• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:仕事に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
男性も恋煩いになる!?男性が恋煩いになったときの症状と治し方

男性も恋煩いになる!?男性が恋煩いになったときの症状と治し方

恋煩いは、女性がなるものと思っていませんか?
実は、恋煩いに悩む男性も少なくありません。

また片思い中はもちろん、両思いになってからも相手の女性のことを考えすぎて、恋煩いになる男性もいます。

そこで今回は、男性における恋煩いの症状・なりやすい人の特徴・治し方を紹介します。
この記事を読むことで、恋煩いを乗り越えるきっかけがみつけられるでしょう。

恋煩いとは「恋の病」のこと

恋煩いになった男性

恋煩いとは、「恋の病」のことです。

恋をすると、相手の女性のことを考えすぎて、食欲不振や睡眠障害など病気にかかったような状態になることがあります。

たとえば、食欲がないせいで十分な栄養が取れずやせたり、なかなか眠りにつけず何度も起きてしまうせいで睡眠不足になったりします。

ただし「恋の病」は、病気とちがい病院で診断してもらうものではありません。

恋煩いは、恋に落ちた相手への想いが強すぎるせいで心身ともにバランスを崩し、病気にかかったような状態になることをいいます。

男性が恋煩いになるときのおもな症状6つ

恋の病と呼ばれる恋煩いですが、男女共通の症状から男性特有の症状まで合わせて、おもに次の6つの症状があります。

男性の恋煩いの症状

    1. 食欲がなくなる
  1. 寝つきが悪い・睡眠不足
  2. 感情のコントロールができない
  3. 仕事に身が入らない
  4. 好きな人を干渉・束縛する
  5. 目で追ってしまう

それぞれの症状や原因を、詳しくみていきましょう。

症状(1)食欲がなくなる

恋煩いで食欲不振の男性

恋煩いには、食欲がなくなる症状があります。

好きな女性のことを考えすぎて、「空腹」という信号が脳にいかなくなるために、食欲不振の状態になってしまうのです。
食欲不振は、女性に多く出る症状と思われがちですが、男性にもよく起こる症状です。

好きな人と上手くいかないことによるストレスから、胃腸が弱り、お腹が空いても食べられないという場合もあります。

なかには食事が取れない期間が長くつづき、痩せる人もいます。
ただしその痩せ方は、健康的ではなく、病的なやつれ方をするのが特徴。

恋しているあいだは、相手のことで頭がいっぱいになったり、上手くいかないことにストレスを感じたりして、食欲不振になることもあるでしょう。

症状(2)寝つきが悪い・睡眠不足

恋煩いで寝つきが悪い男性

恋煩いになると、男性女性ともに寝つきが悪くなり、睡眠不足になることがあります。

相手のことを考えすぎてしまうと、布団に入ってからも「今日相手と話したこと」や「どのようにアプローチしようか」などで頭がフル回転した状態になり、リラックスできません。
その結果、寝ようとしても寝付けなかったり、眠れても何度も起きてしまうのです。

そうした睡眠不足の状態が続くと、毎日の疲れが取れず、疲れが溜まってしまいます。
また、しっかりと休息がとれないため免疫力が下がり、病気になりやすい身体になる可能性も。

このように、恋煩いになると、睡眠障害が起こり身体にも悪い影響がでることがあります。

症状(3)感情のコントロールができない

恋煩いで感情のコントロールができず悩む男性

恋煩いをすると、感情のコントロールがうまくできません。

恋をすると「幸せホルモン」が分泌されることにより、ホルモンバランスが崩れ、感情の起伏が激しくなります。

感情のコントロールができないことは、恋煩いの代表的な症状ですが、性別によって症状が多少異なります。
男性の場合、いつもは冷静なのにちょっとしたことでイライラしたり、些細なことで不安になり落ち込むなど、普段とは違った感情に振り回されることも。

感情が先走り、自分で感情をコントロールできないことで、ストレスを感じる人も少なくないでしょう。

症状(4)仕事に身が入らない

恋煩いで仕事に身が入らない男性

恋煩いの症状には、仕事に身が入らない、というものがあります。

四六時中好きな女性のことをぼーっと考えてしまい、物事に集中して取り組めず、ミスを連発したり、仕事が思うようにはかどらなかったりします。

頭ではしっかりやろうと思っているのに、気持ちの切り替えがうまくできないため、ストレスに感じる人もいるでしょう。

恋煩いにより、仕事が手につかず、職場で築き上げた信頼関係を壊してしまうこともあるので注意が必要です。

症状(5)好きな女性を干渉・束縛する

恋煩いで好きな女性を束縛する男性

男性によく見られる恋煩いの症状に、好きな女性を干渉したり、束縛したくなる、というものもあります。

その理由は、男性には好きな女性を独占したい、自分のだけのものにしたい、という意識が強くあるから。
好きな女性が他の男性と話しているだけで、必要以上にその関係性を気にしてしまうのです。

