• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
友達以上恋人未満とはどんな関係?告白しない男性の隠れた心理を調査!

友達以上恋人未満とはどんな関係?告白しない男性の隠れた心理を調査!

「恋人みたいな関係だけど、全然告白してくれない…!相手はどんな気持ちなの?」
「あいまいな関係に疲れた…本命の彼女になって幸せになりたい」

あと一歩で彼女になれそうなのに、その一歩がどうしても縮められない…。
いわゆる友達以上恋人未満のあいまいな関係は、不安になることが多いですよね。

そんな悩める女性のため、358名の男女へのアンケート結果をもとに友達以上恋人未満の関係について、あらゆる角度から分析して解説!

友達以上恋人未満の関係がどんなものなのかや、曖昧な関係を続ける男性の心理をひも解いていきます。

後半では、そんな男性への上手なアプローチについても触れていますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

友達以上恋人未満とはどんな関係のこと?

そもそも友達以上恋人未満の関係とは、どんな状態を指すのでしょうか?

曖昧な関係が生まれてしまう経緯について、詳しく見ていきましょう。

「友達以上恋人未満」とは明確なラインがない関係

友達以上恋人未満とは、普通の「友達」よりは親密だが「恋人」ではない、明確なラインがない関係を指します。

「友達」から「恋人」になるためには、ほとんどの人が告白というステップを踏むため、互いに「恋人」と認め合う明確なラインが存在します。
つまり、そのラインの手前にいる状態は「恋人未満」の関係です。

「付き合う」という一線を越えなければ、みんな「恋人未満」の関係だって言えちゃうね。
 

一方で、普通の友達よりも親密な「友達以上」の関係は、人によって定義が違います。
深い友情のことを「友達以上」と考える人もいれば、相手に恋愛感情を持ったり、恋人のように触れ合うことを「友達以上」と考える人もいるでしょう。

そのため、「友達以上恋人未満」の関係には、「恋人」のように明確なラインが存在しないのです。

友達以上恋人未満の関係が生じるのは、そんな普通の友達よりも親密な関係にもかかわらず、「恋人」になるラインを超えないでいる状態のとき。

すなわち、次のいずれかの状態にあるときです。

  1. お互いに好意はあるが、告白を待っている or 告白するか悩んでいる状態
  2. どちらか一方だけが好意を持っていて、2人の気持ちにズレがある状態

1つ目の場合、彼にとってあなたは「恋人候補」と言えるでしょう。
しかし2つ目の場合、あなたは相手にとって「親友または仲の良い友達」「セフレ候補」のいずれかであると考えられます。

(1)
親友または仲のいい友達
(2)
恋人候補
(3)
セフレ候補
友達以上に親密な関係だけど、彼にとっては恋愛対象ではない。同性の友達と同じようなポジション。 好きだけどなかなか告白ができない。または好意はあるものの、付き合うまで気持ちが高まっていない状態。 体だけの関係を求めている。恋人をつくる気はなく、自分が求めるときだけそばにいる存在がほしい。

友達以上恋人未満の関係を発展させたいなら、相手があなたに何を求めているのかを見極める必要があるでしょう。

つづいて、友達以上恋人未満の男女によくある、より具体的な関係性を見ていきましょう。

友達以上恋人未満の2人によくある関係性7つ

さきほど、友達以上恋人未満の関係は曖昧だと説明しましたが、一般的に「これは友達以上恋人未満」と言える基準もいくつかあります。

友達以上恋人未満の関係の男女には、次のような特徴がよく見られます。

  1. 定期的にご飯や飲みに行っている
  2. 日常的にLINEや電話をしているが強制的ではない
  3. ほかの人に話しにくい悩みや愚痴をこぼせる
  4. 2人きりでデートを重ねているが告白はナシ
  5. 忙しいときでも、お互いに予定を合わせて会う
  6. 恋人でもないのに、相手から嫉妬されたことがある
  7. 手をつないだりキスしたりするが、体の関係はない

