• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
マンネリ化とは?カップルのマンネリを解消する方法&予防するための対策

マンネリ化とは?カップルのマンネリを解消する方法&予防するための対策

今お付き合いしているけれどもどうもマンネリっぽい…。
このような悩みを抱えていませんか?

当サイトではなぜマンネリになってしまうのか、どう克服すればいいかについてまとめました。

出会ったときのときめきがなくなった、でも今の関係を続けたい、またラブラブだったころに戻りたいと思っている人は参考にしてみてくださいね。

2人の関係が微妙。これが当てはまったらマンネリかも…?

マンネリ化しているカップルのデート

なぜマンネリ化するのか、どう対策すればいいかを考える前にそもそもマンネリ化とはどのような状況を指すのかについてみていきます。

いくつかマンネリ化すると起こりがちな現象についてピックアップしました。

あてはまるものが多ければ多いほど、マンネリ化が進んでいて別れの恐れも高まります。

会う頻度が激減した

会う頻度が減少したら、マンネリ化のサイン。
出会ったころは時間があれば何度もあっていたでしょう。

そして別れ際が名残惜しいと思いませんでしたか?

ところがしばらく会わなくても、気にならなくなったのなら注意です。

相手のことが気にならなくなっていて、別れが秒読み状況になっているかもしれません。

会話やLINEの反応がそっけない

付き合いだしたころは、相手との会話もLINEのやり取りも楽しくて仕方がなかったでしょう。

しかしマンネリになってときめかなくなると、会話をするのも億劫になりがちです。

相手から送られてくるLINEの内容はいつもほとんど変わらないと、返信するのも面倒になります。

すると既読無視してしまいがち。

デートをしたときに会話が弾まないのも、マンネリ化の特徴です。

恋人といるときは楽しくて仕方なかったのが、面倒になってしまいます。
ほかのことを考えて、相手の話をスルーしてしまうことも起こりやすいです。

デート先がワンパターン

デート先がワンパターンになって、マンネリ化していることに気づくカップルは多いですね。

同じようなコースで同じようなことを毎回していると、さすがに飽きてしまいます。

デート先がだいたいいつも同じなのは、新鮮味がなくなっている証拠。

恋人に興味がなくなっていたり、慣れ合いを求めすぎて、デートプランを考えるのが面倒になってしまいます。

ワンパターンに加え、会話がなくなり、一緒にいるときもスマホをいじっている時間が長ければ要注意ですよ。

一緒にいても楽しくない・ドキドキしない

付き合いはじめのときには「明日はデートだ!」と思っただけで、わくわくするもの。
ところがデートをしても楽しくなくなったら、マンネリ化の兆候が出ていると思ったほうがいいです。

恋人と一緒にいても楽しくないことをきっかけに、別れを意識するカップルも多いようです。

ほかのデートしているカップルは楽しそうなのに、自分たちはなぜ…と疑問を抱きはじめます。

デートが面白くなくなったら、マンネリ化防止について真剣に考えるべきです。

相手の行動や言動にイライラすることが多い

マンネリ化したカップルの特徴として、相手の言動に対してイライラするのもしばしば指摘されます。

人間誰でも長所と短所がありますよね。
最初のうちは長所しか見えなかったのに、倦怠期に差し掛かると逆に短所が目につくようになります。

お互いに短所が気になると、フラストレーションがたまります。
それがお互いに爆発して、大げんかに発展することも。

これはマンネリ化した2人の関係にお互いが不満を抱えているから起こるものと考えましょう。

マンネリ化の原因

マンネリ化して悩んでいるカップル

上で紹介したマンネリ化の特徴に当てはまるものはありましたか?

「イエス」というのであれば、そもそもなぜマンネリになるのか、その原因を探りましょう。

マンネリ化するのにはいくつか理由がありますから、自分たちに照らし合わせて確認しましょう。

2人の間の出来事に新鮮さや刺激が減った

付き合いはじめのときは、何もかもがはじめてで新鮮な気持ちになったはず。

しかし長年交際を続けると、だんだんどういう展開が次に待っているか予想ができます。
相手がこれからどう考え、どう動くかも読めてしまいます。

すると一緒にいても新鮮味がなくなってしまいますよね。

パターン化することで飽きてしまって、一緒にいても楽しくなくなります。

そこから発展して、「このままこの関係を続けてもいいものなのか?」と迷い
が生じるかもしれません。

お互い受け身の姿勢になってしまった

付き合いはじめのころは、デートをするにも食事に出かけるのもいろいろと積極的にアイデアを出しませんでしたか?

しかし交際期間が長くなると、自分から意見を言わなくなるパターンは結構多いようですね。

最初のうちは「何か特別なことをしないと相手の心が離れてしまうのでは?」という不安があって、積極的になります。

しかし付き合いが長くなって、何もしなくても一緒に相手がいてくれれば受け身になってしまう人は多いです。

「今後のデートどこに行きたい?」「今日はどんなところで食事したい?」と聞かれたときに、「なんでもいい」と言うことが多くなったら要注意。

お互いが受け身になると、どんどん関係が悪化しますよ。

思いやりの気持ちが薄れている

付き合いたてのころは、相手のことをよく見ていませんでしたか?