付き合いはじめたカップルに多く見られますが、片思い中でも男性が独占欲を発揮することがあります。
好きな女性の交友関係や行動範囲を把握し、相手をコントロールしたいと思う男性もいるでしょう。

男性の過度な独占欲は、恋煩いで起こる症状のひとつです。

症状(6)目で追ってしまう

恋煩いで好きな女性を目で追ってしまう男性

男性によく見られる恋煩いには、無意識的に好きな人を目で追ってしまう、という症状があります。

いつでも一緒にいたい、好きな女性のことをもっと知りたいという興味が行動に出てしまうためです。

好きな女性だけでなく、彼女と似ている人を目で追ってしまうことも。
もしかしたら、そんなあなたを見て、あなたの好きな人に周囲は気づいているかもしれません。

日常の何気ない場面で、気が付いたらいつも好きな女性を探してしまうのも、恋煩いの症状のひとつです。

ここまで、男性の恋煩いの症状には、おもに次の6つがあるとお話しました。

男性の恋煩いの症状

  1. 食欲がなくなる
  2. 寝つきが悪い・睡眠不足
  3. 感情のコントロールができない
  4. 仕事に身が入らない
  5. 好きな人を干渉・束縛する
  6. 目で追ってしまう

恋をすると楽しい一方で、いつもと違う自分にコントロールができず、ストレスになることもあります。

とくに、身体に悪影響を与える食欲不振や睡眠不足などの症状が続くようなら、何らかの対処が必要でしょう。

恋煩いに陥りやすい男性の特徴3つ

恋をするたびに、誰もが恋煩いになる訳ではありません。
実は、恋煩いに陥りやすい男性には、次のような特徴があります。

恋煩いに陥りやすい男性の特徴

  1. 恋愛経験が少ない
  2. 自分に自信がない
  3. 真面目で一途

「自分かも」と思う項目がある人もいるのではないでしょうか。
それぞれの特徴について、詳しくみていきましょう。

特徴(1)恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない男性

恋煩いになりやすい男女共通の特徴としてあげられるのは、恋愛経験が少ない人や異性と接することが苦手な人です。

人は、何事も未経験のことや経験が少ない物事に対して、深く考えがちです。
恋愛経験が少ない人は、どのように相手にアプローチしたらいいのか分からず、なかなか行動できないまま、頭でグルグルと考え込んでしまうのです。

経験を想像や妄想で補足するため、成功経験が少ないとネガティブな思考が優先されてしまい、恋煩いの悪循環となることもあります。

恋愛経験が少ない人は恋煩いになりやすいですが、経験が少ないうちは誰もがなるもの。
割り切ってあまり深く考えすぎないようにしましょう。

特徴(2)自分に自信がない

自分に自信がない男性

自分に自信がもてない人は、恋煩いになりやすいです。

それは、好きな女性にアプローチしてもうまくいかないのでは、とネガティブに考え、失敗したくないと悩むから。

また多くの男性は、自分に自信がないことを、好きな女性のみならず、周囲の人に気づかれたくないと感じているでしょう。
自信がないことを誰にも気づかれたくないので、恋の悩みを他人に相談できなかった結果、恋煩いをこじらせることにつながります。

恋煩いの悪循環に陥らないためには、自分に自信がなくても、失敗を恐れずどんどん行動することが大切です。

特徴(3)真面目で一途

特徴(3)真面目で一途

性格が真面目な男性は、恋愛に対しても真面目で一途です。

相手の女性のことをとてもよく考え、どのようにアプローチしたらいいか真剣に悩むからです。

また、真面目な性格の男性は、一生懸命悩んだ末に行動しても思った通りの反応がないと、「自分が悪かった」と思いがちです。
相手の女性を喜ばせたい気持ちばかり優先して、恋愛を楽しむ余裕がなくなってしまうのです。