「あてはまる項目が多いけど、まだ恋人ではない」という場合は、一般的に友達以上恋人未満の関係性といえるでしょう。

それぞれの関係性を、ひとつずつ見ていきましょう。

(1)定期的にご飯や飲みに行っている

食事を楽しむカップル

友達以上恋人未満の関係では、定期的にご飯に行ったり飲みに行っている人が多いようです。

この関係性の場合、彼はあなたに少なくとも好意を抱いているといえます。
数日前に誘われる場合は、脈ありの可能性もあるでしょう。

唐突な誘いが多い場合や、あなたからの誘いが通りにくい場合は、都合のいい存在としてみられているかもしれません。

『何かと連絡を取って、ご飯に行っていた。他愛のない話をしたり、気楽に愚痴を言えたりする関係だったと思う。相談事があれば、相談していた。(30代前半/女性/営業事務)』
『疲れた時や、愚痴を聞いて欲しい時はいつも真っ先に連絡して一緒にご飯を食べたりしていました。その他にも音楽の趣味が合ったので、カラオケに行ってストレス発散をしたりしていました。(20代後半/女性/一般事務)』

『同じ職場だったので、仕事終わりに2人で飲みに行ったり、休みの日に遊んだり、夜中に呼び出されて飲みに行ったりもしました。居酒屋の個室で長い時間飲むとか。(30代後半/女性/パート)』

『仕事や友達付き合いで落ち込むことがあったら、一緒にご飯食べに行ったりしています。連絡も他愛もない話など楽に話せるのでほぼ毎日しています。(20代前半/女性/飲食業)』

『女友達には相談しづらい事でも男目線のアドバイスをくれて気軽に話せた。
好きな物等が一緒なのでよくご飯や遊びに行っていた。(20代後半/女性/クリーニング)』

友達以上恋人未満の彼とは、定期的にご飯・飲みに行ってお互いに楽しい時間を過ごす関係にある人が多いようです。

(2)日常的にLINEや電話をしているが強制的ではない

電話を楽しむ女性
友達以上恋人未満の彼とは、日常的にラインや電話などで連絡をとっていることがあります。

とくに用事があるわけではないのに日常的に連絡をとりあっている場合、友達以上の感情がある可能性があるかも。

「ラインや電話はあくまでも連絡手段」だと考える男性は多くいます。
それでも日常的にやり取りをしているのであれば、気にかけてくれている証拠。
気になる人の行動は把握したくなるものです。

もちろん単に筆まめな男性もいるので、彼がどちらのタイプなのかを知っておくと脈ありかどうか判断しやすいですね。

『以前にそういう関係の人がいて、定期的な連絡の取り合いで、関係を保ってました。
連絡を取らないと不安になったりするからです。(30代後半/女性/主婦)』
『朝通勤途中にずっとLineでやり取りをして、眠る前にも必ずメッセージをおくってLineでやり取りをすることが日課になっていました。(30代後半/女性/経理)』

『常にお互いの近況報告をするために会ったり、LINEや電話でやり取りをしている相手です。内容もないのに電話をつなげっぱなしにしています。(30代前半/女性/販売)』

『ちょくちょくささいなことでも連絡を取り合っている。一緒に愚痴を言いつつ飲んだり、仕事とか今後のことを相談したりしている。(30代前半/女性/事務員)』

『朝の挨拶から寝る前の「おやすみ」まで毎日のようにLINEなどで連絡を取り合っていた。基本的に相手の方が送ってくるのでその返信を欠かさず行っていた状態。(40代後半/男性/広告業)』

友達以上恋人未満の関係にある彼とのLINEで大切なのは、「強制的ではない」ということ。
恋人間でのLINEのように、返信を強制するわけではないので、既読スルーや未読スルーすることもあります。

