• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
公務員との結婚がおすすめの理由!メリットデメリットも紹介

公務員との結婚がおすすめの理由!メリットデメリットも紹介

結婚するなら、幸せになれる人としたい。
それが多くの女性の願いでしょう。
恋愛とは異なり、結婚は現実そのもの。

これから長い人生を一緒に生きていく相手選びは、慎重かつ後悔しないように努めたいものです。

結婚相手として、女性から人気が高いのが「公務員」。
公務員と結婚するメリットとデメリットについて、紹介します。

公務員は結婚相手の職業として人気

公務員の男性

「公務員と結婚したい」と考えている女性は、たくさんいます。
知り合いが公務員と結婚したと聞くと、羨ましいと思ったり、勝ち組だと悔しく思ったりすることもあるのだとか。

なぜかというと、公務員の男性との結婚にはメリットが多いからです。

公務員にはさまざまな職業があります。
役所務めだけでなく、教育関係や公安関係、技術関係、法律関係などさまざまな職業が存在しています。
いずれにしても、公務員はリストラがないので、そこが魅力だと感じる方も多いようです。

しかしながら、よいことばかりではありません。
デメリットもありますので、よく考えて判断したほうが良さそうです。

公務員が結婚相手として人気の理由

結婚相手として公務員が人気があるのは、結婚後も比較的安心して生活できるイメージがあるからです。
収入面から見ても悪くありませんので、お金の心配もあまりしなくてよいかもしれません。
それに、ローンが組みやすいのも魅力です。

また、公務員は一般的なイメージでしっかりとした人、きちんとした人といった世間的評価があり、安心して暮せるというメリットもあります。

これから子供をもうけたいと考えている方にとっては、安心して子育てできそうなイメージがあるのでしょう。

収入が安定している

一般的な会社務めの場合、場合によっては収入に波があることがあります。

よいときはとてもよいのですが、なんらかの理由で悪くなってしまう可能性もあり、不安定な収入の中で生活することが予想されます。

その点、公務員は収入にそれほど大きな波はありません。
ボーナスも、まとまった金額になりますので、家計のやりくりに悩むようなこともなく、長い目で見て人生プランが立てやすいのもよいところです。

福利厚生が充実している

就職先を検討するとき、給料も気になりますが、福利厚生についてもしっかりチェックしたいと考える方は少なくありません。

長く務めることを考えた場合、福利厚生がしっかりしているほうが、より安心して長く働き続けられるからです。

公務員は、福利厚生が充実していますので、長く働きやすいといった良さもあります。

さまざまな手当もありますので、結婚後もいろいろな面で安心です。
休暇制度も充実していて、年次休暇のほかに、特別休暇や介護休暇、病気休暇なども取得できます。

社会的信用がある

公務員には、世間的に見ても社会的な信用があります。
真面目でお堅い職場というイメージがあるので、そこで働く人も同じように真面目な印象が強いです。

国のため、人のために働く職場なので、そういった意味でも公務員は魅力的な人間であると評価されやすい傾向があります。

このような理由から、公務員との結婚を反対する人はあまり多くなく、結婚話が持ち上がってもスムーズに進みやすいです。

親に結婚を許してもらうために苦労することも、あまり心配する必要がないでしょう。

ローンが組みやすい

結婚したら、大きな買い物をすることもあるでしょう。
「マイホームを手に入れたい」と考えている方もたくさんいます。

しかしながら、大きな買い物のため、誰でも安易にローンを組めるわけではありません
住宅ローンを利用するためには、申し込み基準をクリアする必要があります。

年齢や収入などいろいろな条件ありますが、公務員は離職する人が少なく、収入面でも恵まており、安定しているのでローンが組みやすい傾向にあります。

常識的で真面目な人物である場合が多い

一時の恋愛とは異なり、結婚すれば毎日が現実と向かい合わせです。
さまざまな問題が発生しますし、夫婦で意見がぶつかることもあるでしょう。
これは、誰と結婚しても起こりえることです。

