• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
【大人の恋愛事情】カップルの男性との連絡やLINE、デートをする頻度は?

【大人の恋愛事情】カップルの男性との連絡やLINE、デートをする頻度は?

結婚をする年齢は、25歳くらいが一般的ともいわれています。

しかし近年では、晩婚化が進んでいて、40代や50代で結婚をする人も珍しくありません。

年齢に左右されず、自由な恋愛を楽しむ大人たちも多いです。
今回は、大人の恋愛事情や連絡頻度などについて紹介していきます。

大人だからこその、余裕のある駆け引きを楽しんでください。

大人の恋愛とは

さまざまな場所で、「大人の恋愛」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかし、大人の恋愛と言葉だけ聞いても、漠然としたイメージしか沸いてこない人も多いです。
大人の恋愛が、どのような特徴を持っているのか見ていきましょう。

大人の恋愛の進め方

大人の恋愛の進め方として、相手に依存しない特徴があります。

若い世代であれば「好き」という感情が先走るときもあるでしょう。
年齢を重ねた人でも、心当たりがあるのではないでしょうか。

どんなときであっても、恋人がいてくれれば壁を乗り越えられると信じていた人も多いはずです。

たしかに恋人とのつながりは大切ですが、それだけでは生きていけません。

お互いに自立しているか、相手に依存していないか、相手を尊重していられるか、これらをクリアしてこそ大人の恋愛といえるのではないでしょうか。

彼氏との連絡頻度が少ないと不安になる女性が多いが…

彼氏との連絡頻度が少ないと、不安になる女性も多いでしょう。

数ヶ月連絡がないならともかく、数日から数週間で慌てているのであれば、大人の恋愛をしているとはいえません。

30代以降になれば、男女問わず責任ある立場を任されることもあるでしょう。

仕事よりも恋人を優先する人が「大人」だと思いますか?
仕事と恋人、両方大切でも優先すべきは仕事ではないでしょうか。

どちらかを迫られたときに、仕事を選べる人は大人として認識されています。
ただ恋人の緊急時は、仕事よりも恋人を選ぶべきです。

付き合いはじめで連絡が少ないときはある?

付き合いはじめなのに、連絡が少ないという人もいるでしょう。
すべての人が交際開始はラブラブというわけではありません。

むしろ、連絡を頻繁にするだけで愛情の深さは計り知れないのです。

連絡が少ないから「愛されていない」という考えをもつのは、大人としてはありえません。
ある程度の年齢を重ねているからこそ、自分の立場や相手の立場のことも考えないといけないからです。

大人の恋愛はどうなってる?年代別の連絡頻度

彼氏からの連絡をチェックする女性

大人の恋愛をしている人たちは、どのくらいの頻度で連絡を取り合っているのでしょうか。

調べてみると、年代によって大きな違いがあるとわかりました。
こちらでは、30代から50代までの、各年代ごとの連絡頻度について見ていきましょう。

30代の恋人との連絡頻度

30代の恋人同士では、毎日連絡したいと考える人は50%前後です。
働き盛りなので、毎日の連絡は難しくなります。

これまでは、育てられていた側だったとしても、責任ある立場になり、部下を育てる側に回らないといけないからです。

職種にもよりますが、1週間に2回から3回程度はやり取りをしている人が多いでしょう。
ただ、30代といっても前半と後半で考えは大きく変わる傾向があります。

40代の恋人との連絡頻度

40代の恋人同士になれば、連絡頻度はガクンと減ります。
お互いの状況によって、返信頻度は変わってくるようです。

仕事が忙しいときであれば、1ヶ月以上連絡がないことも珍しくありません。

一度連絡を取り合ってしまうと、仕事の集中モードが切れてしまいます。
仕事に影響を与えないよう、男性側から連絡を絶つ傾向があるようです。

いっぽうで、仕事が忙しくない場合は、できる限り返信をしたいと考えます。
そのため状況次第になりますが、1日に2回や3回のやり取りをする人も珍しくありません。

連絡が途切れることも多いことから、連絡を取り合っている間は比較的返信頻度が高い特徴もあります。

50代の恋人との連絡頻度

50代の恋人同士であれば、お互いに余裕のある付き合い方ができる年齢です。

そのため、連絡頻度だけにこだわらない考えをもつ人が多くいます。
むしろ、連絡頻度よりも会う頻度を高めたいと考える人が多いです。

連絡よりも会う方を選ぶため、連絡頻度自体は決して高くありません。
どちらかといえば少ない部類に入るでしょう。

大人の恋愛ではデートの頻度はどれくらい?

