• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
好きな人に嫌われたかも?LINEや態度でわかる男性の嫌いサイン&対処法

好きな人に嫌われたかも?LINEや態度でわかる男性の嫌いサイン&対処法

「気になる男性に、いつの間にか嫌われてしまったかもしれない…」恋していると、そんなツライ思いを抱えてしまうこともあるでしょう。

以前と接し方が変わったり、自分にだけ冷たい態度をとられたりすると、不安に押しつぶされそうになりますね。

今回は男性が嫌いな女性にとる態度と、その対処法についてご紹介します。

ショック!これって好きな人に嫌われてるサイン?

失恋して思いきり泣く女性

実は、男性の嫌いと女性の嫌いには違いがあります。

女性の場合、「一度嫌いになったら、絶対に好きにならない」という人が多く、嫌われたら恋愛対象として再び意識してもらうのは難しいでしょう。

しかし、男性の「嫌い」は「別に嫌いではないけど、苦手だから距離を置きたい」という程度の場合も多く、挽回しやすいのです。

それでは、どんな状態が距離を置かれていることなのでしょうか。

男性から嫌われてるサインは態度や行動に出る

男性の「嫌い」という気持ちは、言葉ではなく態度や行動に出やすいです。

たとえば、多くの男性は自分から距離を置いても、それ以上きついことを言ったり、はっきり「嫌い」と言葉で伝えたりはしません。

はっきりと言葉にしないのは、男性がなるべく悪者になるのを避け、「嫌いな人からも嫌われたくない」と考える心理のためです。

その分、距離を置きたがっている気持ちは、態度や表情にあらわれやすくなります。

もしも「好きな人に嫌われたかも…」と不安なときは、男性のささいな変化に気が付き、対策していくことが重要です。

男性から嫌われてるサインはLINEの反応にも出る

男性の気持ちの変化は、LINEの反応にも出やすいです。

LINEは相手がメッセージを読んだかどうかがわかるからこそ、「待てど暮らせど返信が来ない」「そもそも読まれていない」などと、恋の不安を増大させてしまいがちです。

でも実は、男性にとってLINEはあくまでも連絡手段のひとつでしかありません。
女性にとっては意味の深いものだとしても、男性にとっては優先順位が低いということがよくあります。

そのため、男性は「世間話に返信する時間がない」「返信しなくてもわかってくれるはず」などと考えていても、女性側が「冷たいな」「嫌われてるのかも」と感じてしまうこともあるでしょう。

ただし、明らかに急に態度が変わった場合は、男性側に気持ちの変化があった可能性があります。

「今まですぐに返信が来ていたのに、何日も未読スルーされるようになった」など、露骨に変化を感じる場合は、何か思い当たる節がないか考えてみましょう。

男性から嫌われやすい女性の特徴

男性のもつ女性の好みは、人それぞれですが、一般的な「男性に嫌われやすい女性」には共通点があります。

男性は、どんな女性を苦手と感じるのでしょうか。

男性から嫌われやすい女性の特徴をおさえるだけで、男性の地雷を踏むことは少なくなります。

他人の悪口をいう

やたらと人の悪口をいう女性は、男性から嫌われがちです。

多くの男性は、仕事や人付き合いのなかでストレスを抱えています。
プライベートの時間を割いて一緒にいる女性には、癒しを求めるもの。

誰かのことをネガティブなエネルギー全開で話すような人が相手では、かえって疲れてしまいます。

とくに本人がいないところで悪口をいう人に対しては、信頼がおけず、心を開けません。

人のいいところを見つけられる女性のほうが、魅力的に映るのは当然です。

どんな相手にも思いやりと敬意を払える女性のほうが、接していて気持ちがいいでしょう。

わがまま・自己中心的

わがままで自己中心的な女性も、嫌われる傾向にあります。

「どこに出かけたい」「これを買ってほしい」など、かわいらしいわがままは、むしろ好意的にとられるものです。

そうではなく、「場の空気を読まない」「周りの人を振り回す」「いっしょにいると場の空気が悪くなる」など、周囲を巻き込むわがままな行動は、やはり嫌われがち。

自分のことしか考えない幼稚な女性よりも、全体に気を遣え、心配りできる大人の女性のほうが、当然ながら好まれます。

とくに社会人ともなれば、公の場でパートナーと行動をともにすることも増えるはず。
自分が年齢を重ねれば重ねるほど、一緒にいる男性に恥をかかせない女性でいることが必要不可欠です。

