• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:仕事に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
失恋したときこそ自分磨きのチャンス!外見と内面の磨き方10選!

失恋したときこそ自分磨きのチャンス!外見と内面の磨き方10選!

みなさま、こんにちは。
いい女.bot(いいおんなぼっと)です。
私は2013年に自身のTwitterが書籍化し、そこから作家、ライターとして活動しています。
処女作「いい女.book」は10万部を突破し、毎年いい女になれる手帳「いい女.diary」も発売しております。

さて今回は、「失恋したときの自分磨き」について書かせていただきます。
失恋中って苦しいし孤独感に苛まれます。
私も失恋したことがあるからわかります。
20代半ばは徐々に結婚する友達が出てきて、頑張っている自分が置いてけぼりの気分になったり、長く付き合っていて結婚間近だったのに別れてしまったり、いろんなことを決めたいからこそ焦り悩む年頃ですよね。

でも、焦っているときほど自分を見つめ直すチャンス。
自分がなぜだか「ヤバイ」と思っているときは、動かず見つめ直せというサインです。

自分を見つめ直し、軌道修正する「内面の自分磨き」、そして気分の切り替え方や気分が上がる「外見の自分磨き」についてご紹介します。
さらに、私は自分の経験談を書くことがほとんどないのですが、この記事では自分のエピソードも合わせて描いてみたいと思います。

失恋したときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。

失恋期間にだけできる!内面から自分磨きする方法5選!

瞑想する女性

失恋したら、みなさんどんな行動をとっていますか?
失恋中にしかできない自分磨きというものも、あるのです。
悲しいときにはぜひ、悲しい時間を生かして自分磨きしてみましょう。

内面磨き(1)自分が本当に好きなものを見直す

失恋中にしかできない自分磨きと言いましたが、悲しいときにしかわからないものは
「どんなときが幸せか」ということ。

意外とこれが明確な人って、少ないんですよね。

今までの人生を思い返して、自分の傾向性を測れるいい時間です。
楽しいときは、なんでも楽しいものですよ。
でも、悲しいときにこそ「自分の譲れないもの」っていうのが明確になります。

失意に暮れていると自分の価値観がブレてしまうので、自分が人生でどんなことを幸福に思ったかを書き出して、そこから自分が根本的に求めるものを知っていきましょう。

女子は愛される方が、幸せなんて言いますが十人十色。
追われるのが幸せと思っていたけど自分には合っていなかったのかも?と、見直せるのはこの期間しかありません。
自分が仕事で結果を出したときが幸せだという人は、無理に結婚したりしても不幸になってしまう可能性もあります。
自分の心が喜ぶのは、どんなときか、悲しかったときはどんなときか、ゆっくり見直すことが大切です。

好きなことを見直すことで、自分の喜ばせ方をわかるはずです。
自分はどんなことで喜ぶのか理解していれば、悲しんでいるとき、自分自身を上手に元気づけてあげることができるわけです。

内面磨き(2)「静」な自分をもつ

頑張り屋さんな女性は「動く」ことに、長けている人が多くいます。
積極的に人と会ったり、悩んだら先輩に相談したり、既婚の友達にアドバイスをもらったり。

私の友達は、失恋後すぐに婚活アプリに登録して婚活パーティーにもいっぱい出て、そんな風に動きまくるのが得意な人は多くいるけど、ふとしたときに、どっと苦しくなることがあるそうです。

そう、なにごとにも反動があるので、悲しいときに動きまくるのではなく、じっくり考えたり、何もしない時間をしっかりとったりして、落ち着いた自分になる練習をしてみましょう。

もがいたら、さらに沈むからもがかない!
悲しみを紛らわすのではなく、一度ちゃんと悲しむことでしっかり前に進めます。

静かに自分を見つめることで、動いたことによる反動や心のアップダウンを沈めて、穏やかに前に進めるはずです。

内面磨き(3)いろんな人に会いすぎない

窓辺で黄昏る女性

一般的に、「いろんな人に意見を求める方がいい」と言われることも多いと思いますが私はそんなことないかなと思う派なんです。

私もそうしたこともありましたが、自分がブレてるときにいろんな意見を聞いても、どれを参考にしたらいいかわからなくなってしまいます。

失恋をきっかけに、いろんなことを試してみるといいと思います。
今までいろんな人に相談をしていた人は、自分の考えの近い人だけに相談する方法を取ってみましょう。

本を読んでみて、自分がリスペクトできる考え方を探してみるのはおすすめです。
悩んでいるときにしか心に刺さらない言葉もありますから、自分が求めていることに敏感でいるために、取り入れるものを制限して新しい自分を見つめていきましょう。

