• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
恋人と会うベストな頻度とは?彼氏と会う頻度を増やすためにおすすめの方法

恋人と会うベストな頻度とは?彼氏と会う頻度を増やすためにおすすめの方法

すぐに別れてしまうカップルと長続きするカップルは、それぞれ違った特徴を持っています。

もちろん恋愛の価値観は人それぞれ異なるので、全部が全部同じではないですが、長続きするカップルはすぐに別れてしまうカップルとの明確な違いがあります。

その違いの中でもとくに大きく異なるのが、カップルが会う頻度です。

今回は、長続きしたいカップルにおすすめな恋人と会うベストな頻度についての情報や、あまり彼氏と会えない人のために彼氏と会う頻度を増やすためのおすすめの方法を紹介します。

恋人に会う頻度ってどれくらい?

幸せなカップル

実際に長続きしているカップルはどれくらいの頻度で会っているのでしょうか?
恋人とずっと一緒にいるために、長続きしているカップルを見習うことは非常に有効な手段でしょう。

そこでこちらのページでは、長続きしているカップルの会っている頻度を、10代、20代、そして30代とそれぞれ紹介していきます。

10代のベストな頻度

10代のカップルは、20代、30代のカップルと比べて恋愛経験が少ない人が多い傾向があります。
そのため、感情的に動いてしまう傾向があるでしょう。
また、恋愛経験の薄さは、未熟な二人という意味でもあるので、関係を長続きさせることは非常に困難だといえます。

10代のカップルで長続きする頻度は、週に2回から3回です。
学校に一緒に登校したり、一緒に下校するなどが定番の会い方です。

学生は社会人よりも忙しい人が少ないので、より気軽に会えるメリットがあります。
またスマートフォンで気軽に連絡できるので、その日の午前中に連絡をして放課後にデートなど行動しやすいのも10代の特徴だと言えます。

そのため、週に2回から3回よりも会う機会が増えそうだと思うかもしれませんが、アルバイトや部活動など学生にも予定があります。

そもそも社会人と比較して自由にできるお金が少ないので、頻繁に会うよりも週に2回から3回程度のほうがお互いのライフスタイルに影響が少ないのです。

20代のベストな頻度

20代の恋人と会うベストな頻度は、20代前半か20代後半かで大きく異なります。

20代の前半は、まだ大学生であったり社会人になりたての時期なので、仕事も遊びも精力的にチャレンジしているエネルギッシュな時期です。

そのため、10代のころよりもいろいろなことにお金や時間、労力を浪費してしまう傾向があります。
それまで恋人に費やしていた時間を、仕事やプライベートにあてるようになることも珍しくありません。

20代前半のカップルが会うベストな頻度は、週に1回から2回程度
これは週末のどちらかと平日の夜に1回程度といった人が多いようです。

20代の後半になると仕事もプライベートも落ち着きはじめ、徐々に結婚を意識する年代へと入っていくので、お互いがいい距離感でデートを楽しむようになってきます。

週に何度ということではなく、お互いの仕事の予定などに左右されるので、月に6日から8日などの頻度になるでしょう。

週末に温泉旅行に出掛けたり、仕事の帰りにオシャレなレストランで食事をするなど、大人の楽しみ方を覚える時期でもあります。

30代のベストな頻度

30代のカップルが会うベストな頻度は、そのカップルの仕事の状況などに大きく左右されます。

徐々に責任感のある仕事を任されるようになり、毎日充実した日々を過ごしている年代でしょう。

部下なども増えてくるので人間関係にも力を入れる世代です。
そのため、30代カップルの会う頻度は月に2回から3回程度といわれています。

仕事の忙しさのせいか、週末はゆっくりと寝て過ごしたいという人も少なくなく、20代のころと比較して会う頻度は減ってしまう傾向にあります。
一緒にいる時間を捻出するために、同棲をするカップルも増えてくるのです。

会う頻度を増やすための方法

彼氏とデートする女性

先ほど紹介したよりも会う頻度が低いという人は、どのようにしたら会う頻度を増やせるのでしょうか?

