• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
「友達と恋人の違い」について徹底解説!男性が考えるその境界とは

「友達と恋人の違い」について徹底解説!男性が考えるその境界とは

男女間の友情は成立するという意見もありますが、男友達と彼氏候補の違いは何なのでしょうか。

どちらも親しい関係であることに間違いはありませんが、境界線の違いがあります。

今回は、男友達と彼氏候補の違いなどについて見ていきましょう。

男友達と彼氏候補は何が違うの?その境界線の違いについて

仲の良い男女

こちらでは、男友達と彼氏候補の違いについて見ていきましょう。

男友達と彼氏候補、どちらも似たような感覚であるからこそ、どちらなのか迷う人がいます。
どんなポイントがあったら彼氏候補として認識しているのかを見極めてください。

態度の違い

もっとも分かりやすい違いとして「態度」があります。
男友達の場合、サバサバとした関係を築ける傾向があります。

一方彼氏候補の場合は「好きな相手」なので自分の嫌なところやかっこ悪いところは隠そうとするようです。
男友達には見せられる部分も、彼氏候補には見せられないのでしょう。

態度も男友達より、彼氏候補のほうが優しく接します。
男友達とはいっても、同性の友達に接する態度との違いはあります。

連絡頻度の違い

男友達と彼氏候補の違いに「連絡頻度」があります。
人によって彼氏候補のほうが多い人もいれば、男友達のほうが連絡頻度が高い場合もあります。

男友達のほうが連絡頻度が高い人は、ある意味で自分にとってよき相談相手となっているようです。
彼氏候補と仲がよい場合は、彼氏候補のことを知るために連絡を頻繁に取っている人もいます。

彼氏候補の方が連絡頻度が高い場合、男友達とのつながりがないケースがほとんどです。
彼氏候補と男友達がつながっているとき以外は、男友達の連絡頻度が高くなることもないのでしょう。
彼氏候補によく見られたいことから、男友達との連絡を断つ女性もいるようです。

将来や人生全体を意識しているかどうか

男友達と遊んでいても人生設計を考えたことはないはずです。
でも彼氏候補と遊んでいると、ちょっとしたことが気になるようになります。

たとえば金銭感覚や食事に行った際に無駄な残し方をしていないかなどです。
恋人になった場合、そのまま交際期間が長くなれば結婚になることもあるでしょう。
そのため今後を見越して、ある程度意識して見極める必要があります。

とくに結婚は自分の人生を大きく左右するものです。
だからこそ、将来一緒にいても大丈夫な人かどうかを無意識のうちにチェックしてしまうのです。

友達であればある程度妥協できる人もいますが、恋人であればその分厳しめに見ることも珍しくありません。

ずっと一緒にいたいと思えるかどうか

彼氏候補と男友達の違いは「ずっと一緒にいたいと思えるか」です。
男友達と遊ぶことは楽しくても、ずっと一緒にいたいと考えることはないでしょう。

彼氏候補の場合は、デート後に離れがたく感じたり、もっと一緒に過ごしたいと思うようになります。
同じ親しい異性でありながら、それぞれに感じる感情が大きく違うのです。

一緒にいたいと感じていても「ずっと」ではない場合、友情の可能性もあります。
もしかしたら、恋心だと自分で自覚していない場合もあるので、一概に「友情」で片づけないようにしましょう。

ほかにも会えない時間が長く続いてストレスを感じるようであれば、それは愛情の可能性があります。

恋愛感情とはそもそも何かわからない人へ

スマホをチェックする男性

男友達と彼氏候補がいる場合、はたして本当に自分が恋愛感情を抱いているのか分からない人もいるでしょう。
彼氏候補だと考えていても「本当にこの人のことが好きなのか」と考えることもあるはずです。

そこでこちらでは、恋愛感情を抱いているのか分からない人が覚えておきたいポイントについて見ていきましょう。

相手の恋愛経験に嫉妬やいらだちがある

男友達の恋愛経験を聞いても、嫉妬や苛立ちは感じない人が多いです。
しかし彼氏候補の今までの彼女のことなどを聞かされると、顔も知らない相手に嫉妬したり、苛立ちを覚えたりすることもあります。
これは、彼氏候補に対して恋愛感情を抱いている証拠です。

