• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
失恋して精神崩壊・・・不調からウツにならないために

失恋して精神崩壊・・・不調からウツにならないために

失恋は。私たちに想像以上のダメージを与えます。

仕事が手につかなくなったり、食事ができなくなったり、うつ病を発症したり、自殺を選んでしまったりなど人間らしい生活を送るのが困難になってしまうような方もいます。

ここでは、失恋して精神崩壊してしまう方々をこれ以上増やさないために、失恋した際に起こりうる症状や効果的な対処法などをまとめました。

失恋してからおかしい・・・精神崩壊の症状とは?

失恋して悲しむ女性

失恋は、知らないうちに心をむしばんでいきます。

自覚症状があるのなら対処のしようがありますが、まったく自覚症状がないのであれば、防ぐことは難しいです。

そこで、失恋した方に知っておいてほしい重症化しうる、失恋後に起こる精神崩壊の症状を紹介します。

自分は全然問題ないと思っている人も、しっかりとチェックして、自分に当てはまるかを確認してみてください。

眠れない

失恋した方の中で多く現れる辛い症状が、眠れないことです。

眠れない原因としていろいろと考えられるが、多い理由として挙げられるのが、失恋した事実を受け止められないことです。

失恋したことを受け止められないでいると、夜にベッドに入った後でも悶々と考えてしまい、なかなか眠れません。

失恋した原因が、自分だけにあるように思ってしまう場合などは、意味のない後悔や反省をしてしまい、余計に眠れなくなる症状が悪化しやすくなっております。

仕事でミスをしてしまう

失恋した方は、頻繁に仕事でミスをしてしまうケースも少なくありません。

普段の生活では、ありえないような初歩的なミスを繰り返したり、仕事をしているときに集中できないような場合には、失恋したショックを引きずっている可能性が高くなってしまいます。

付き合っていたパートナーや片思いしていた相手を不意に思い出してしまい、集中力が削がれてしまうことが原因でミスが多くなっていくのです。

人と普通に話せない

失恋した後に、人と普通に話すことが出来なかったり、話すのが面倒だと思ってしまう症状が、現れるケースがあります。

そういった場合には、失恋のショックが人と話す活力を奪ってしまっている可能性があります。

失恋の内容を人に話すことで心の折り合いをつけていく方が多い中で、人と話せないような症状が現れてしまう場合には、失恋のショックを長い間引きずってしまう可能性が高いです。

何もする気が起きない

失恋のショックで、なにもする気が起きないことは、よくある話です。

恋愛は人生にハリをもたらします。
とくに相手への気持ちが、強く依存している部分が多いような場合には、何もする気が起きなくなりやすいと言われています。

恋愛のほかに趣味や仕事など没頭できるものがある方の場合には、こういった症状が発症するリスクは少ないのですが、相手を生きがいにしていた方は、燃え尽き症候群のようになってしまうのです。

動悸がする

失恋後に、何もしていないのに動悸がするようなケースがあります。

これは、忙しい仕事中にはあまり現れずに自宅に帰って一人になると急に動悸がするような方に、多い傾向があります。

一人になると失恋のショックを思い出してしまい、心が体に異変をもたらしているのです。

代わりのもので気持ちを埋めようとする

失恋したショックが酷い場合には、その失恋のショックをほかのもので補おうとする気持ちになる人が多いです。

たとえばほかの人を好きになったり、恋愛中は遠慮していた一人旅やボルタリングなどの趣味に走ったり、代わりのもので気持ちの穴を埋めようとする傾向があります。

精神的に余裕がない状態での行動になりますので、失敗するリスクが高く、余計に傷跡を大きくしてしまうリスクもあります。

失恋うつの可能性も⁉4つの症状

失恋うつの女性

失恋後にうつになってしまう方は、失恋後にどのような心境や症状が現れているのでしょうか?

うつ病は自分ではわからないうちに深刻化してしまいますので、うつ病になっている可能性のある4つの症状を紹介します。

当てはまる症状がないか、しっかりと確認してください。

別れの前後のことばかり考えてしまう

失恋うつの可能性が高い症状として挙げられるのが、別れの前後のことばかり考えてしまうといったケースです。

別れはもちろん後悔があるかもしれません。

当然ながら反省も大事ですし、まったく考えないのは人間として難しいかも知れませんが、寝ても覚めても別れの前後のことばかり考えてしまうという状況は、少し異常だと言えます。

電車に乗っていたり、仕事中など少しぼーっとしてしまう時間に、気が付いたら別れの前後のことばかり考えてしまっているようなら失恋うつの可能性があります。

別れのことから一切目を背ける

別れのことから一切目を背けるというのも、実は失恋うつの可能性が高い症状のひとつです。

失恋を忘れて次に向かって進むことは、別れを引きずらない方法として有名ですが、あまりにすんなり行くような場合には注意が必要になります。

失恋といった大きなダメージを心の奥底にしまい込まなければ、日常生活を送ることが難しいような状況の場合には、問題を一切解決できておりませんので、失恋うつを発症してしまう可能性が高くなります。

