• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
結婚前提に付き合うとは?付き合う方法や交際期間、注意点をご紹介!

結婚前提に付き合うとは?付き合う方法や交際期間、注意点をご紹介!

男女が付き合っている中で必ずと言っていいほど出てくるのが、結婚の問題です。

ある程度の年齢になってくると、付き合うにあたり「結婚前提で」という言葉が出てくることもあります。

結婚前提の付き合いとは、どういうことなのでしょうか。

結婚前提で付き合うとは?

結婚前提というのは、結婚することを意識したうえで付き合うことです。

ただ付き合っていくのではなく、ある程度の時期が来たら結婚したいという気持ちがあると、お互いが理解してつきあいます。

そのため結婚前提とは真剣に付き合うつもりです、結婚をするつもりですという真剣交際を伝えることのできる表現です。

とはいえ、男性と女性とでは結婚への考え方や意識も違います。

そのため結婚前提といっても本当に結婚を意識しているかどうかを確認しておくことが望ましいでしょう。

結婚前提で付き合うメリット・デメリット

結婚するカップル

結婚前提で付き合うにはメリットとデメリットがあります。

ただ付き合うのではなく結婚を前提に付き合うとでは、どのような違いがるのでしょうか。

結婚前提で付き合うメリット

結婚前提で付き合うとは、ただ付き合うだけでなく将来的に結婚するのだという安心感があります。

男性も女性も、何歳までに結婚して出産のあとは…というライフプランがあるでしょう。

ただ付き合うだけでなく、将来的に結婚するつもりがあるとわかった状態で付き合うことで、なんとなくでも将来のビジョンが見えやすくなります。

結婚を前提としているため、付き合いの中で自分のこともさらけ出しやすいでしょう。

将来的に結婚して一緒に生活することを考えると、お互いに自然な姿を見せやすく、相手もしっかりと受け止めてくれるはずです。

結婚前提で付き合うデメリット

結婚前提で付き合うことの、最大のデメリットはプレッシャーです。
とくに男性にとっては、結婚するとなると相手を養う責任が出てきます。

交際が進むにつれて、いつ結婚するか、いつプロポーズをするかとプレッシャーを感じたり、彼女から問い詰められたりしてトラブルがになることもあるでしょう。

また付き合うだけなら二人だけの問題ですみますが、結婚となると家同士のかかわりも出てきます。

結婚前提と婚約は違うので、絶対に結婚する保証はないという点もデメリットです。

結婚前提で付き合うためには?

結婚前提で付き合うのは、結婚に向けての準備期間という意味合いがあります。

将来結婚するという前提なので、まじめに付き合うのはもちろん、将来に向けての準備やプロポーズのタイミングなども考える必要があります。

軽い交際のように、すぐに別れられないこと、相手に結婚を意識して付き合いを申し込むことに覚悟を決めなければ「結婚前提」での付き合いはできません。

結婚前提で付き合いたいと思われる男性の特徴

結婚前提で付き合いたいと思われる男性には、将来を一緒に過ごしたいと思える安定感が必要です。

多くの男性は、結婚すると家庭を支える大黒柱となります。
そのため、安定した収入や誠実さなどが求められます。

人によって男性に求める条件は違いますが、一緒にいて楽しめる相手、安心して付き合える相手も、結婚前提として付き合いたいと思える男性のポイントです。

友達が多い男性も、女性は結婚前提で付き合いたいと思う条件のひとつです。
友達が多いと人間的に魅力があったり人望があったりすることを示す指標になります。

結婚前提で付き合いたいと思われる女性の特徴

男性が結婚相手の女性に求めることとしてもっとも多いのが、家庭的であることです。

短い期間のお付き合いなら、見た目や年齢に目に行きがちですが、結婚するとなると一緒にいて気が休まる相手を求めます。

そのため料理が上手であったり、家事裁縫ができたりする相手は、男性にとって魅力的な存在です。

ほかにも男性は傾向があります。

仕事の同僚なら、残業が続いたときに体調を心配してくれたり、健康に気遣った食事を用意してくれたりすると一気に惹かれて、結婚前提で付き合いたいと思う男性も多いです。

結婚前提で付き合いたいときの告白方法

結婚前のカップル

結婚前提で付き合いたいと思っている場合、どのように告白すると相手に気持ちが伝わるのでしょう。

真剣に将来を考えていることが伝わらないと、結婚前提という言葉が逆に不誠実に思われてしまうため注意が必要です。

結婚前提に付き合ってください、とシンプルにいうのはわかりやすい反面、相手からなんで私と付き合いたいの?と思われてしまうことも。

相手のどこに惹かれたかをしっかりと伝えたうえで、最後に結婚前提で告げると彼女に気持ちが伝わりやすいです。

結婚前提で付き合う場合のプロポーズまでの平均交際期間

カップルの年齢や関係性によって、結婚前提で付き合っていてもプロポーズまでにかかる期間は違います。

一般的には結婚前提での交際期間は1年が平均とされています。

もちろん結婚するまでの時期に明確な定義はありません。
しかし結婚前提で付き合っている場合、男女ともに近い将来に結婚を意識しています。

そのため1年を過ぎても進展がないと不安になるでしょう。

結婚前提の付き合いでお互い前向きに結婚を考えられているなら、1年後には結婚準備に入れるよう、少しずつ貯金をしたり家族への紹介をはじめたりしておきましょう。

結婚前提の交際相手の両親への挨拶のタイミングは?