気負わず連絡ができるからこそ、日常的にLINEや電話で連絡を取りあう仲が続いている人が多いのです。

(3)ほかの人に話しにくい悩みや愚痴をこぼせる

楽しそうに食事するカップル
友達以上恋人未満の彼とは、ほかの人に相談しづらいことやグチを言い合えるほどの仲である人も多いです。

彼がプライベートな話や本音をさらけ出してくるということは、あなたに絶大な信頼を寄せていたり、価値観が似ていると感じているため。
間違いなく友達以上には親しい関係にあるといえますね。

これって恋人としても必要な条件だし、すごく大切なポイントだよね。
 

彼自身の話だけでなく、あなたの相談にも乗ってくれるなら脈ありの可能性が高いでしょう。

『定期的に会いたくなったり、結構踏み込んだ話題もできるようになると『友達以上だな』と感じます。お互いなんとなく、恋愛感情の話や付き合っている人の話などはしません。(30代前半/女性/自営業)』
『彼氏ではないが友達以上ではあるという点で、色々な話をする事ができ、その人の前では常に自分らしさも出せたりします。食事も100%いつも楽しめていますし、遊びに行っても充実していて、気遣わなくて済む分、疲れません。でも異性なので他者からは恋人同士にみえるという優越感もいつも実感しています。(40代前半/女性/一般事務)』

『家族とうまくいっていないことや、仕事のグチなど、悩みを延々と話しても、やさしく受け止めて聞いてくれる。(40代前半/女性/販売員)』

『かなりプライベートな内容を長時間話し合います。またその内容は他の人には絶対に話していなくて、どうしてなのか説明出来ません。(40代後半/男性/自営業)』

『友人、職場、家族のことなど誰にも言えない悩み事でもその人なら親身になって聞いてくれるので、相談できた(40代前半/女性/販売スタッフ)』

友達以上恋人未満の彼とは、ほかの人に相談しづらいことやグチが言い合えるような関係性を築いている人もいます。

(4)2人きりでデートを重ねているが告白はナシ

買い物を楽しむカップル
友達以上恋人未満の彼とは、日ごろから2人きりで頻繁に出かけている人が多いようです。

彼の時間をあなただけのために頻繁につかうということは、それだけの価値をあなたに感じているから。

もしすでに体の関係をもっている場合は、毎回必ず関係を求められるのか、デートのメインが何なのかを考えると関係性がわかってくるでしょう。
あなたと2人きりの時間を純粋に楽しんでいるのであれば、脈ありの可能性も高いといえます。

『恋人ではないけれど、どちらからともなく誘いあって2人で出掛けていました。
しかも「どこにいきたい?」と聞いたりして今考えてみれば恋人みたいでした。(40代前半/女性/パートタイマー)』
『毎日のように会って遊んでいました。一緒にいることがとても気が楽な人で、楽しかったです。ご飯や遊びはいつも最初に誘っていました。(20代前半/女性/アルバイト)』

『定期的に連絡を取り合ってよく出かけていた。ドライブやテーマパーク等いろいろな所へ行き、たわいもない話から相談事までたくさん話した。(20代後半/女性/一般事務)』

『毎週末、午前中から夕方まで2人で買い物などに出かけて、食事もした。同性の友達もしくはカップルのデートとほぼ変わらないが、カップルではなかった。(20代後半/女性/ホールスタッフ)』

『常日頃よく2人では出かけていたけれど、クリスマスの日もイルミネーションを2人で見に行ったりしました(20代後半/女性/一般事務)』

友達以上恋人未満の彼とは、2人きりで頻繁にでかけるような関係であることも多いです。

(5)忙しいときでも、お互いに予定を合わせて会う

電話をする男性
友達以上恋人未満の彼とは、忙しいときでもお互いに会おうとするような関係ということもあります。

女性がそうであるように、男性もあなたに恋心があるのであれば、忙しくても出来るだけ時間をつくろうとするもの。
好きな相手とはわずかな時間でも会いたいと思うでしょう。