心身ともにすべてに敏感になってしまう

心身ともにすべてに敏感になってしまうのも失恋うつの症状のひとつになります。

少し動いただけで疲れてしまったり、テレビや漫画などですぐに涙が出てしまうような症状は、失恋うつになりやすい状況のひとつです。

そういった状況の場合には、疲れがたまりやすくなっているので、失恋うつ以外の病気も発症するリスクが高まるので要注意です。

睡眠障害が起こる

失恋後に、仕事や運動などをしてクタクタなはずなのになかなか寝付けなかったり、眠ったとしても眠りが浅くて疲れが取れないような症状は、典型的な失恋うつになりかけの症状になります。

失恋した相手が夢にたびたび出てきたり、起きたら涙の跡があるような場合も同じく失恋うつになりかけの状況なので注意が必要になります。

失恋うつになりやすいタイプの人

失恋うつは、なりやすい人もいれば、全然ならない人もいます。
それは付き合った長さであったり、気持ちの強さとは違い元々の性分が関係しているケースもあります。

こちらでは、失恋うつになりやすいタイプの方の特徴を厳選して2つ紹介します。

恋愛以外の物事が見えなくなるタイプ

恋愛以外の物事が見えなくなるタイプは、とくに失恋うつになりやすいと言われております。

恋愛以外の物事が見えなくなるタイプは、愛情深く恋愛中には浮気もせずにパートナーを一番に考えて行動できますが、いざ失恋してしまうと、パートナーに向いていた熱量を消費することが出来なくなってしまいます

また、恋愛以外の物事が見えなくなるタイプは、恋愛にとくに依存しやすくなっておりますので、失恋後の大きな喪失感から失恋うつを発症しやすくなっているのです。

完璧主義

失恋うつは、真面目で完璧主義者の方が多く発症する症状です。

真面目で完璧主義者の方は、自分の恋愛に欠点がないと思い込んでいます。

しかしそういった方の中には、自分の価値観を無理やり押し付け、付き合いを窮屈にしてしまい、別れることも多くあります。

「自分ではこれ以上ないほど頑張っていたのに」と失恋に納得できずにショックを受けやすいため、失恋うつの症状が現れやすいのです。

失恋の精神崩壊・失恋うつを脱出するには?

女友達に励ましてもらっている失恋した女性

失恋の精神崩壊や失恋うつを克服するにはどのような方法が効果的なのでしょうか?

失恋うつになってしまうと、仕事を休職しなければいけなかったりなど日常生活に大きな悪影響を与えます。

こちらでは、失恋うつや失恋の精神崩壊の症状を改善するために有効な方法や考え方を紹介します。

時間が解決

失恋のショックに対して、誰にも等しく効果的なのが時間です。

時間薬といった言葉があるように、時間の経過は、ショックを徐々に薄れさせてくれます

もちろん失恋の大きさや個人の性格や性分によって、失恋のショックから立ち直るまでにどれくらいの時間が必要になるかは異なりますが、それでも時間は等しく失恋のショックを徐々に和らげてくれます。

友人や家族に相談する

友人や家族に相談するのも失恋のショックを和らげる効果があります。

自分ひとりで溜め込んでしまうと、どうしてもいろいろと余計なことを考えてしまい精神的に参ってしまいます。

友人や家族など親しい方に失恋したことを伝え、自分が思っていることを話すことによって、失恋をアウトプットできるのです。

アウトプットすることによって、失恋のストレスを緩和する効果が期待できるのでかなりおすすめの方法です。

思い切り泣く

涙にはストレスを緩和する効果があります。

そのため、失恋後には思い切り泣いてしまうのも失恋うつを防ぐために重要なことです。

失恋のショックを肴に涙するのはもちろん、漫画や映画、テレビのドキュメンタリーなどで涙を流しても同様の効果が得られます。

失恋後には、積極的に涙を流せる環境をつくるのもおすすめなのです。

精神科・心療内科に通う

失恋うつが深刻化する前に、精神科・心療内科に通うのもおすすめです。

最近ではうつ病に対する治療法なども確立されてきておりますので、症状に合わせた対応をしてもらうことができます。

精神科・心療内科などはハードルが高いように思われるかもしれませんが、最近では少し眠れなくなったといった程度でもかかる方が増えてきております。

深刻化する前にとりあえず相談するようなイメージで、足を運んでみてください。

失恋の辛さを感じるときは自分の気持ちに正直になろう

失恋の辛さを感じるときは自分の気持ちに正直になることが大切です。

無理に心の奥底に押し込んでしまおうとすると、心に無理が生じてしまい失恋うつになりやすくなってしまいます。

失恋うつは、非常に深刻化しやすい病気なので、早めの対処が必要。
そのため、症状がはっきりと現れる前から失恋うつを疑っておくことが大切です。

まずは落ち着いて、自分の今の心情をノートに書きだすなどし、客観的に自分の状況を把握した上で、自分をだますことなく正直になってみてください。

辛さを感じるくらい、彼を本気で好きだった自分を褒めてあげて、心の傷をいやしましょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る