• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
二人の男性を好きになって選べない女性の心理とは?二股をかけないために選ぶ方法を紹介!

二人の男性を好きになって選べない女性の心理とは?二股をかけないために選ぶ方法を紹介!

好きな人が二人いる、と聞くと不誠実なイメージをもつ人もいるでしょう。

しかし、女性の中には異性を二人好きになる人も少なくないのです。

今回は、二人の人を好きになってしまった人におすすめの情報などについて見ていきましょう。

好きな人が二人いて選べない女性は多い?

ベッドに横たわる女性

好きな相手が二人いるのは、決して珍しいことではありません。
しかも、どちらと交際するべきか迷う人も多いのです。

二人の人を好きになってしまった、自分は不誠実だ、という考えをもつ必要はありません。

両方と交際する場合は不誠実ですが、しっかりどちらかに決めようと考えている人は不誠実ではなく、二人の男性にしっかり向き合っている誠実な人と言えます。

好きな人が二人いるから、両方と交際しようと考えることがない限り、自分のことを不誠実だと思わないでください。

二人の男性を好きになる女性の心理とは?

なぜ、二人の男性を好きになってしまうのでしょうか。
二人の男性を好きになってしまう人の心理は、人によって異なります。

こちらでは、どのような心理を持っているのかなどについて見ていきましょう。
もしかしたら、現時点で当てはまる人もいるかもしれませんね。

二人のタイプがまったく違うから魅力的に感じる

二人のタイプがまったく異なる場合、どちらも気になってしまう女性は多いです。

たとえば、片方は明るい人、もう片方は物静かな人、どちらにも魅力はありますよね。

二人に対して嫌悪感がない限り、両方に告白されたらどうすればいいか悩む人は多いです。
どちらも好ましい人だからこそ、二人の間で揺れ動いてしまうのでしょう。

告白をされたから気になる

それまで気になっていなくても、告白されたから気になりはじめたと言う人も多いでしょう。

彼氏や彼女がいる人も、お互いが両思いから始まったという人は意外と少ないのです。

告白されて悪い気分じゃなかったから付き合いはじめた、という人が多いのではないでしょうか。

交際していくうちに、どんどん惹かれるようになった人も多いです。
彼氏がいても告白されたことで相手のことが気になりはじめた、という人も比較的多い傾向にあります。

恋人とうまくいっていない/会えていない

恋人がいても、毎日が順風満帆というわけではありません。
学校や仕事などで、なかなか会えない日が続くこともあるでしょう。
些細なすれ違いから喧嘩に発展することもあります。

このような状況のときに、自分のことを好きになってくれる人がいたら揺れるのは当然です。
現時点でうまくいっていない彼氏よりも、好意を持ってくれる人に目が留まるのは自然でしょう。

恋人とうまくいっていない人、もしくは会えない期間が長い人などは二人の男性の間で揺れてしまうことが多いようですね。

二人の好きな人ができて選べない女性におすすめの方法6選

窓に座って悩むカップル

好きな人が二人いた場合、どちらを選べばいいのか悩む人も多いはずです。
こちらでは、どんな風に選べばいいのかを見ていきましょう。

ただ、こちらはあくまでも「おすすめの方法」というだけです。
必ずしもこの方法に従う必要はありませんので、注意してくださいね。

一緒にいてよりドキドキするほうを選ぶ

好きな人と一緒にいれば、ドキドキしてしまう人がほとんどでしょう。

どちらの男性と一緒にいれば、ドキドキが大きいのかを基準にするのもひとつの方法です。

ドキドキすることが多いのは、それだけあなたが相手のことを気になっている証拠です。

ドキドキするだけが恋愛ではありませんが、ドキドキしないことには何も始まりません。
どうしても選べない人は、自分がどれだけ相手のことをドキドキしていられるかで決めてみましょう。