結婚を意識していないカップルであれば、両親に挨拶をすることなく付き合うこもあるでしょう。

しかし結婚前提の付き合いであれば、両親への挨拶も早めにしておくべきです。

プロポーズまで両親に挨拶をしないという人もいます。

しかしプロポーズよりも前に両親に会っておくと、交際の応援をしてもらえたり結婚に向けてのバックアップをしてもらえたりする可能性が高いです。

そこでお互い早めに結婚したい気持ちがある場合には、できるだけ早めに両親への挨拶は済ませてしまいましょう。

結婚前提で付き合う際のチェックポイント

浮気する束縛彼氏チェック

結婚前提で付き合っていく気持ちがあったとしても、結婚するためにはお互いのことをよりいっそう知っておかなければなりません。

いくつかのチェックポイントを確認して付き合っておくと、結婚してもうまくやっていける相手かどうかが判断でき、価値観の合わない部分は歩みより、うまく乗り越えていけるようになるでしょう。

金銭感覚

結婚生活において、お金の問題はとても大きいです。
とくに金銭感覚が違う相手と結婚すると、お互い苦労するでしょう。

結婚を意識している場合には、結婚するための貯金も準備しなければなりません。

どのくらいのお給料があって何に使っているのか、結婚のためにどのくらい貯金ができるのかも話し合っておくと安心です。

話し合いをして行く中で、お互いの趣味にかけるお金や無駄遣いといった部分もみててきて、価値観のすり合わせができます。

お互いの家族・親族の相性

結婚すると、二人だけでなくお互いの家族との付き合いも出てきます。

家庭によって価値観や考え方はまったく違うので、二人がどんなに仲良くても相手の両親とはうまく付き合えないこともあります。

お互いの家族や親族とは、なるべく早いうちに会い、どのような考え方をもつ人たちなのかを知っておくようにしましょう。

万が一、相手の家族とうまく付き合えないと思うようなら、距離を置いて付き合えるかどうかもお互いに確認しておくと、結婚後のトラブルも回避できます。

家事配分

結婚すると毎日一緒に生活することになります。
共働きの場合には、二人で家事を分担しないと生活できません。

最近は家事の分担をするのは当然という風潮もありますが、家のことは女性がするものと考える男性もいまだに多いです。

結婚する前から家事分担については話し合っておくとよいでしょう。

とくに家事ができない男性と付き合う場合には、結婚前に家事を教えておくことも大切です。

結婚前提で付き合う際の注意点

結婚前のカップル

結婚を前提で付き合うにあたって、気をつけておくべきことがいくつかあります。

付き合いはじめてからのトラブルを避けるためにも、付き合う前にいくつかのことを確認しておきましょう。

お互いに同じ気持ちであることを確認

お互いが同じ気持ちで付き合わなければ、うまくいきません。

なかなか両親に会わせてくれなかったり、結婚に向けての貯金をしてくれなかったりするとケンカの原因にもなります。

結婚前提で付き合うので、結婚をしたい気持ちがあるのはもちろんですが、どのくらいの時期に結婚をしたいのか、いつごろ両親に紹介するのかといった将来的なことも早めに確認しておくことが望ましいでしょう。

相手の短所をチェックする

どれだけ好きな相手でも長所だけではありません。
多かれ少なかれ、どんな人でも必ず短所はあります。

短所があるのは当然ですし、お互いさまです。
大切なのは短所があるのを責めるのではなく、短所を理解すること、お互いにカバーしあうことです。

中にはまったく理解できない、フォローできないような短所があることも。

どうしても理解できないなら改善を促し、変わらなければ早めに別れることも検討しましょう。

だらだらと付き合わない

結婚前提で付き合ったはずなのに、なかなか進展しないというカップルもいます。

だらだらと付き合っていると、お互いの関係がどんどん悪くなってしまうだけでなく、場合によっては結婚せずに別れてしまうこともあります。

結婚前提で付き合っているなら、必ず交際期間には期限を設けておくべきです。

目安としてでも結婚までの期間を決めておけば、仕事や家族の都合で希望していた時期に結婚が難しくなったとしても、次の機会へ向けて動きやすいでしょう。

ドキドキを求めすぎない

恋人にサプライズを期待する人もいます。
しかし結婚前提となると、付き合いはじめてから長い時間を過ごすことになります。

ドキドキするサプライズを相手に要求しすぎると、息切れして付き合っていくことに疲れてしまうでしょう。

はじめのうちはいいですが、あまりにもドキドキすることばかり求めるのは結婚前提の付き合いには向いていません。

別れたときのリスクを把握しておく

結婚前提とはいっても婚約はしていないので、絶対に結婚するとは限りません。

そこで別れたときのリスクも考えておくほうがよいでしょう。

別れてから新しい恋人を探すことや、仕事や生活のことも考えて、結婚だけを考えて行動するのはやめましょう。

結婚前提に付き合って幸せなゴールを目指そう!

結婚前のカップル

「そろそろ結婚のことを考えたい」「次で付き合う人と結婚したい」という気持ちがあるなら、結婚前提のお付き合いがおすすめです。

結婚前提のお付き合いとは、結婚したい気持ちがあり真剣交際したいと相手に意思表示すること。

将来結婚するつもりでお互いに付き合うので、早いうちから両親に紹介したり結婚費用の貯金をしたりと結婚に向けての準備も進めやすいです。

結婚というゴールに向け、お互いに自分をさらけ出した自然な付き合いができるはずですよ!

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る