ムリをしてまで会わず、お互いに予定が空いていれば会うような感じなら親友のように見られているのかもしれません。

『他にも友人が居り会う約束もするが、そういった友人たちは仕事が忙しい時にはドタキャンをすることもあるが、友達以上恋人未満の人間とは仕事が忙しくてもムリにでも時間を作って会いました。(30代後半/女性/葬祭ディレクター)』
『東京と長野で遠距離のため月に一度しか会えませんが、お互いに日程調整して連休をとり、デートしています。(30代後半/女性/医療系デスクワーク)』

『仕事がどんなに忙しくても、話を聞いてほしいと思えば同姓の友人では無く、その男性をご飯に誘ったりしていました。(20代後半/女性/会社員)』

『お互いに社会人で職種も違いましたが、代休がとれれば必ず約束を取り付けて会っていました。徹夜でカラオケや漫画喫茶で過ごすも何度か。(20代後半/女性/一般事務)』

『学生時代に気の合う異性を好きになりましたが、親友のような関係だったので告白したりして関係が変わってしまうのが嫌で友達以上な関係でいました。彼の一番の理解者でありたいと思い、忙しくても誘われたら会っていたし、自分からも誘っていました。(20代後半/女性/介護職)』

友達以上恋人未満の彼とは、忙しくても会おうとするような間柄なのに、なかなか進展しないというケースも見られます。

(6)恋人でもないのに、相手から嫉妬されたことがある

険悪な男女
友達以上恋人未満の彼から嫉妬されたことある人もいます。

それって好きっていっているようなものじゃないの??
 

嫉妬は、あなたが離れていくのではという不安や、彼自身の自信の無さからくるものです。
ほかの男性にとられたくない、負けたくないという意識があるということの表れといえます。

『他の人と話をするとヤキモチをやかれます。誰とも話してはいけないと言われ、宅配便のおじさんですらヤキモチをやくことも。(30代後半/女性/パート)』
『2人でバッティングセンターに行った時に、沢山打っていて、かっこいいと言ってしまった。彼が女友達と電話していて、同じように仲のいい女性が自分以外にいるのかなと思うと嫉妬してしまう。(40代後半/女性/一般事務)』

『普段から誘えば一緒に遊ぶし、食事もする。相手に男の影があれば気になるので好きなんだと思う。できればこの関係を壊したくない。(40代前半/男性/鉄道会社)』

『いつも一緒にいた人が、違う人と2人で会っていて、自分が聞くと友達といっていたけどそのような雰囲気に見えずとても嫉妬してしまい、その女性とケンカになってしまった。(40代前半/男性/営業)』

友達以上恋人未満の関係では、男性も嫉妬してしまうことがあり、実際に彼から嫉妬されたことあるという女性もいます。

参照:神戸メンタルサービス「嫉妬」

(7)手をつないだりキスしたりするが、体の関係はない

手をつなぐ男女
友達以上恋人未満の彼と、手をつないだりキスしたりする関係性である人もいます。

アンケートによると友達以上恋人未満の相手と手をつなぐ人は19.7%、キスする人は19.1%と、2割程度います。
ただし付き合う前に体の関係にならない事が、大事なポイントといえそうです。

手をつないだりキスすることは、相手の反応を確かめていたり、友達以上恋人未満の関係を進展させたいという気持ちのあらわれかもしれません。

『とくに告白したりされたりお互いの気持ちを確認することはないが、まめに連絡をとったり、2人で歩いているときに手をつないだりもした。(30代前半/女性/主婦))』
『お互いに恋人みたいに愛し合ってはいないけれど、2人で出掛けたり、失恋した時に相手を慰める過程でハグやキスしたり、友達以上の関係を持ったことがある。(30代後半/女性/オペレーター)』

『仕事が忙しくても連絡を取りあったり、イルミネーションなどカップルでいくようなスポットにも行って、手を繋いで過ごしていた。(30代後半/女性/一般事務)』

『1ヶ月に1度くらいの頻度で会っています。一緒にご飯食べたり、カラオケに行くことが多いです。相手の車に乗せてもらったり、帰り際にハグしたりキスしたりします。(30代前半/女性/一般事務)』

『いつも遊びに行ったりすれば自然に手を繋いでじゃれあう関係。手を繋いでいると安心して癒されてき、落ち着きます。(30代後半/男性/運送業)』

友達以上恋人未満の彼とは、手をつないだりキスしたりする関係性なのに、あと一歩が進まないという状態の人もいます。

友達以上恋人未満の関係を続ける男性心理7つ

こんなに近い存在なのに、告白してこない彼の気持ちがわからない…!