友情ではなく愛情を持って接しているからこそ、自分が知らない「彼氏」の姿を知る過去の彼女に嫉妬をしてしまうのです。

独占欲がある

異性に対して独占欲を感じたら、その時点で「男友達」ではなく「彼氏候補」といえます。

男友達の付き合いが悪いと「たまにはこっちにも付き合って」と言う人もいるでしょう。
しかし、それは友達から構ってもらえない寂しさであり、独占欲ではありません。

異性がほかの女の子と過ごしていることを知ったとき、言葉にならない感情が浮き上がってくるはずです。
それは、特定の相手への独占欲の表れでしょう。
自分だけを見て欲しい、自分と一緒に過ごしてほしいと感じるようになったら恋愛感情を抱いている証でしょう。

友達から恋人にランクアップするには

仲の良い男女

友達関係が長くなると、相手に好意を持っていても恋人にランクアップは難しく感じます。お互いの距離が近いからこそ、その関係を壊すことが怖くなるのです。

友達のままでも、今の状態が壊れないのであれば……と自分の気持ちを押し殺す人もいます。
しかし、芽生えた感情を押し殺すのはもったいないです。

こちらでは、友達から恋人にランクアップするための方法を見ていきましょう。

ストレートに告白してみる

多大な勇気が必要ですが、ストレートに告白してみるのもひとつの方法です。
しかし突然告白をするといっても難しいでしょう。

期間を決めて、それまでに相手の自分に対する気持ちをある程度見極めてから告白をしても遅くはありません。

また、告白までの期間中に友人ではなく「異性」として見てもらえるように努力してみるのもおすすめです。
相手も友人とみている場合があるため、こちらに恋愛意識があることを感じさせる振る舞いも効果的です。

思わせぶりな言動をとる

普段は言わないような言葉、取らないような行動をして「あれ?」と相手に思わせることも有効です。
普段とは違う女性らしいポイントを見せることで「友人」から「気になる異性」にランクアップできます。

気にしてもらえるようになれば告白をしてもうまくいくかもしれませんね。
ほかにも相手の発言に対して気があるような素振りを見せることで、相手の気を引くこともできます。

甘えてみる

友達から恋人にランクアップさせるために、あえて甘えた態度を取ってみるのもおすすめです。
もし普段から甘えたような仕草をしていれば日常と変わらないので、大きな効果が期待できません。

しかし普段から甘えていても、少しやり方を変えることで異性として見てもらえる可能性はゼロではありません。
甘え方なども女性らしさを前面に出してみることで、普段とは異なる印象を持ってもらえます。

友達と恋人の違いをきちんと理解したらあとは行動!

友達を意識するようになると、どうしても今の関係を壊したくないという気持ちが出てきます。

友達状態でいれば、確かに関係を壊さずに良好に付き合えるでしょう。
そのかわり友達という近い位置だからこそ、好きな相手が彼女を作ったときなども、近くで見続けなければいけません。

ぬるま湯のような関係を保ち続けるより、告白して自分の気持ちをスッキリさせたほうがいいのではないでしょうか。
意外と告白されたことで、異性として意識をし始めたというケースもあります。

まずは、友達と恋人の違いをしっかり理解しましょう。
その違いを理解したら、自分の気持ちと向き合い、後は行動あるのみです。
自分の心に後悔しない道を選んでください。

まとめ

友達から恋人というのは、意外と難易度が高いです。
近くにいすぎるからこそ異性として見てもらえなかった期間があります。

それを覆すには、さまざまなポイントをクリアしなければいけません。
ただ、逆を言えば近い場所にいたからこそ相手のことをしっかり把握できているのではないでしょうか。

どんな好みなのかを知っている人も多いはずです。
好きな人に合わせることで、相手の理想に自分を近づけることができるでしょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る