• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
告白されて困る!好きじゃない男性から告白された場合の上手な断り方とは

告白されて困る!好きじゃない男性から告白された場合の上手な断り方とは

男性から告白されるのはうれしいことですが、好きな人でない場合は対応に困ることがあります。

とくに友達やそれほど悪い人ではなさそう…と思う相手の場合は、どのように返事をしたらいいのか迷うこともあるはず。

そこで今回は、好きじゃない男性から告白された場合、どんな断り方をすれば相手を傷つけないで済むのかをご紹介していきます。
具体的な例を挙げていくので、参考にしてみてください。

好きじゃない男性から告白されたときの上手な対応とは

告白された女性

なんとなく自分のことを好きかも…と思っていた相手でも、いざ告白されたら戸惑ってしまいますよね。

やさしさのつもりが相手を傷つけてしまう…そんなことのないように、適切な対応をご紹介していきます。
せっかく自分を好きになってくれた人なのですから、誠実に対応してあげましょう。

返答はすぐに返す

告白された直後、なるべく日にちを空けるのはやめましょう。
もちろん告白をした男性は、振られることも想定しているはずです。
ですが返事を待っている間、相手は落ち着かない日々が続いてしまうでしょう。

悪く思われたくないという考えから、すぐに返事ができないのかもしれません。
しかし、それ以上に大切なことは告白してくれた人への思いやりです。

付き合う気がないのなら、その場ですぐに返事をしてあげましょう。

「気持ちはうれしいけれど」と前置きをして断る

ソフトに断るなら「気持ちはうれしいけれど」という前置きを入れましょう。

あなたが相手に対して友達として好きな気持ちを持っているのなら、告白を断るときに心苦しさを感じるものです。
そんなときに「気持ちはうれしいけれど」とつけることで、相手にはやさしく聞こえ、自分の心の痛みも小さくできます

たとえうれしい気持ちがなかったとしても、嘘もときにはやさしさになることがあるのです。

ほかに気になる人がいると伝える

告白に対して希望を与えることは残酷なものです。
そう考えると「ほかに好きな人がいる」と言われれば、男性も諦めがつきやすいといえるでしょう。

ただし「もし好きな人に振られたら、自分とのことを考えてくれるのか?」と考えてしまうこともあるかもしれません。
そのときは、好きな人を相手と全く違うタイプの人だと伝えておくことで、相手に期待を持たせにくくなります。

いい友達でいたいと伝える

「ほかに好きな人がいる」が通用しない相手には、「いい友達でいたい」と伝えたほうがいいでしょう。
友達と恋人の違いがとても大きいのは、恋をした経験がある人なら誰でも知っているでしょう。

「いい友達でいたい」という言葉には、もし嫌なら友人としての関係も続けられないという意味を暗に伝えることになります。
やさしい言葉に思えますが、それぐらい突き放した断り方なのです。

申しわけない表情をしながら付き合えないことを伝える

ハッキリものをいえない場合は、申しわけない表情をしながら断りの言葉を伝えましょう。

誠実な人であれば、困っている姿を見て理解してくれるでしょう。
表情や仕草は、言葉以上に伝わることがあります。

好きじゃない男性から告白されたときやってはいけない対応

好きな男性に告白する女性

告白を断ったつもりが、しっかりと相手に理解してもらえていないこともあるでしょう。

告白してきた男性に誤解を与えてしまう、やってはいけない断り方を紹介していきます。

返事に時間をもらう

告白の返事を待たせることは、相手に気持ちに希望を与えてしまう場合があります。

ただの迷いではなく、答えが決まっているのに相手への告白の返事を保留してはいけません。
思わせぶりな行動や言動は、希望を与えるだけ与えて最終的には相手を突き落とす行為です。

あなたの悪気はなかったとしても、相手の男性をからかっているのと同じことです。

「今は付き合えない」と余地を残す

「今は付き合えない」という返事の仕方も、相手の男性に希望を残してしまう言葉です。

結局は付き合わないのであれば、悪い言葉でいうと相手の気持ちを弄ぶ行為です。

好意に対しては、誠意をもって接するべきです。

友達の段階からはじめようと伝えてしまう

友達の段階からはじめようと伝える場合は、それほど近い関係でないときに出てしまう言葉です。
友達の段階からはじめようと伝えてしまうのは、知り合いから友達へランクアップしていることなるでしょう。
次のステップがあると考えてしまうのが恋する男性です。

さらにアプローチを受けることになり、収集がつかなくなることも考えられます。

あいまいな返事をする

あいまいな返事やどちらとも取れる言葉は、相手を勘違いさせるだけでなく、自分も追い詰めることにもなりかねません。
自分としては断ったつもりでも、相手に伝わらなければ意味がないのです。

もし相手がポジティブに受け取ってしまった場合、周りの人に「付き合っている」と公表してしまう可能性があります。
あいまいな返事は、外堀を埋められてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

あなたならもっといい人がいるよと伝えてしまう

「あなたならもっといい人がいる」というのも、やさしい言葉のようで相手に届かないものです。
ポジティブに受け取れば、相手の男性は「自分は認められている」と思ってしまうでしょう。

恋をしている男性にとって、好意を寄せている女性以上の人はいません。
その女性が認めてくれていることは、まだ付き合える可能性があると取られても仕方がないのです。
より相手の思いを強めてしまう場合もあるので、注意が必要でしょう。

好きじゃないけどとりあえず付き合ってみる

好きまでいってはいなくても、せっかく告白してくれたのだから付き合ってみるのも注意が必要です。

最初は好きな人と付き合えているのですから、男性も喜んでくれるでしょう。
ただ、その幸せな時期は長続きしないはずです。
時間が経ち冷静になっていけば、男性はあなたの気持ちが自分と釣り合っていないことに気づいてしまうでしょう。

まとめ

うれしい反面困るのが、好きじゃない人からの告白です。

うまく断らなければ、相手を必要以上に傷つけるだけでなく、あなた自身もトラブルに巻きこまれることになるでしょう。
そうならないためには、情をかけず希望ももたせないことです。

振られるまでの時間は、恋をしている男性にとって楽しさと不安が入り混じったものです。
しかし振られてしまえば、その先には心を癒す時間がたっぷりあります。

相手の心の揺れを鎮めるのは、告白された人にしかできません。
相手の未来のためにも、告白の返事は誠意をもってハッキリと伝えましょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る