友達以上恋人未満の関係を続ける男性の心理とは、何なのでしょうか。

よく「男性は単純だ」って言われるからこそ、なかなか行動してくれない男性の気持ちを読み取るのは難しいよね…。
 

経験者にとったアンケートによると、友達以上恋人未満の相手に対して、男性はつぎのような思いを持っていることがわかりました。

  1. 一緒にいて心地がいい(52.4%)
  2. 都合よく体の関係を続けたい(27.1%)
  3. 親友だと思っている(23.5%)
  4. 告白する勇気がない(16.1%)
  5. 恋愛に奥手でアプローチできない(13.8%)
  6. 特定の恋人を作りたくない(12.6%)
  7. 付き合うほどの恋愛感情がない(12.6%)

(1)一緒にいて居心地がいい(52.4%)

スマホをみて盛り上がるカップル
友達以上恋人未満の関係を続ける男性心理としてもっとも多かった意見が、「一緒にいて居心地がいい」という理由でした。

親友候補としてあなたを見ている場合に、抱きやすい感情のようです。
彼が今の関係に満足しているので、恋人になるよりもこのままの関係を望んでいるのでしょう。

『恋人にはしたくないけど友達よりは気軽に話せて相談できる、またサッパリとした関係性も心地よい親密な関係でした。(30代後半/男性/会社員)』
『お互いを干渉しすぎることもなく、ほどよい距離感の方がお互いの嫌な部分も見えにくく関係性がうまくいくから、一緒にいて居心地がいいと感じる。(40代前半/男性/広告業)』

『環境は違えど同じツラい心境にいたことから、悩み事をなんでも気軽に話せて気持ちも楽になっていたし、さらに笑いのツボが同じだったので、くだらないことでも笑いあえてそれもとても居心地が良かった。(40代前半/男性/不明)』

『異性ですが同性の友達のように気楽でいられます。女性と付き合うと色々気を使いますが、そんな事もないため居心地がいい。(20代後半/男性/会社員)』

『仲のいい友人がたまたま女性だったという感じであり、何年も友人関係を続けていると、自然と居心地がいい関係となったため。(30代前半/男性/一般事務)』

そんな相手には、彼女になったあなたがイメージできるような恋愛話を持ちかけて、反応を見てみましょう。

あなたが恋人へ進展したいと思っていることが伝われば、2人の関係性を見つめなおすきっかけになるかもしれません。

友達以上恋人未満の相手は、あなたにたいして気を遣わずにすむ居心地のよい大切な存在だと思っているので、恋愛対象として意識させるような行動をしてみる事が大事です。

(2)都合良く体の関係を続けたい(27.1%)

良い雰囲気のカップル
友達以上恋人未満の関係を続ける男性心理として、次に多かった意見が都合よく体の関係を続けたいというもの。

あなたと恋人になる気はなく、体の関係が目的となっている(セフレ候補)可能性が高いです。
恋人でないのに、恋人だからこそ得られる関係性を先に満たしてしまうと、進展のきっかけも見つけにくくなりますよね。

『恋人としては見れず、体だけの関係性の方が楽だから。仲はいいが本気で好きなわけではなく、お互いに体だけの関係性が合っていたから。(30代後半/男性/アルバイト)』
『恋人として見ることは出来ないが友達または体の関係であり続けることは可能であり、また気持ちいいからだと思っている(20代前半/男性/学生)』

『実際に付き合うとなると、そこまでのめり込んでいない心境なので、男女の関係は欲しいけど、付き合うということはないです。(40代後半/男性/パーソナルトレーナー)』

