• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:仕事に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
失恋の相談をする人は誰がいい?相談相手5人のメリット・デメリット紹介

失恋の相談をする人は誰がいい?相談相手5人のメリット・デメリット紹介

こんにちは、恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。

10代の頃より水商売やプロ雀士など人気商売に身を投じ、1万人の男性を接客してきました。
現在その経験を活かし、日々幸せな恋愛がどうしたら叶うか、女性からの相談を受けたり婚活スポットをめぐりながら考えたりしています。

恋愛をするとき、それはある意味悲しい失恋とワンセットです。
失恋を正しく受け止め、そして癒やして次への学びにするには、適切な相手に恋愛相談をするのが有効です。
でも「適切な相手」と言っても、一体どんな人に相談したらいいのでしょう。

失恋相談する前に考えたいこと

落ち込む女性

さっそく失恋相談…とその前に、人に話す前にぜひ自分の心に問いかけて欲しいことがあります。
それは「今の自分に何が必要なのか」ということ。
失恋は、辛く悲しいものです。
そしてなるべく早く、乗り越えて次に進んだ方がいいもの。

でも無理に乗り越えると後悔がついてまわりますし、失恋の反動からおかしな選択をしてしまうこともあります。
そんなときは「乗り越えよう」とする前に、まず「自分が何を求めているか」を知る必要があります。
そして求めていることは、だいたいこの4つに分類されます。

  • 辛い気持ちをなんとかしたい
  • 反省点と学びを得たい
  • 彼とヨリを戻したい、復縁したい
  • 次の恋に進みたい

「辛い気持ちをなんとかしたい」は、失恋後にいちばん最初に来るものです。
ここがまず癒えていないと、次の恋に行くにしても復縁を望むにしても、物事が上手く運ぶことはありません。

まずはなぜ、この失恋後の混沌とした気持ちに悩んでいるのか考えましょう。
その次に、「学びが欲しいのか」「彼と戻りたいのか」「次の恋を見つけたいのか」といった、次への一歩がみえてきます。
一つひとつの気持ちの優先順位をつけていくと、どんな人に相談するのが良いか、少しずつ分かってくるかも知れません。

失恋を相談したい人5選!メリットとデメリットも紹介

失恋した女友達を励ます

今回は失恋相談しがちな相手別に、メリットとデメリットをご紹介します。

あなたの心に今いちばん必要な相談したい人は誰なのか、目的をふまえて冷静に考えてみましょう。

相談相手(1)気心知れた女友達

最初にご紹介するのは、相談相手のド定番!
なんでも話せる女友達です。
とにかく話を受け止めて、一緒に怒ったり泣いたりしてくれる存在は唯一無二。
ついつい彼女たちを頼ってしまうものですが、頼り方を間違えないことが大切です。

メリット:心が落ち着く!軽くなる!

心を開いて恋の話を出し切れる彼女たちの存在は、辛い気持ちを癒したいときには適任です。
人は「分かってもらえた」という満足感が得られるだけで、自然と心の整理が進むことがあります。
とにかく辛い。
まだまだ心に、くすぶったものがある。
そんなときは信頼できる女友達を頼り、まずはしっかり回復に努めましょう。

デメリット:解決策が示されない

正直恋の話をしているときって、楽しいです。
楽しいけれど、女友達の場合、次につながるアドバイスが出てくることはあまりありません。
彼女たちは共感力と発散力が最大の良さなので、失恋直後の傷を癒やすには適任ですが、次の一歩をと思ったときは、なかなか良さが発揮されないことも。
また相談する相手にも彼氏がいないと、気づくとずーっと愚痴を言い合っている関係になることもしばしばあります。
そうならないためにも、女友達に助けてもらうのは傷が深いときのみのカンフル剤としておきましょう。

相談相手(2)冷静な視点が魅力!男友達

同じ友達でも、やはり男と女では見ている視点が違うため、得られる気づきも変わっていきます。
ただ異性の話は有効なものも多い反面、人次第では大きな失敗につながることも。
「良薬口に苦し」とはいいますが、相談した結果苦い思いをしないよう、冷静に頼っていくことが大切です。

メリット:異性目線でのアドバイスがもらえる

男性に相談するいちばんの良さは、異性目線でのアドバイスがもらえることです。
もともと男性は共感力が低いので、女友達ほど話していて気持ちよさは感じられないことがほとんど。
しかし気持ちよさはなくとも、気づきや改善につながるヒントを与えてくれることも多いので、相談する意味は沢山あるでしょう。

デメリット:体の関係に発展してしまうことも

男友達に相談するデメリット。
そのひとつはメリットである「異性目線のアドバイス」が、マイナスに働いたときです。
話を聞いているあなたが「何を言っているかわからない」や「偉そうに感じる」など、ネガティブな受け取り方をしたら、その瞬間から男性の言葉は心に響かず、デメリットに変わるのです。

また異性に相談していたらそのまま体の関係をもってしまった、という話はゴマンとあります。
これもひとつ、大きなデメリットです。
恋愛の傷は恋愛でしか癒えないとはいいますが、勢いで選び相手を間違えると、傷口に塩を塗るようなものです。
だからこそ、恋愛でしか傷が癒せないなら慎重に。
男友達への相談は、良さと致命的な危険性をはらんでいることを理解しましょう。