女性らしくない行動・言葉遣い

女性らしくない行動や言葉遣いも、男性から敬遠される要因です。
人それぞれ性格があるので、必ずしもおしとやかに徹する必要はありませんが、品は大切にしたいもの。

「物を乱暴に扱う」「扉の開け閉めがうるさい」「歩き方や食べ方が汚い」といった行動を見ると、どんなに見た目を美しく飾っている女性であっても、男性は冷めてしまいます。

また、「うるせぇ」「~だろ」などというような、男のような言葉遣いも、男性からは不人気です。

態度や行動から見える男性から嫌われてるサイン

男性が「この人ちょっと苦手かも、嫌いかも」と思い始めると、行動や態度が徐々に変わっていきます。
露骨に「嫌い」「馴れ馴れしくしないで」と言われることはまずありません。

だからこそ、男性の変化を敏感に察し、女性側が対応を考える必要があります。

目を合わせない・避ける

距離を置きたい相手に対して、男性のとりがちな行動が、「視線が合うのを避ける」というもの。

苦手もしくは嫌いな相手に対して、どう対応していいかわからないから取る行動といえます。

ただし、中には「好意を持っているからこそ、目を合わせられない」「仲良くなったからこそ、あまり気を遣わなくなっただけ」というケースも。

「目を合わせない」という行動の真意を探るには、ほかの態度の変化もあわせて検証していくのがいいでしょう。

無視・職場では必要最低限の話しかしない

こちらからのコミュニケーションを無視される場合や、職場などで最低限の会話しかしてもらえない場合も、距離を置かれている可能性が高いといえます。

嫌いな相手とどう接していいかわからない、もしくは関りたくないという、男性の気持ちの表れです。

しかし、相手が好意を持っている場合に、逆にコミュニケーションの取りかたがわからなくなってしまう「好き避け」の可能性もあるため、一概には言えません。

逆に、仕事上の付き合いの場合は、嫌いな相手でも何ごともなかったかのようにふるまえる男性もいます。

全体的な空気感も見ながら、総合的に判断していきましょう。

そっけない態度

繰り返しそっけない態度をされる場合も、距離を置かれている可能性が高いといえます。

嫌いな相手から「好意があると勘違いされたくない」と思っているので、声をかけられると冷たくあしらってしまうのでしょう。

しかし、相手が単に忙しく、周りに気遣いができる状況ではないだけということもありえます。

ここで「嫌われたかも」とあせって、執拗に確かめるような連絡を入れてしまったり、やたらと接触を試みようとすると、かえって逆効果になりかねません。

そっけない態度をとられたときには、相手の男性を取り巻く環境も踏まえて、俯瞰的に見るのがいいでしょう。

▼男性が好きな人にとるに態度ついて知りたい方はこちら!

LINEの反応に出る男性から嫌われてるサイン

彼氏に振って欲しい女性

手軽である一方、悩みが尽きないのは、LINEでのコミュニケーションです。

相手の表情や声色もわからない分、LINEでのそっけない態度は、どうしても不安をあおってしまいます。

LINEにあらわれる「嫌われたかも?」サインを検証してみましょう。

既読スルー・未読スルー

LINEで既読スルーや未読スルーをされた場合、男性から嫌われている可能性があります。

どんな理由があれ、すぐに返事をしないということは、男性から「後回しでもいいや」と優先度の低い相手として判断されているということです。

しかし、ここでおさえておくべきは、男性は女性に比べ、LINEのようなツールには重きを置いていない人も多いということです。

なんと返そうか迷っているうちに数日が過ぎてしまうこともありますし、LINEで来る連絡は重要度が低いと決めつけていることもあります。

ここで、不安にかられて追撃LINEを送ってしまっては、余計に関係がこじれる原因となります。

「嫌われたかも?」と不安になったとしても、まずはじっくり様子をみましょう。

▼未読スルーをする男性心理についてもっと知りたい方はこちら!