『自己都合を優先したい。いわゆる体のいいセフレのような関係であれば、お互いの都合が悪くなるまで彼女がいようが関係ないと思っている(20代後半/男性/貿易関係)』

『結婚しているが、刺激が欲しいし、すでに結婚しているので付き合うとなると面倒くさい。基本結婚していることは隠すので。(30代前半/男性/旅行系)』

すでに体の関係をもっているのであれば、一度距離を置くか体の関係以外に楽しい体験を積めるよう努力が必要でしょう。

友達以上恋人未満の相手とすでに体の関係を持っている人は一度立ち止まって、関係性を見直してみてくださいね。

(3)親友だと思っている(23.5%)

楽しく会話するカップル
友達以上恋人未満の関係を続ける男性の心理として、親友だと思っているという意見も多かったです。

付き合いが長くお互いのことをよく知っていて落ち着ける、同性の友達と同じポジションだと捉えているのかもしれません。
親友として見ているので、そもそも恋愛対象でないのです。

とくに男女の友情が成り立つと考えている男性は、この傾向があるでしょう。

『友達以上恋人未満の関係は、昔からの同級生など長い付き合いが多く、恋人として付き合うよりは親友のままの方が関係が長く続くため。そのような関係だと何でもざっくばらんに話せる点も大きいです。(40代前半/男性/SOHO)』
『一緒にいて心地が良かったので頻繁に会っていたが、恋人関係に発展させようという気持ちはなかった。性別は違うが親友のようなイメージでした。(20代後半/男性/会社員)』

『一緒にいて楽しい話し相手です。食事をしたり飲みに行ったり遊びに行ったりして自然にふるまえる相手です。さばさばとしていて付き合いやすい相手です(40代後半/男性/自営業)』

『親友として大切とは思っているけど、恋人関係ではないので今のままの関係を壊したくないと思っています。(30代前半/男性/美容師)』

『もう長い付き合いで、ずっとお互いの事を知っているから何でも話せる存在。空気のような存在ですが大切に思っています。(30代後半/男性/物流業)』

女性としての自分を意識してもらえるように、ボディタッチやデートらしいことをするなど、相手がドキッとするようなふるまいをして反応をみてみましょう。

彼にとってあなたが親友のひとりと考えられている場合は、異性としてあなたを意識してもらえるような振る舞いをこころがけてみてください。

(4)告白する勇気がない(16.1%)

公園で会話するカップル

友達以上恋人未満の関係を続ける男性は、ただ単にあなたに告白する勇気がないだけの場合もあります。

あなたのことを恋人候補として見ているけど、告白して今のいい関係が崩れてしまうくらいなら、このままでもいいと思っているのかもしれません。

『告白したいのだけれどももし告白して、断られてしまったときにこれまでの友人としての関係が崩れるのが怖いから(40代後半/男性/会社員)』
『告白して、今までの関係が壊れてしまうのが嫌だから告白する勇気がありませんでした。告白して関係が崩れるのなら、そのままの方がいいと思っていました。(40代後半/男性/会社員)』

『告白するチャンスが何度かあったが、そのときに何度も二の足を踏んでしまって結局告白する勇気がなくて出来なかった。(20代後半/男性/無職)』

『今までものすごく気の合う友達同士で、2人でいろいろな所に遊びにいったりしていたので、告白することで今の関係を壊したくないから(30代前半/男性/会社員)』

『自分は相手のことが好きだが、それを伝えて関係が壊れるのが怖かった。その時の関係性がちょうどいいものだったこともあり、それ以上の進展も難しく感じていた。(30代前半/男性/販売業)』

この場合は「告白しても断られない」と彼に確信させられれば、2人の関係は前に進むはずです。

彼に告白する勇気がなく、もどかしい想いをしているかもしれないので、彼にわかるようにあなたの好意を伝えてみましょう。

(5)恋愛に奥手でアプローチできない (13.8%)