内面磨き(4)心理学的に有効な心の満たし方

失恋したときには、まず自信を取り戻すことが大切。
いい方法とされているのが、いまの環境をまず幸せに感じること。
これで心が癒されることが、わかっています。

具体的には、「もしあのときこれができていなかったら」ということを考えることだと言われています。

これは、悲しんでいるときだからこそできる自分磨き。
失恋がきっかけで、行える自分の内面磨きです。
悲しみをゼロまで下げた後に、自信をつけるのはプラスαの自分磨きです。

もし、この仕事ができていなかったら…。
もし、あのときあの体験ができていなかったら…。
もし、この両親でなかったら…。
などなど、いまの状況をよかったと思い直すこと、そして書き出すことで、幸福度が上がるとわかっています。

日々、あまり紙に文章を書く時間を設けていなかった人は、気分が上がるようなカフェに出向いて、日記のような感じでペンで紙に自分の気持ちを書き起こしてみるのも、心をゆっくり満たしていくいいきっかけになるはずです。

内面磨き(5)好きな作品を探してみる

失恋後は、感受性が豊かになっています。
そんなときに素晴らしい映画や音楽などを、自分のなかに入れるのも素敵な自分磨きになります。

泣ける感動作に触れて泣いてもストレス発散になるし、自分よりもはちゃめちゃな人生を歩んでいる人の物語を見ても少し安心できるはず。

うまくいくときもあれば、うまくいかないときもある。
そうと思ったら、心が元気になってきている証拠です。

失恋後はまず、気分のマイナスをゼロにして、自分をフラットにすることから始めてみましょう。
辛いのは自分が悪いのでも、相手が悪いのでもありません。
どこか、自分に合っていなかったからです。
ナチュラルに自分の良さを発揮するためには、まずナチュラルな精神状態であることが大切。
自分磨きとは、自分をプラスにするだけでなく、フラットな自分にすることでもあるはず。
悲しいなかでわかる自分を発見できると、どんな悲しさもプラスに使っていくことができるのです。

外見から自分磨き4選!

ネイルで自分磨き

内面をフラットに磨いたあとは、外見から自分を変えていきましょう。

無意識に選んでいるものを少しずつ変化させることで、自然と新しい自分になれます。

ワクワクしたいなと思ったタイミングで、一気に外から自分を磨きましょう!

外見磨き(1)明るい色の服を着る

自分が何気なく選ぶものには、心境が無意識に現れます。
いつもの習慣で選んでいたものを変化させることによって、気持ちを変化させることができるのです。

簡単にできるもののひとつとして、「色」があります。
私は失恋したとき、無意識に紺ばかり選んでいることがありました。

あとで色についての心理学を学ぶと、「自分を落ち着かせたい、冷静でいたいという気持ち」が色に現れていました。
色には、さまざまな意味があるんですよね。

失恋したときは、明るい色の服を着て心を晴れやかにしてみましょう。
淡いピンクとかオレンジや黄色など、明るいものを取り入れることで心も少しずつ変化していくはず。
ネイルの色を変えるだけでも、気分が変わってきます。
私はパソコンに向かって仕事をすることが多いので、優しい文章が書けるようにピンク色にしていますし、失恋したときにはボルドー色にして気分転換しました。

落ち着いた色ばかり選んでいた人は、意識的に色を変えてると気分も変化していきます。

外見磨き(2)髪型を変える

人って、鏡の自分を見ているとき、自然と可愛い顔、かっこいい顔になるそうです。
私の友達を見ていても、鏡を見ているときいつもキメ顔だなぁなんて思っていたのですが、みんなその傾向があるそうです。

だから、鏡で見ている自分がいちばん可愛いし、さらに新しい自分を発見できると鏡を見るたびに自信をつけることだってできます。

髪型を変えると、鏡を見る時間も増えます。
挑戦したかった髪型にチャレンジしてみると、鏡から新たな自分を発見できるはず。

自分磨きの時期には、いろんなものを一気に変化させましょう!