とはいえ、あまりにも突飛な考え方をしていたり、常識はずれな考え方をしていたりする人と結婚すれば、その分頭を悩ませることになります。

公務員は、試験を受けて資格を取得しなければならない職業も多いため、常識がきちんと身についている方が多い傾向にあります。

コツコツ努力をしてきた真面目な男性も多いので、びっくりするような意見の食い違いはあまりないと思ってよいでしょう。

公務員の男性と結婚するメリット

お金

結婚相手として公務員が人気ですが、それは収入面や社会的評価だけが理由ではありません。
実際に結婚生活を送る上でも、よいことがたくさんあります。

ひとつは、責任感が強い傾向にあるので、問題解決のためにきちんと行動してくれることです。
ほかにもさまざまなメリットがあります。

家計の管理を支えてくれる傾向がある

結婚すると、さまざまなビックイベントが想像されます。
その分、お金がたくさん必要になることも考えられるでしょう。

しかしながら、はじめて経験することが多いので、どうしたらよいのか迷うことも考えられます。

公務員の男性は、真面目で責任感が強い人が多いので、家計の相談や管理を一緒にやってくれる人が多くいます。

これは、妻にとっては心強いことでしょう。
二人で同じ方向を見ながら、お金の相談がしやすいのもよいところです。

公務員の男性と結婚するデメリット

公務員の男性

公務員と結婚するメリットは、たくさんありますが、やはりデメリットもあります。

魅力だけを見て結婚を決めるのは、賢いとは言えません。
最終的には、人柄をよく見て自己責任において、判断することが必要になります。

次に、公務員と結婚した場合のデメリットについて紹介します。

新人の場合は給料が少ない

公務員は収入が多いイメージがあるかもしれませんが、新人のころはむしろ一般企業に勤めている人より少ないかもしれません。
あくまでも、長く務めていくうちに、収入が上がっていくことを覚えておきましょう。

若いうちに結婚する場合は、高収入は期待できません。
もちろん、収入だけを見て結婚を決める方は多くないと思いますが、あまり期待して結婚すると、やりくりに悩みストレスが増えることも考えられます。

若いうちに結婚してもよいですが、このあたりのことを想像した上で判断することをおすすめします。

刺激的で挑戦的な生活は送りにくい

公務員は、公務員であることから、世間から厳しい目で見られがちです。
それは、プライベートのときにも言えることです。

いつもきちんとしていて当然!といった目で見られることもあり、家族も窮屈に感じられることもあるかもしれません。

また、刺激を求めたり、挑戦的に生活するのが難しかったりする傾向にあるのもデメリットです。

安定して落ち着いた生活を望んでいる方ならよいですが、新しいことにどんどんチャレンジするのが好きな方や、刺激の多い生活が好きな方には、少々物足りないと思えるかもしれません。

国家公務員の場合は長距離の転勤になる可能性もある

国家公務員の場合は、遠方への転勤も覚悟する必要があります。

公務員に限ったことではありませんが、長距離の転勤になった場合、引越しすることもありますし、単身赴任になる可能性もあります。

単身赴任になった場合、一人で子育てをする可能性もありますので、その覚悟もいるでしょう。

また、頻繁に転勤する夫について行く場合は、不慣れな土地に何度も引っ越すことになるので、引っ越すたびに一から人間関係を築くことになります。

結婚するなら相手の性格もよく見よう

公務員の男性と結婚した女性

結婚したい人の職業として、公務員は人気があります。
収入面や福利厚生などメリットが、多いのも魅力です。
しっかりした職場で働いていることから、社会的評価が高いのもよいところでしょう。

しかしながら、当然デメリットもないわけではありません。
公務員ならではの辛さもあります。

幸せな結婚生活を送るために、一番大切なことは収入でも職業でもありません。
やはり、一緒に生きていきたいと思える相手かどうか見極めることが重要です。

どんなにお金があっても、社会的によいと言われているような職業であっても、優しさや思いやりがない人との生活は苦痛です。
もちろん、綺麗ごとだけでは生きていけませんが、性格をよく見て結婚を決めることが大切です。

ストレスが溜まるたびに、キツクあたってくるような人と結婚しても、幸せにはなれないでしょう。
面倒なことが起こったときに、一切かかわらないで妻任せの人も尊敬できません。

結婚相手は職業だけで選ぶのではなく、しっかりと自分の目で相手の性格を見て判断しましょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る