はにかみながら話す男女
友達以上恋人未満の関係が続くのは、彼が恋愛に奥手でアプローチできないからかもしれません。

あなたと恋人になりたいという気持ちはあるものの、どうすすめれば関係を進展できるのかわからないというもの。
恋愛経験の少ない男性にこの傾向があるといえます。

『明確な言葉にする前になんとなくお互いが他の人より親しくなった気がしていて、関係を今更言葉にするタイミングを見失ったように感じていたから(40代後半/男性/一般事務)』
『一緒に居たいしより仲良くしたいが相手の気持ちを考えると切り出しにくい。
お互いに奥手であれば尚更進展しづらい。(40代前半/男性/自由業)』

『若くて恋愛に不慣れだったので2人で遊ぶ関係を壊したくなく進展させられませんでした。また高校生だったため肉体関係などをもったたとしても責任を果たせる自信がありませんでした。(30代後半/男性/フリーランス)』

『お互い恋人がいなくて一番仲のいい異性だが、お互いの恋愛感情に確証が持てないので、もし告白して友達関係が崩れたら嫌なので現状維持している(30代後半/男性/営業)』

あなたの方から好意があることを示すなどアクションを起こしたほうが、恋人への近道でしょう。

彼が恋愛に奥手でアプローチできないなら、あなたの方から積極的にアプローチしてみてもいいかもしれません。

(6)特定の恋人を作りたくない(12.6%)

食事を楽しむグループ
友達以上恋人未満の関係を続ける男性心理のひとつに、特定の恋人をつくりたくないと考えているからという理由もあります。

仕事や趣味に忙しく彼女との時間がつくれない、ほかの女性とも遊びたい、寂しいときだけ恋人気分を味わいたいという声もありました。

恋人になった途端に制限が増えたり、自分の時間が減ることを懸念している男性が多いようです。

『彼女という存在になるといろいろと自分の行動に制限がかかりそうなので今の関係を続けています。わがままな考え方ですが今は楽なのでこの方法を選んでいます。(30代前半/男性/会社員)』
『基本めんどくさがりな人だからです。恋人となると色々制約があって面倒だし疲れてしまうと思います。なら恋人じゃないほうが気楽です。(20代前半/男性/販売)』

『恋人になってしまうと、自分にとって都合のいい相手では無くなってしまい、関係を続けるのに、煩わしさを感じてしまうから。(30代前半/男性/会社員)』

『恋人にするのは面倒、または好みではない人で、自分が会いたいときに合える寛容な女性というイメージ。好きな時に好きな人と遊びたいので彼女にはなりにくいです。(20代後半/男性/会社員)』

『それ以上の関係になると、いままでの関係に縛りが出来そうで嫌です。友達としていた方がお互いに楽しくいられる気がする為。(40代前半/男性/建設業)』

そのような彼の場合は、恋愛に関する価値観やどんな恋愛をしたいのかなど話し合ってみるといいかもしれません。

特定の恋人をつくりたくないと考えている彼の場合、友達以上恋人未満の関係が長引きがちなので、彼が恋愛に対してどう考えているのか探ってみましょう。

(7)付き合うほどの恋愛感情がない (12.6%)

暇そうな男性
友達以上恋人未満の関係になっているのは、彼に付き合うほどの恋愛感情がない可能性もありえます。

一緒にいて楽しいし好意を抱いてはいても恋人としてのイメージがわかない、またはタイプではないことが原因かもしれません。

『とくに付き合うという感じで意識しているわけではないので、感情もそれほど高まっていないし、意識をしていない。(40代後半/男性/福祉業)』
『一緒にいて楽しいしその人のことは好きなのですが、なぜか付き合うまではいかない感じで、きっとまだひとりの女性として好きまではいっていない状態な気がします。(30代後半/男性/会社員)』

『一緒にいて居心地がいい理由としては、話し相手として楽しいため。また愛情が高まっていない理由としては、個人的に相手のことを恋愛感情が芽生えてこなかったため。(30代前半/男性/ウェブデザイナー)』

