• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
男性が嫉妬するときってどんなとき?男心を知って上手に対応しよう

男性が嫉妬するときってどんなとき?男心を知って上手に対応しよう

男性は嫉妬しても、普段あまり出さないように気を付けている人も多くいます。

男性の嫉妬について深く知ることで、これまで以上に彼氏との関係がよくなるでしょう。

意外と傷つきやすい男性の心を理解しておくと、付き合ううえで参考になりますよ。

男性が嫉妬するときはどんなとき?好きな女性に対して嫉妬する場合

嫉妬する男性

男性が好きな女性に対して嫉妬するのはどんなときでしょうか。

男性の心は、女性の何気ない行動や言動で深く傷ついていることもあります。

男性のなかには嫉妬していることを言えない性格の人もいるので、男性がどんなときに嫉妬するか分かっていると付き合いもスムーズにいくでしょう。

ほかの男性と話している

好きな女性がほかの男性と話をしているだけでも気になるのが、男性心理です。

やたら長時間話をしていたり、好きな女性が楽しそうにしていると嫉妬心は高まります。

ほかの男性とふたりで話しているときだけでなく、男性の割合が多いグループで楽しそうにしているのも気になって仕方がないのが男心。

好きな女性がほかの男性を好きになる、恋のライバルが増えるなど、さまざまな悪い想像をしてしまうのです。

ほかの男性を下の名前で呼んでいる

女性がほかの男性の名前を下の名前で呼ぶと、その男性とのなかに疑惑を持ち嫉妬されることもあります。

人との距離が近いタイプの女性は、男性を下の名前で呼んだり、あだ名をつけたりします。
たとえそのような性格でも、男性は嫉妬してしまうものです。

とくに自分には苗字で呼ぶのに、ほかの男性が名前で呼ばれていると、比較して嫉妬することもあります。
プライドがあるので、その嫉妬心は表面に出さない人が多いです。

ほかの男性を褒める

ほかの男性を褒めるのは、とくに嫉妬しやすいものです。

仕事や趣味で自分がある程度自負と誇りを持っていることについてほかの男性を褒めると、とくに嫉妬してしまいます。

また、自分がコンプレックスに思っていることを嫉妬する場合もあります。
たとえば背が低いというコンプレックスのある男性は、背の高いスタイルのいい人が褒められているとコンプレックスを感じやすいです。

ほかの男性と遊びに行く

好きな女性がほかの男性と遊びに行ったら、当然嫉妬するでしょう。

その相手に恋愛感情がまったくなかったとしても、あなたがその男性を好意的に思っていることに嫉妬します
さらに、その男性が一般的に誰もが認める素敵な男性だと嫉妬します。

男性が多い飲み会に参加する

男性は好きな女性が男性が多い飲み会に参加すると、嫉妬しやすいです。

一緒に飲む男性の中でに酒癖の悪い人がいるかもしれない、彼女も飲み過ぎてはじけてしまったらどうしよう…。
嫉妬もありますが、どちらかというと心配のほうが大きいです。

この場合は嫉妬や心配をさせないように、女性側もあまり飲まない、適度に連絡を入れるというような配慮をするとよいでしょう。

ほかの男性と連絡を頻繁に取っている

ほかの男性と頻繁に連絡を取っていたら、それがたとえ友達の関係だとしても嫉妬してしまうのは当然のこと。

もしかすると、LINEの内容や電話の内容はたいしたことではないかもしれません。
でも、嫌なのは頻繁に連絡しているということ。
自分が一緒にいない時間を、ほかの男性とやり取りしているということが嫌なのです。

彼との関係がぎくしゃくしたくないのであれば、頻繁に連絡するというのは考えた方がいいでしょう。

男が嫉妬するのはとんなとき?その他の場合

嫉妬する男性

男性が恋愛絡み以外でする嫉妬について見ていきましょう。

男性の場合「できる女性」に対しても嫉妬を抱くことがあるようです。
男性が嫉妬する理由を知ると、男性に対して居心地のよい女性になれるでしょう。

自分よりイケメンの男性がいる

男性でも、イケメンの存在は気になります。
一般的にイケメンというのは黙っていても女性が集まりやすいですし、イケメンだから許されることもあるでしょう。

何かにつけ優遇されるイケメンに、嫉妬してしまうこともあるようです。

男女問わず自分より評価されている

男性が嫉妬してしまうのが、能力があって評価されている人です。
相手が女性でも、能力があり周りから評価の高い人に対して嫉妬してしまうこともあるのです。

嫉妬する内容は多岐にわたり、仕事やスポーツ、趣味などでこのような嫉妬を抱きやすいようです。

嫉妬をバネにして、自分の能力を伸ばすことができればいいですね。

男女問わず自分より収入が高い

自分より収入が高い相手に嫉妬してしまうのはよくあることです。

収入が多いということは、好きなこともできますし、欲しいものもちゅうちょなく購入できます。
生き方そのものに自由度が高く、楽しそうでうらやましくなりますね。

そのため収入が多い人に対して嫉妬をしてしまう、というのはよくあることです。

男女問わず自分より詳しい知識がある

自分より詳しい知識がある人に嫉妬してしまうこともよくあることです。
知識において男女は関係ありませんから、女性に嫉妬してしまうこともあります。

例をあげると、パソコンの使い方が詳しい人は一目置かれることもあり、嫉妬してしまうのです。
仕事で欠かせないため、皆から頼りにされるという意味でも嫉妬してしまいます。

嫉妬されたときは相手のことも気遣う言葉をかけてあげよう

嫉妬する男性嫉妬というと恋愛がらみと思ってしまうのですが、実際はそれだけではありません。
容姿や能力、収入など・・・あらゆる面で嫉妬は渦巻いています。

恋愛絡みの嫉妬は恋人同士ではよくあること。
ほかの異性の話をしたり、褒めたりすれば気持ちがよくないのは当然です。

付き合う際に少しの嫉妬は必要ですが、度が過ぎる嫉妬はケンカや別れの原因になることもあります。
嫉妬させるのは、ほどよいスパイス程度にしておきましょう。

もし「嫉妬されている」と感じたら、相手を気遣う言葉をかけることが大切です。
相手が嫉妬する必要がないとわかってもらえるように、フォローしましょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る