仲の良い大人のカップル

大人の恋愛では、デートの頻度はどのくらいを考えていればいいのでしょうか。
連絡頻度でも同じことですが、回数=大人ではありません。

その人たちにとっての適した頻度は変わってきます。
目安程度の回数はありますが、数だけにこだわりすぎて大切なことを見落とさないようにしましょう。

30代のカップルのデートの頻度

30代のカップルのデート頻度については、比較的多い方と考えられます。
30代前半の場合は、20代とあまり変わらない感覚を持っている人が多いです。

ただ30代後半になると、仕事が忙しくなる人もいて、デート頻度が少なくなる場合もあります。

40代のカップルのデートの頻度

40代のカップルのデート頻度は、あまり多いとはいえません。若い世代であれば、毎日でもデートしたいと考えるのでしょうが、40代になるとデートの回数は多くなくても構わないという考えの人が多いです。

ただ、会いたくても仕事が忙しくて会えないというケースも多いでしょう。
40代のカップルが求める理想のデート頻度は、1週間に1回くらいといわれています。

50代のカップルのデートの頻度

50代カップルの場合、デート頻度は1週間に1回くらいだといわれています。

多すぎず少なすぎずの頻度で、適度な距離を保ち続けているようです。
その理由として、年齢を重ねているからこそ、デートの費用も高額になりがちなことがあげられます。

ある意味、お互いの負担を減らすための策といってもいいでしょう。

連絡頻度が合わないときの考え方

彼氏が連絡してくれなくて寂しい女性

連絡したくても、なかなかお互いの都合が合わないこともあるでしょう。
そんなときは、どのような考え方をすればいいのでしょうか。

連絡が取れないと、寂しさや悲しさで気持ちが沈んでしまいますよね。
そうならないために、どんな考え方を持てばいいか見ていきましょう。

相手に期待しすぎない

連絡頻度が合わないときは「相手に期待しすぎない」ことが大切です。

期待しすぎないという言葉だけを聞くと、あまりよい意味に聞こえませんよね。

しかし、これは悪い意味ではないのです。
たとえば、昼に連絡をして、夜に返事がくるかもしれないと期待する人もいるでしょう。

相手の仕事の状況によっては、当日に返事ができない場合もあるのです。

そのため、返事を過剰に期待しすぎずに、のんびり待つような感覚をもちましょう。

返事を催促すると、相手を追い詰める可能性があります。
相手にも都合があるのだと、自分の心に言い聞かせてください。

勝手に判断せず話し合うことも大切

連絡頻度が合わないからといって、勝手に自分で自己完結しないようにしましょう。

悪い考えが頭をよぎると「そうかもしれない」ことが「いや、そうなんだ」と断定しがちです。
自分だけの判断で決めても、なにも解決しません。

自分の思い込みだけで判断せずに、相手と話し合うことを考えましょう。
お互いに本音で話し合うことで、相手の言い分をしっかり聞けます。

連絡頻度はカップルによってまちまち。急いで判断しないように

大人の恋愛事情や、連絡頻度についてご紹介しました。
連絡頻度に関する悩みは、どのカップルでもあるものです。

カップルによって適切な連絡頻度などが異なります。

連絡頻度やデート頻度が少ないからといって「愛されていない」と考えるのは止めましょう。
それだけで愛情をはかることはできません。

もしも連絡頻度が少なくて寂しいのであれば、しっかり言葉にして伝えましょう。

話し合わないうちから「愛されていない」と考えるのは、相手のことを信じていないことになるので注意してくださいね。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る