返信が事務的

LINEの返信が事務的に感じたら、相手の男性から嫌われている可能性があるとも言えます。

少なくとも好きな相手とLINEをしていたら、「相手にいい印象を与えたい」「関係を悪くしたくない」という気持ちから、文面に気をつかいますよね。

テキストだけでなく絵文字やスタンプを利用するのは、2人の会話を弾ませ、良い関係を築くためでもあります。

しかし、返信が機械的だからといって嫌われているとは、一概に言い切れません。

なぜなら、親しくなればなるほど、かえって気を遣わなくなる男性もいるからです。
用件だけのLINEを、親密になった証だと思っている人もいるでしょう。

もちろん、距離を置きたい相手だからこそ、必要以上に返信したくないという思いから、事務的な返信しかしない人もいます。

「返信が冷たいから」という理由だけでなく、そのほかの変化も合わせて、総合的に判断していくのがいいでしょう。

誘いは「忙しい」と断られる

返信はくるものの、何かを誘っても「忙しいから」と断られるというケースもあります。

嫌いな相手なら優先順位が下がるので、「誘いに付き合うのが面倒」「先約があるから断ってもいいや」と思われている可能性があります。

しかし、本当に多忙なだけという場合もあるため、誘いを断られるだけでは嫌われているのかどうか、判断がつきません。

この場合も、過剰に不安になって、すねた態度をとったり機嫌を伺ったりしないことです。

もし本当に、距離を置きたくて誘いを断っているならなおのこと、あっさり引く方が得策といえます。

男性から嫌われたときの対処法

「嫌われているのかも」という不安が的中していて、距離を置かれてしまった場合、どうしたらいいのでしょうか。

冒頭に書いたとおり、男性の「嫌い」は「苦手だから距離を置きたい」という程度の場合も多く、よほどの状態でない限り挽回することは可能です。

あせらず着実に対処していきましょう。

原因を考えてみる

まずは、好きな人に嫌われた原因を考えてみましょう。

好意を持って男性に接してさえすれば、悪い気はしないはずです。

女性を嫌いになってしまうのは、男性にとってなんらかの形で「困る状況」を作ってしまったからだと考えましょう。

女性からの好意が重たく感じてしまい、「応えにくい」と感じてしまったのかもしれませんし、誰かほかの人の前で、バツの悪い思いをさせられたからかもしれません。

いずれにせよ、男性は「この子といると、居心地の悪い思いをする」と感じたときに、女性を嫌いだなと思ってしまうのです。

好きな人に嫌われるようなことがあったかどうかを、振り返ってみましょう。

共通の知り合いに聞いて確認する

相手の男性との間に共通の知り合いがいるのであれば、嫌われたかもしれない理由をそれとなく聞いてみるのもひとつの方法です。

共通の知り合いであれば、第三者目線に立ち、あなたと相手男性の両方を公平に見て判断してくれるでしょう。

「この前〇〇くんとこんなことがあって…。もしかしたら私、嫌われたかも」と相談してみてください。

ただし、相手の男性にバツの悪い思いをさせないよう、細心の注意を払いましょう。

「あの人、あなたにそんな嫌な態度をしたの?」「それはいくらなんでも、男性のほうが悪いでしょ」という話の展開になると、かえって男性の立場を悪くしてしまいます。

そうなれば相手の男性は、やはりあなたと一緒にいると良くない、と思うかもしれません。

間違っても、共通の知人に自分から「何が原因か聞いてほしい」などと頼むことのないよう、気を付けてくださいね。

嫌われたら距離を置いてみる

不安を手放し冷静に対応するためにも、「嫌われたかも」と不安に感じる相手とは、一度距離を置いてみましょう。

時間がたてば、男性の嫌な気持ちも和らいでいくかもしれません。

期間をあけて、また顔を合わせるような機会や、連絡をとるような機会が訪れたときには、あくまでこれまでどおりの空気感を心がけましょう。

必要以上にすねた態度や、気にしすぎる態度をしてしまうと、相手に気を遣わせてしまいます。

距離を置き、相手を必要以上に困らせないことが、関係を良好にするポイントです。

本人に直接聞く・謝罪する

最もシンプルな方法として、嫌われたと感じる相手に直接、理由を尋ねてみるのもオススメです。

「何か気に障ることをしてしまったのならば、ストレートに伝えてほしい」と伝え、理由を話してくれた場合は、素直に謝りましょう。

ここで大切なことは、「わたしはあなたと、できる限り仲良くしたいと思っている」と率直に伝えることです。

また、言われた内容に関しては、たとえ反論の余地があったとしても、まずは一度すべてを受けとめます。

そこからどう改善するかは、自分自身とも向き合いながら考えていけばいいこと。
まずは、相手が気持ちを正直に打ち明けてくれることを第一に考えましょう。

まとめ

自然消滅の理由を考える女性

誰が相手でも、「嫌われたかも?」と感じてしまうことは、当然ながら気持ちのいいものではありません。

好きな相手なら、なおさらつらく感じてしまいます。

本当に関係を続けていきたい相手なら、必ず挽回できると信じてしっかり原因を探り、対策を練ったうえで、素直に相手と向き合っていきましょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る