そして相手がしてほしいことを先回りしたり、やりやすいように動いたりしたはずです。

しかし付き合いが長くなると、そこまで気を使わなくてもいいという気持ちになりがち。

相手に思いやりの心を持てなくなったら、マンネリ化が進行していると思ったほうがいいですよ。

隣にいるのが当たり前になって思いやりが持てなくなると、別れを切り出されるかもしれません。

マンネリ化したら別れるしかない…?

別れそうなカップル

マンネリ化して、相手に不満を抱いている、飽きてしまったら別れるしかないのでは、と思いがちです。

しかしマンネリカップルでも分かれずに、再びお互いを深く思えるような関係になれるかもしれません。

長くお付き合いをしていても、まだ付き合いだしたころのようにラブラブなカップルも一方では少なからずいますよね。

これはマンネリにならないようにお互いが努力しているからです。

もしマンネリ化している原因がはっきりしているのなら、原因を解消できるよう努力しましょう。
そうすれば、関係性が復活する可能性も大いにあります。

マンネリ化したときの上手な解消

仲直りして旅行に行くカップル

マンネリ化していると思っているのなら、どのように解消すればいいかについて以下にまとめました。

お互いに協力して克服するものもあれば、自分の努力次第の項目もあります。

いくつか紹介しますので、もし別れたくなければ、できるところから取り掛かってみてはいかがですか?

マンネリ化する前の予防としても有効ですよ。

個人の時間も大切にする

マンネリはある意味一緒の時間が長すぎたことで起きる現象ともいえます。

マンネリを感じているのにさらに合う頻度を増やせば、マンネリ感がよりいっそう強まるだけ。
だったら、いったん距離をとって一人の時間を楽しんでみるのもオススメですよ。

離れることによって、何か新しい発見ができることもあります。

一人で行動すると寂しくて、「やっぱりあの人がいると心強い」と相手の良さを再認識できるかもしれません。

しばらく離れて「会いたい」と思えるようになったら、また一緒に過ごせば新鮮な気持ちでお付き合いできますよ。

一緒にいる時間より2人でやれる趣味を見つけることが大切

2人で一緒に楽しめる趣味はありますか?
なければ、共通の趣味を見つけるのもマンネリ化防止に役立ちます。

共通の趣味があれば、その話をすると会話が弾まないこともなくなります。

また一緒に趣味に興じて上達していき、一緒に成長していく今までとは違った楽しみ方もできますよ。

スポーツでもレジャーでも何でも構いませんが、お互いの意見を反映するように気をつけましょうね。

行ったことのない場所にデートや旅行にでかける

マンネリ化の原因のひとつに、デートのワンパターン化が挙げられます。

今まで行ったことのないところに一緒に出掛ければ、マンネリ化対策できるかもしれません。

いつもとは違ったところに出かければ、新鮮味がありますし、新たな刺激を味わえます。

たとえばいつもよりもワンランク上のレストランにおしゃれをして出かけるのもいいでしょうし、今までやったことのないアウトドアに挑戦するなどがおすすめです。

【対策】そもそもマンネリ化しないためには

仲の良いカップル

マンネリ化せずにいつまでもラブラブな恋人もみられます。

このように長くお付き合いできているカップルを見ると、長続きするための努力を怠っていないことがわかります。

そこでここでは、具体的にどのようにすればマンネリ化を予防できるかについてまとめました。

好きな気持ちを言葉と行動で伝える

付き合いたてのころはお互いに「好き」とか「愛している」のような愛情表現をしていませんでしたか?

しかし付き合う期間が長くなると、愛情表現の回数も少なくなりがち。

もし愛情表現を口に出して近ごろ言っていなければ、思い切って相手に伝えることです。

2人の気持ちが再確認できれば、また気持ちが盛り上がって、マンネリ化を克服できるかもしれませんよ。

「ありがとう」を忘れない

何か相手にしてもらったときに「ありがとう」などの感謝の気持ちを伝えていますか?

マンネリ化して伝えるのが面倒と感じているのなら、感謝の気持ちを忘れずに伝えるように心がけましょう。

あなたが相手に何かしてあげたときに感謝の気持ちがなければ、「せっかくやってあげたのに…」とか「もう今度からはやってやらないぞ」と思いませんか?

感謝の気持ちを伝えることで、また何かあったときに手助けしてあげたいと思いやりの気持ちが持てます。

まとめ

マンネリ化は、お互いが当初のお付き合いをうまく進めるための努力を怠ることで起こります。

お互いがずっとそばにいるものだと安心してしまうとマンネリになりがち。

いつも一緒にいるのは当たり前と思わずに、常に努力することも時には必要です。

今まで行ったことのないようなデートコースを考えてみる、愛情や感謝の気持ちを言葉にする、一緒に楽しめる趣味を考えるなど能動的に動くことでマンネリ化を克服することも十分可能ですよ。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る