『相手の人は恋人にしたいタイプではなかったんです。だから付き合いたいって感じにはならなかったからです。(30代後半/男性/サービス業)』

『傍から見たら親密そうかもしれないが、恋人というほどでもない期間が長く、その先をあまり深く考えていなかった。(30代前半/男性/機械系エンジニア)』

そういう場合は、ほかの男性に取られてしまうという危機感を与えたり、彼女として自慢したくなる存在になるなどのアプローチで、気持ちが変わることもありますよ。

友達以上恋人未満の彼は、あなたにある程度の好意は持っているものの、恋人になるほどの恋愛感情がないのかもしれません。

もし彼があなたに恋愛感情までは持っていないのであれば、イメチェンや自分磨きをするなどして、彼の気持ちにすこし刺激をあたえてみましょう!

友達以上恋人未満の関係を進展させるには?

パタリナ編集部が行ったアンケートでは、男性に「友達以上恋人未満の女性にされたら意識してしまうこと」と、女性に「友達以上恋人未満の男性と関係を進展させるために実行したこと」を聞いてみました。

アンケート結果は、次の通りです。

  1. 態度で好意をあらわす(49.6%)
  2. 思い切って告白する(29.1%)
  3. 相手の恋愛観を聞く(21.3%)
  4. 「関係をハッキリさせたい」と伝える(18.9%)
  5. 他の男性と仲よくし、嫉妬させる(11.8%)
  6. 相手の好みにイメチェンする(10.2%)

友達以上恋人未満の相手との関係を進展させる方法として、約半数の人が「態度で好意をあらわす」のが有効だと答えていました。

男性を見つめる女性

友達以上に仲のいい彼なので、そもそも人として好意があることは、相手もわかっているはず。

しかし、好きな人との曖昧な関係を進展させるには、相手に恋愛対象の男性として好意があるということを伝えるのがポイントです。

『自分のことが好きなのかなと感じるような行動をされて恋愛対象として意識するようになりました。(30代後半/男性/エンジニア)』
『少しでも「好き」な素振りを見せてきたら、恋愛対象として意識すると思います(20代前半/男性/webライター)』

『相手がこちらにたいして自分の個人情報を積極的に話してくれることがあると、関係をすすめたいのではないかという期待をえる。(30代前半/男性/会社員)』

『相手のことを気遣ったり、わざと二人きりになるようにして話したりして、好意があるようにした。すると相手の方から告白された。(30代後半/女性/公務員)』

『バレンタインに手作りのお菓子を「いつもお世話になっているから」と言ってあげたら、女性として意識してくれました。(20代後半/女性/介護職員)』

好意をあらわすために、つぎのようなアプローチを積極的に行いましょう。

  • 「遊びに行こう」ではなく「デートしよう」と伝える
  • ボディタッチを増やす
  • 些細なことでも褒める
  • 彼といると楽しいことをアピール
  • 体験型のデートで距離感を自然に縮める

友達以上恋人未満の男性との関係を進展させる方法や、告白する時のポイントなどは、以下の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

まとめ:友達以上恋人未満の関係は曖昧だからこそ早く終わらせよう

友達以上恋人未満の男女
友達以上恋人未満の関係は、明確なラインがなく曖昧で難しい男女の関係。

恋人のような制限がなく楽しいようで、「私って彼の何なんだろう…」と頭を悩ませる原因にもなります。

一言で「友達以上恋人未満」といっても、彼の心のうちはさまざま。
曖昧な関係を続けることが絶対にダメというわけではありませんが、このまま待っていてはお互いに幸せを逃してしまうかもしれません。

もし彼に好意があるなら、早く恋人という理想の関係に進んだほうが、あなたも彼も幸せになれるでしょう。

あなたが今好きな人と友達以上恋人未満の関係にあるなら、一度、彼と今後どんな関係になりたいのかを考えてみてください。

今の関係を見つめ直し、彼との未来を想像することが、理想の関係に近づく第一歩になるはずですよ!

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る