素の自分でいられるほうを選ぶ

自分がどれだけ素直でいられるか、という選び方をするのもひとつの方法です。
好きな相手には自分のよい部分だけを見て欲しいと願うのは、至極当然のことと言えます。

しかし、「よいだけの自分」をし続けるのは、とても疲れてしまいますよね。

そのため、自分が素でいられる相手を基準にするのがおすすめです。
素の自分でいても、相手が態度を変えないことが条件となります。

素の自分でいられないのであれば、どんなによい相手であっても長続きはしません。
自分を飾らずにいられるか、というのはとても重要なポイントです。

幸せにしてあげたいと思うほうを選ぶ

恋愛は相手から幸せにしてもらうだけでは成り立ちません。
自分も相手を幸せにしたいと思えるか、ということも重要です。

相手から与えられるだけの幸せでは、一方通行な恋愛としか言えません。

自分が幸せにしてあげたい、一緒に幸せになりたいと思えない相手では恋愛関係が成り立たないのです。

二人の男性のどちらも選べない女性は「どちらの男性を幸せにしたいか」と考えてみましょう。

そうすることで、自分にとってどちらが愛すべき男性なのか見えてくるはずです。

価値観が合うほうを選ぶ

恋愛関係において、もっとも重要なのは「価値観」です。
たとえば、節約するのが当たり前の自分と散財するのが当たり前の相手では関係が壊れるのは目に見えています。

そのため、自分の価値観と同じレベルの人を選ぶのは恋愛関係を長持ちさせるためのコツと言っても過言ではありません。

記念日などに豪華にするのは構いません。
普段の態度などを見て、自分自身の価値観と似ているほうを選ぶことをおすすめします。

将来が考えられる相手を選ぶ

年齢問わず、男女が交際するのは将来を見据えることも意味します。
とくに、結婚適齢期の女性は交際イコール結婚を視野に入れている人が多いでしょう。

金銭感覚、子供に関する考え、将来を考えて「一緒にいたい」と感じるほうを選びましょう。

将来のことを考えない状態で選ぶと「反対の男性のほうが良かったんじゃないか」と、卑屈な考えを招いてしまう結果になるかもしれないからです。

一度両方と距離を取ってみる

恋愛に置いて「押してもだめなら引いてみろ」という言葉もあります。
この言葉にしたがって、一度両方の男性と距離を置いてみましょう。

距離を置いたことで、どちらの男性のことを考えるようになるのかという部分を見極めるためです。

自分自身の考えでは「どちらを選べばいいかわからない」となっていても、距離を置くことで自分自身がどちらを求めているのか本能的に感じ取れる場合もあります。

いくら考えてもわからない場合は、一度距離を置いてから「どちらのことを考えるか」というポイントにスポットを当ててみましょう。

二人の好きな人を選べない女性のNG行動4選

二人の男性のどちらを選べばいいかわからないからと言って、何でもしていいわけではありません。

こちらでは、好きな人を選べない女性がしてはいけないことなどについて見ていきましょう。
男性にとって、女性のどんな行動がNGとなっているのでしょうか。

二人の男性に思わせぶりな態度を取る

二人の好きな人がいるからと言って、両方に思わせぶりなことをするのは良くありません。

女性からすれば決める前に自分から離れないでほしいという考えかもしれませんが、待たされている男性にとっては気分がよいことではないからです。

自分じゃなくてもいいのではないか、という考えを持たせることになってしまいます。

いくら焦っていても、人の心をもてあそぶようなことはやめましょう。
どちらを選ぶべきか見極めたいときは、しっかりとそのように伝えるべきです。

二股をかける

当然ながら、二股をかけるのは女性としてだけではなく人間として良くありません。
両方選べないなら両方付き合ってしまえ、という考えは最低です。

たとえバレないと思っていても、まったく周囲に知られずに二股をかけられるものではありません。
バレなければいいという考えを持っているのであれば、誰かと交際することに向いていないと言えます。

両方と過ごして見極めたいのであれば、そう伝えましょう。
両方の男性と1回ずつデートをすることで、どちらを選ぶべきかわかる人もいるからです。

どちらかの男性に嘘をつく

男性にとって、女性からされたくないことに「嘘」があります。
そのため、どちらと交際するべきか見極めるためでも嘘は言わないようにしましょう。

たとえ相手を傷つけないための優しい嘘であっても、バレたときは傷ついてしまうからです。

嘘をつかれるのは、誰だって嫌なはずです。
自分がされて嫌なことは、相手にもしないように心がけてください。

些細な嘘が、あなた自身を貶める結果になる可能性もあるからです。

どちらかの男性と肉体関係をもつ

別に付き合っていないなら何しても良いと思う女性もいるでしょう。
しかし、好きな人が2人いて選べない女性が、どちらの男性と肉体関係を持つのは望ましくありません。

体の関係を持ったら、気持ちの整理がつかないままズルズル引きずってしまう可能性もあります。

またどちらかと付き合っても、もう一人とセフレの関係にが続いてしまうことも考えられるでしょう。

二人の男性を好きになって迷ったときこそ、一度落ち着いてゆっくり考えて

ベッドに横になって考えている女性

二人の男性を好きになってしまうことで、悩み抜く女性も多いでしょう。
しかし、二人を好きになったからこそ落ち着いて考えるようにしてください。

焦って答えを出す必要はありません。
年齢によっては結婚を意識する人もいるでしょう。

好きな人が二人いるから、と焦った結果後悔することになる場合もあるのです。

本当に自分が愛せる相手、幸せにしたい相手はどちらなのか悩み抜いてから決めてください。
しっかり悩むことで、焦らせる男性などいないはずです。

まとめ

二人の男性を好きになって、自分自身が嫌になる人もいるでしょう。
人の心は簡単には変えられません。

どちらも好きということは、決して恥ずかしいことではないのです。
どちらを選ぶべきか、しっかり悩むことで相手も理解してくれるでしょう。

不誠実な行動をしない限り、自分自身を恥ずかしく思わないでください。
人を好きになるという気持ちは、決して恥ずかしいことではないのですから。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る