を付けて「この人なら楽しく暮らせそう」と思える相手だと確信が持てるのであれば、結婚のタイミングといえるかもしれません。

付き合ってから結婚までの時間はどれくらい?

仲の良い同棲中のカップル

付き合いはじめてから結婚までの時間は人によって異なります。
数ヶ月というスピード婚もあれば、数年単位で愛を育んで結婚することもあるからです。

ただ、すべての人ではありませんがスピード婚となると離婚率も高くなるといわれています。
そのため、なるべくお互いを知った状態で結婚した方がいいでしょう。

同棲しないで結婚は幸せになれる?

付き合ってからの年数にも関係しますが、同棲をしてから結婚する方と結婚をしてから同棲を考える方の両方がいます。

かつては、同棲をする前に結婚をすることは、親からすればうれしい話ではないという意見もありましたが、最近ではお互いの価値観を知るためにも同棲をする方が増えています。

とはいえ、結婚後の幸せは同棲の有無で決まるわけではありません。
同棲をしないまま結婚する人たちもいます。

同棲をするメリットは、夫となる相手が家事の手伝いなどをしてくれるか、すべて女性任せにしないか、金銭感覚は大丈夫かなどを知れることです。

同棲をしなくても幸せな結婚生活になることはあります。
ただ、結婚後の雰囲気を掴みたいのであれば、一度は同棲をしておくべきでしょう。

結婚後に不満点が出てきても、簡単に離婚することはできないからです。

交際期間と離婚率の関係性

交際期間が1年未満で結婚した夫婦は離婚率が高いです。
先述したように、お互いのことをきちんと把握していないことによって不協和音を生みだすのでしょう。

理想的な交際期間は約3年という意見も多いです。
さまざまな変化がありながらも、お互いの価値観が認めあえるのによい期間といえるでしょう。

ただし、妊娠や出産について年齢も関係する女性にとっての3年間は決して短い期間ではありません。

30歳を過ぎてから付き合いはじめた場合や子供がたくさんほしい方などは、その点にも留意しながらパートナーを探すのが賢い選択肢といえるでしょう。

遠距離恋愛と結婚の可能性

遠距離恋愛で結婚は可能なのかと考える人もいます。
結論だけいえば可能です。

しかし、結婚後に引っ越しをすることになるかもしれません。

お互いの状況を考えて別居婚という方法もあります。
どちらかの仕事が落ち着くまで別居婚にしておいて、区切りがついた時点で引っ越す人もいます。

ただし注意しておきたいのは、婚姻届けを提出する際に戸籍が変わることになるため、手続きが難しくなってしまう点です。
多くの場合は男性の戸籍に女性が加わることになります。

そのタイミングで銀行やクレジットカード、各種の契約に関して再度結び直しが必要になります。

この際に印鑑を作る必要があるため、旦那さんと共有したい場合にはあらかじめ日取りだけを決めておきましょう。
そのタイミングで短期間に集中して手続きをしてしまうなどの工夫がおすすめです。

結婚のタイミングがズレたら別れるしかない?

結婚のタイミングがちがうカップル

女性と男性では結婚のタイミングが異なります。
女性の場合は妊娠・出産があるので早めにしたいと考える人が多いです。
しかし、男性がのらりくらりとする場合もあります。

男性としては、30代半ばまで結婚をしたくないという意見も多いです。
ただ同年代だった場合、彼氏に合わせていると女性の出産リスクが高くなってしまいます。

タイミングがズレたというよりも、相手に本当に結婚の意思があるかどうかを見極めましょう。
女性の中には彼氏を信じていたけど、彼氏の年齢に合わせていたら別れを告げられたという人もいるので気をつけましょう。

30代・結婚への見切り発車はアリ?ナシ?

30代の結婚で見切り発車は、人によって異なるでしょう。
ただ、子供のことを考えたら見切り発車でもなるべく早いほうがいいと思われます。

ただ、経済面などで安定しているかくらいはリサーチしておきましょう。
相手に貯金がなかったために、自分の貯金を切り崩して生活しなければいけない可能性もあるからです。

また、相手の生活面での状態を見るためにも、いわゆるおうちデートなどで環境を確かめてみることもいいことでしょう。
場合よっては何度かお泊りをするなど、短い期間であっても「生活が合うかどうか」については調べておくと安心です。

結婚しない彼氏は見限るべき?

結婚しない彼氏と別れるか悩む女性

結婚をしないことで彼氏を見限るというのは、早まった決断といえます。
ただ、女性の年齢によっては見限って新しい出会いを探したほうがいいでしょう。

20代前半であれば、これから長く付き合うことで結婚について話し合うことが可能です。
ただ、30代となれば話は別です。
女性が子供を望むのであれば彼氏を見限ったほうがいいでしょう。

しかし、いきなり別れ話をするのではなく「結婚の意思があるのか」「自分は子供が欲しいこと」を伝えてからきちんと話し合いの機会をもつことが大切です。
話し合いをしないまま、決断をしてしまうと結婚のチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。

実は彼氏が結婚を意識していたが、タイミングをきちんと考えていてまだ言い出せていなかったという可能性もゼロではないからです。

結婚というのは自分にとっても相手にとっても大切なことですから、お互いのベストなタイミングがある程度ズレてしまうこと自体は仕方ありません。

もし待ちきれないと感じた場合には、きちんと話し合いの機会をもちましょう。
その上で子供のことをも考えて、結婚の意思がないとなれば別れ話を突き付けてもいいタイミングといえます。

まとめ

男性にとっても結婚は特別ですが、女性にとっては人生でもっとも輝くビッグイベントです。

結婚式に憧れがあるならば、結婚を意識した話などをしておきましょう。

ただ、付き合いはじめで結婚の話を振るのは「重い人」になってしまうので気をつけてください。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る