• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
大人の恋愛は距離感がポイント!適度な距離感の保ち方を紹介

大人の恋愛は距離感がポイント!適度な距離感の保ち方を紹介

大人の恋愛において意識するとよいのが相手との距離感です。
今では自立した女性も多いので、男性も女性も考え方が変わってきています。

ここで一度大人の恋愛の距離感はどうなっているのかを見直してみましょう。

実は難しい「ちょうどいい距離感」

仲の良いカップル

人とのお付き合いで距離感は重要です。
しかしちょうどよい距離感は人によって異なるので、相手に合わせてほどよい距離感を察して動くのはとても難しいものです。

この距離感をつかむためにはいろんな人生経験や察する能力が必要になり、簡単に培えるものではありません。

それでも相手との距離を意識していると、少しずつ感覚がつかめてきます。
相手を尊重しつつお互いにとって一緒にいても苦にならない距離感をつかめるようになりましょう。

大人の恋愛は距離感が大事

精神的に大人になりきれていない学生のうちの恋愛は、ひたすらに距離を詰めることが多いです。

しかし、精神的に習熟して社会人としても自立できるようになると、学生のころの恋愛と比べ男女のあいだに距離感が生まれやすくなります。

学生のうちは恋愛の比重がとっても高かったという人でも、大人の恋愛になれば仕事や友人関係、趣味などの時間の比重が増え、恋愛以外にも体力や時間を使うようになるのです。

つまり、お互いが自立して依存しない関係が大人の恋愛といえるでしょう。

依存度が高い恋愛をしていると相手に負担をかけることもあるため、お互いの距離感を大切にするとよいですね。

ほどよい距離感の保ち方

仲の良いカップル

具体的にほどよい距離感を保つためにはどうしたらよいでしょうか。

距離が近すぎても遠すぎても問題ということをふまえ、どうしたらよいのかを見ていきましょう。

距離は置きすぎない

大人の恋愛は、お互いに依存しすぎない距離感が出てくるもの。

とはいえ、相手が来てくれるのをひたすら待つスタイルになってしまうと、距離がど
んどん開いていく可能性があるので注意が必要です。

お互いのプライベートを尊重し、依存し過ぎないことも大事ですが、カップルの関係性を続けていくなら、ある程度の積極性は必要です。

相手に任せすぎるのではなく、たまには自分から甘えたり、デートに誘ったりして、距離を置きすぎないようにしましょう。

少しずつ距離を縮める

まだ相手との信頼関係ができていないうちに、ぐっと近づくと、相手は自分の時間や空間を侵されたような気がして、警戒心を持ってしまいます。

あまり付き合って時間が経過していないという人は相手の反応を確かめつつ少しずつ体と心の距離感をつめるようにしてください。

付き合う前の距離感を覚えておく

付き合いはじめるとテンションが上がって一気に距離感を縮めようとする人が多いのですが、これはあまりおすすめできません。

大切なのは付き合う前も付き合ってからも大きくスタンスを変えないこと。
付き合う前の距離感を理解して、少しずつ狭めていくのが正攻法です。

無理せずお互いのペースで、ゆっくりと関係を深めていきましょう。

弱さを見せすぎない

相手に弱さを見せるのは相手を信頼している証ですが、相手に頼りすぎてしまうと依存につながります。

若い頃の恋愛は、お互いの弱みをみせることが多かったという人もいるでしょう。

しかし、大人の恋愛はあくまでもお互いがしっかりとした自立関係のもとに成り立っています。
適度な距離感を保ち、お互いのプライベートな部分を尊重することが、長く付き合うためのコツなのです。

そのため、自分の弱みや隠しておきたい部分は、素直に見せすぎないほうが良い、という意見もあります。

相手を縛りすぎない

ほどよい距離感をたもつには束縛しないことが重要です。

SNSで定期的に連絡する程度なら問題ありませんが、「どこで何をしていたのか」「一体誰に会っていたのか」などと詰問するようになってしまっていたら、気を付けましょう。

隙間時間があればSNSを更新する人と、ほとんどSNSは使わない人がお付き合いすると、意識のズレが生じやすいです。

SNSをほとんど使わない人にとっては、頻繁に入るLINEがうるさく感じ、既読スルーや未読スルーが増える可能性もあります。

大人の恋愛は程よい距離感を保つほうが長続きするので、SNSを通して束縛しすぎないことが大切です。

依存しすぎず依存させない

大人の関係にとって重要なのは、お互いが自立した関係でほどよい距離感を保つことです。

「彼が何をしているのか気になって仕方がない」「いつも一緒にいないと不安になる」とか「彼が自分のことを本当に大切に思っているのか気になって仕方がない」といった気持ちが芽生えている人は、彼氏に依存する傾向があるかも。

恋愛以外で夢中になれることを見つけ、彼氏だけに集中しすぎないよう注意しましょう。

体の距離感と心の距離感は混同させないようにしよう

距離感には体と心、それぞれの距離感があります。

片方が無理矢理距離感をつめてしまっている場合は、身体の距離感は近くても、心の距離感は遠い状態にあるかもしれません。
あえて距離を保っているけど心では通じ合っている、というケースもあります。

心と体の距離感は、片方が近くても釣り合っているとは限らないのです。

身体の距離感は目に見えますが、心の距離感は目に見えないからこそつかみにくいので、距離の詰め方には注意しましょう。

大人の恋愛は進め方を考えて

仲の良いカップル

大人の恋愛は進め方をよく考えて行動しないといけません。
学生の頃の恋愛とちがい、大人の恋愛はひたすら距離感をつめればいいというものではないのです。

好きな人とのちょうどよい距離感をつかむには、相手の表情や態度に気を付けながら模索するとよいでしょう。

恋愛で大事なのは、身体よりも心の距離感なので関係性や信頼度、そして付き合いの長さや理解度から少しずつつめていくようにしてください。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る