方法いろいろとありますが、その中でもとくに効果的なものを厳選して紹介します。

もっと会いたいと伝える

会う頻度を増やすために最も重要なのは、「もっと会いたいと伝える」ことです。

男性は女性と比べて鈍感な部分があるので、本人は理解があるように思っていたとしても、女性から見ると全然理解してもらえないとイライラすることもあるでしょう。
男性はわざとではなく、本当にわからないのです。

会う頻度が少ないと思っていても、彼女から何も言われないのでそのままでよいと考えるのが男性です。

そのため、もっと会いたいと思ったら、男性にその気持ちを伝えるべきです。
伝えることによって、男性ははじめて彼女の気持ちに気付き、真剣に会いたいと言ってくれる彼女を愛おしいと思うはずです。

会うための努力をする

会うということは、双方が時間の都合をつける必要があります。
つまり、相手のために自分の時間を差し出す行為ともいえます。

会えないと嘆いている人の中には、男性から誘われて当然という気持ちであったり、自分ばかり忙しいと相手のことを軽視している人が少なくありません。

会いたいと本気で思うのであったら、自分から会いやすい状況を作る必要があります。

相手の予定に合わせて仕事の量を調整したり、相手が忙しいのであれば、相手の最寄り駅まで足を運ぶなど会うための努力が必要となってくるのです。

彼氏にとって居心地のいい時間を提供する

会えるだけで幸せだった付き合いはじめのころと違い、付き合っているのが当たり前になってくると、会うのが大変だと思ってしまうことも少なくありません。

仕事が忙しかったから週末はゆっくりしたいとデートをキャンセルしてしまうことも珍しくないのです。

そのため、会う頻度をアップさせようと思ったら、会ったときにくつろげるような環境を整えておき、彼氏にとって居心地のいい時間を提供することも重要です。

疲れているのであれば、自宅でのんびりデートなどがおすすめです。
料理を作ったりお風呂上りにマッサージをするなどとことんパートナーを癒してあげましょう。

居心地のよい空間をつくることで、彼からも会いたい気持ちになってくれるはずです。

彼氏と会う頻度が少ないメリット

彼氏と歩く彼女

彼氏と会いたくても会えないときには、耐えられないくらい寂しい気持ちになってしまったり、付き合っているのがむなしくなってしまう傾向があります。

そういった時期は、浮気をしやすくなりやすいので、自分の感情をフラットな状態に戻す必要があります。
会えない時間が辛くならないように彼氏と会う頻度が少ないメリットを考えてみましょう。

いつも新鮮な気持ちで会える

あまり会えないカップルの別れる確率が高いと同じように、会う頻度が多すぎるカップルも別れる頻度が高くなります。

あまりに会いすぎてしまうと、マンネリ化を起こしてしまい、倦怠期になってしまうのです。

会う頻度が少ないと、そういった心配もいりません。
いつでも付き合い当初のような新鮮な気持ちで会えるのです。

一緒にいる時間を大事にすることができる

遠距離恋愛中のカップルは、長く付き合っていても会う頻度がかなり少ないので、会える時間を大事にします。

同様に相手のことも大事にするので、浮気などの直接的な原因がなければ別れにくいと言われています。
会えない時間が愛を育てるといった言葉があるように、会えたときには、一緒にいる時間を大事にできるようになるのです。

一緒にいる時間を大事にできるカップルは長く続く傾向があるので、会えないこともメリットといえてしまうのです。

自分に時間やお金を使うことができる

デートにいけない時間を使ってジムでトレーニングをしてみたり、エステに通ってみたりと自分磨きの時間に使うことができます。

また、社内の出世のために必要な資格の勉強など自分を高めるために時間を使っているカップルもいます。
結婚をしたらそういた時間を取ることが難しくなるので、独身時代だからこそ、会えない時間を有効活用してみてください。

まとめ

待ち合わせるカップル

恋人と会うベストな頻度は、カップルの年齢などによって大きく左右されることがわかりました。

もちろんカップルの付き合い方やそれぞれの社会的な立場によっても変わってくるので、付き合っていく過程で徐々にベストな頻度をすり合わせながら見つけていくことが重要になります。

今回は、会いたいけど会えない人のために恋人と会う頻度を増やす方法を紹介しました。

もし自分が感じているよりも会う頻度が少ないという人は、こちらの情報を参考に相手にアピールしてみてください。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る