外見磨き(3)身体を動かす

失恋したとき、塞ぎ込んだり外出が減ったりしてしまうことがありますよね。
運動して痩せたり、健康的になったりすることで、いいことは山ほどあるんです。

運動することで、ネガティブな感情を解消することができます。

気分を変えたいときこそ、軽く運動をしてみましょう。
運動は自分を美しくしてくれるだけではなく、上手にストレス発散できるのです。

外見磨き(4)メイク用品を変える

メイクグッズを買ったり、自分のご褒美にエステに行ったりするのも気分が上がって、とてもいいですよね。

もしメイク用品を買うなら、リップがオススメ。
とくに、唇の血色がよく見えるものが良いですよ。

男性と女性では、女性の顔の見ている部分が違います。
男性は、10秒あれば5秒間は唇をみていると言われるんですよ。
さらに血色のいい赤やピンクにすると、なんと10秒のうち7秒も唇に目がいくそう。
次の恋が、始まるかもしれません。

そう思うと、リップ選びもさらに余念がなくなりますね!
気分が上がるご褒美を決めると、それだけで気分が上がります。

自分磨きで人生が変わったエピソード

自分磨きで明るくなった女性

今回は失恋したときの自分磨きについて書いてきましたが、自分を磨きたいときって、やっぱり落ち込んだタイミングだと改めて思い返します。
たくさん失恋もして、その度に自分を磨いて、もちろんまだ途中ですが、昔と比べてこんな変化がありました。

エピソード(1)気持ちが焦らない

これまで紹介してきた自分磨きは、すべて私が実践してきたことです。
それらを実践した私の変化としては、以前より気持ちが焦らなくなったってことです。

幸せな最中とか、遊んでいる最中では全く焦らないものですが、それが破綻してしまったとき、一気に焦りが押し寄せます。

でも、自分を見つめ直す時間をとることで、ほんとうの自分が見えてきます。

私も大きな失恋をしたことがありましたが、そのときの経験があるからこそ自分を見つめる時間が大切だと気づきました。

「もしいま悩んでいる人は、何か気づかなきゃいけないから悩んでいるんだ!」と、発想の転換をしてみると、必要な答えが発見できると思います。

エピソード(2)妥協して恋愛しないこと

私が失恋から「気づかなきゃいけなかったとこ」は、妥協しないことでした。
内面磨きの部分でも書きましたが、譲れないものがこの時に明確になりました。

世間で言われる、「追われる方が幸せ」とか、「妥協してまあまあな人と付き合うという方法」は全く自分に合ってないと再確認しました。

これに関しては、答えが人それぞれなのでふんわりした文章になってしまいましたが、
「私はこれが幸せ」と自信を持って言えることが本当に大切なこと。

世間の意見は色々あるけど、自分自身の幸せは自分で見つけていくしかありません。
本当にリスペクトできる人を好きでいたいと、失恋を通して思いました。

だからこそ、仕事でも本当に好きなものだけにしようと改めて思い直し、自分がブレていたことにも気づきました。

もっと器用な自分だと思っていたけれど、全然そんなことなかった。だからこそ、いまの自分に正直にいきていこうと、自分を再発見した気持ちでした。

まとめ:失恋は成長するきっかけ

解放された女性

さて、「失恋をきっかけとする自分磨き」について書いてきましたが、いかがだったでしょうか。

失恋したときこそ、自分を見つめ直し、自分を磨き成長させるきっかけになります。
元気なときには気づかなかったことに、気づけるのです。

失恋を悲しい出来事ととらえず、自分をもっと素敵にするチャンスだととらえてみてください。

ザクっと食感とナッツの香ばしさ♪「ザクシュー」は五感の癒し♡
ザクっと食感とナッツの香ばしさ♪「ザクシュー」は五感の癒し♡
失恋してハエ以下のやけ酒をしたら、婚活炎上の地サイゼリヤで命拾いをした話
失恋してハエ以下のやけ酒をしたら、婚活炎上の地サイゼリヤで命拾いをした話
ページTOPに戻る