相談相手(3)相談のプロ!占い師&カウンセラー

タロット占い師

聞き役のプロを頼ると、お金はかかるものの傷の回復はうんと早くなります。
ただ大前提として「信頼のおける人」である必要があります。
占い師などは噂を頼って聞きにいく人が多いのですが、頼るべきは当たると噂の占い師よりも、言葉がしっくりと受け取れる相性のいい占い師です。
そこを考えながら、メリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット:プロの視点で適切なアドバイスがもらえる

占い師やカウンセラーのいちばんのメリットは、専門的な知識に根ざしたアドバイスがもらえることです。
当然ながらその声は弱った気持ちを癒やし、次への学びも与えてくれるので、相性のいい人に出会えればある意味回復薬として万能です。

デメリット:お金がかかる!相性が悪いと無駄足に

プロに頼るデメリットは、シンプルにお金がかかってしまうことです。
カウンセラーさんを頼る場合、1回ですべてが解決するということはなかなか難しいもの。
成長を感じられたら満足かもしれませんが、とはいえお財布に厳しいなら考えなくてはいけません。
また「その人を信頼できるか」という点も大事。
どんなに有名でも高くても、違和感を覚える人に話していても仕方ありません。
金銭が発生しているわけですから、その点は慎重かつクールに頼りましょう。

相談相手(4)顔が見えないから言えるSNS

たとえばTwitterなどを使えば、匿名で胸の内を吐き出し、楽になることができます。
同時に同じような悩みを抱える友達と気持ちを共有し、癒やし合うということが叶います…。
がしかし、これも罠がいくつか隠されていますので、活用する場合はご注意を。

メリット:好きなだけ発散できる

SNSのメリットは、とにかく好きなだけ気持ちを発散できることです。
人間関係に責任がない分、好き勝手に振る舞えるという良さがあるでしょう。
「辛い気持ちをなんとかしたい」という失恋後に来る辛さは、SNSに書き込むことで救いになることも大いにあります。
また女友達に会う場合は家から出なくてはいけませんが、SNSなら自宅にいながら交流が持てるので、気軽さというメリットもあるものです。

デメリット:ネガティブなループにハマる可能性がある

SNSを使って、失恋を癒すのは簡単です。
簡単だからこそ、すでに傷は癒えているのに、その場にとどまってしまうというデメリットもあります。
具体的に説明すると、自分の気持ちは落ち着いてきたのに、SNSで繋がっている人の愚痴をみて、辛かった気持ちを呼び起こしてしまう。
そんなことはありませんか?

これは似た境遇の人とつながる、大きな弊害です。
あなたが次の一歩を踏み出すことを、助けになっていたはずの友達が無意識に妨げてしまっているのです。
SNSで気持ちを発散する場合、傷が癒えたらただちに利用を卒業する。
そのくらいの割り切りがあって、有効に使えるのかもしれません。

相談相手(5)いざという時の家族

信頼と安心のおける家族は、あなたにとっての大きな助け役になってくれます。
とはいえ、家族も弱ったあなたを見て心配性が炸裂し、お互い幸せにならないこともありますので、事例とともにご紹介します。

メリット:安全基地が回復をうんとサポート

家族との関係にもよりますが、存在自体が安心感になっている場合、相談することで心も体も回復をうんと早めることができます。
親や兄弟など、相談する相手はそれぞれ異なると思いますが、利害なく助け合える安心感は最強!
心を癒やし、次の恋へのエネルギーをためましょう。

デメリット:過剰なお節介が炸裂するケースもある

家族に相談するデメリットは、相談した結果相手が想像以上にあなたを心配してしまうという点があげられます。
過去聞いた例ですと、仲の良い母親に相談したところ、母親が心配になりすぎて「実家に帰ってきてもいいのよ」と過剰に不安を募らせてしまった…なんて話を聞きました。
また「失恋を話したらお見合いを進められた」なんて肉親のおせっかいが炸裂してしまう例もあります。
親しきなかにも礼儀ありとはいいますが、家族の頼りどきはその人ごとに異なります。
心の疲弊具合とあわせて、力になってもらいましょう。

まとめ:恋愛も失恋も、一人で解決するのは非効率

女友達で励まし合い

5名の相談相手を、メリットとデメリットそれぞれご紹介しました。
ピンときた方は、いらっしゃいましたでしょうか?

実は恋愛も失恋も、ひとりで進めようとするのは非効率です。
当事者というのはどうしても冷静な視点を持ちにくく、普段ならしないようなミスをしてしまうこともあるからです。
失恋中ならば、傷ついたという気持ち、上手くいかなかったという罪悪感から、普段では分かる問題を見誤ることもあるものです。
そんな状態を上手く脱するためにも、いろんな人に相談し、心の回復を早め、次の素敵な恋を見つけて欲しいと思います。

今この恋愛が上手くいかなくても、最後にする恋愛が幸せならあなたの人生はきっと大成功です。
そんな幸せな未来のために、幸せになれる失恋を経験し、そして色んな人に相談をして心を整えましょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る