真面目で一途な人は、自分を責めすぎず、恋愛を楽しむことにも意識を向けましょう。

ここまで、恋煩いになりやすい男性の特徴を紹介しました。

恋煩いに陥りやすい男性の特徴

  1. 恋愛経験が少ない
  2. 自分に自信がない
  3. 真面目で一途

恋煩いを自覚することで、恋煩いを回避することもできるので、まずは自分を知ることも大切です。

男性が恋煩いになったときの治し方4つ

それでは、自分が恋煩いでつらい状態なった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

実は、一度恋煩いになると長期化する人が多いです。
長引かせないためには、早めに恋煩いを自覚して対処を始めることが大切。

ここからは、男性が恋煩いになったときの治し方を4つ紹介します。

男性が恋煩いになったときの治し方

  1. 相手の女性に思い切って告白する
  2. 仕事や趣味に没頭する
  3. 身体を動かす
  4. リフレッシュする

それぞれの治し方を詳しくみていきましょう。

治し方(1)相手の女性に思い切って告白する

女性に告白する男性

片思いの人にぜひオススメしたい恋煩いの治し方は、思い切って相手の女性に告白することです。

恋愛は、相手があってのことなので、自分だけでどうにかできるものではありません。
相手の女性がどう思っているか分からず苦しんでいる人は、告白をすることで、結果がどうであれ、関係性がはっきりして気持ちが楽になるでしょう。

とはいえ告白するのには、勇気がいりますよね。
もし告白してうまくいかなかったらと考えると、つい慎重になってしまいますが、行動してみなければ結果もわかりません。
残念ながら振られてしまったときは、気持ちを切り替えて次の恋を探すのもいいかもしれません。

思い切って相手の女性に告白することで、1歩前進しましょう。

治し方(2)仕事や趣味に没頭する

趣味に没頭する男性

恋煩いになったら、好きな女性のことを考える暇がないくらい、仕事や趣味に没頭しましょう。

1つのことに集中すると、他のことが気にならなくなる人も多いです。
恋愛のことばかり考えてしまうのを止め、ムリにでも気持ちを切り替えて、自分が熱中できることを探しましょう。

達成感や充実感を味わうことで、気持ちに余裕ができるので、恋愛も楽しめるようになるかもしれません。

相手の女性のことばかり考えてしまうときは、あえて仕事や趣味に没頭すると、気持ちを切り替え、心にゆとりを作ることができるでしょう。

治し方(3)身体を動かす

ジョギングで身体を動かす男性

恋煩いを解消するには、身体を動かすこともおすすめです。運動することで適度な爽快感が得られ、ストレス発散につながなります。
また、睡眠不足に悩まされている人は、身体を動かすことで適度な疲労感が得られ、よく眠れるようになるかもしれません。

普段あまり運動しない人は、ウォーキングや筋トレなどからはじめるといいでしょう。
気持ちを切り替えるために、ジムに通うのもオススメです。

身体を動かすことで、恋煩いのモヤモヤを吹き飛ばしましょう。

治し方(4)リフレッシュする

飲み会でリフレッシュする男性

恋煩いを治すには、旅行に行ったり男友達と飲んだり、普段あまりしないことをしてリフレッシュするといいでしょう。

恋愛ではないことを思いっきり楽しむことで、恋愛でガチガチになった頭をほぐせます。
リフレッシュすることで、柔軟に物事を捉えられ、気持ちに余裕もでてきます。

自分にあったリフレッシュ方法を探して、心も頭もスッキリしましょう。

男性が恋煩いになったときの治し方

  1. 相手の女性に思い切って告白する
  2. 仕事や趣味に没頭する
  3. 身体を動かす
  4. リフレッシュする

恋煩いは時が経てば、いつかは必ず治るものです。
しかし生活に支障が出て困っている人は、すぐにでも紹介した方法を試してみてください。

恋煩いを乗り越えて恋愛を楽しもう

恋煩いを乗り越えて恋愛を楽しむ男性

恋煩いは、自分を成長させてくれたり、お互いにいい信頼関係を築き上げる大切な期間です。

「誰かを好きになれば、恋煩いするもの」と思えれば、気持ちも少し楽になります。

今恋煩いをして、うまくいかないことがあっても、いつか必ず恋煩いは治ります。
ただし、あまりにもつらい期間が続き、体調不良を起こしてしまう状態なら、この記事で紹介した恋煩いの治し方を試してみてください。

恋煩いとうまく付き合い、乗り越えて、恋愛を思う存分楽しみましょう。

記事はありませんでした

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る