• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
年上彼氏の呼び方は?変えるタイミングや呼ぶ時の注意ポイント

年上彼氏の呼び方は?変えるタイミングや呼ぶ時の注意ポイント

年上彼氏って素敵ですよね。
同級生や年下とは違った大人の余裕があり、いざというときに頼れる存在です。

また、自分が頼るだけではなく逆に頼られたり甘えられたりすると、ギャップ萌えでドキドキすることもあるでしょう。

でも、年が違うからこその悩みもつきものです。
なかでも一番多くの人が悩むのは「呼び方」ではないでしょうか?

今回は、年上彼氏の呼び方について紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

年上彼氏の呼び方とポイント

彼氏と歩く彼女

名前の呼び方は、その人との関係性を表す大切なものです。
年齢や立場によって呼び方は変わってきますが、恋人関係ならば年齢に関係なく、親しみやすい愛称で呼び合いたいものですよね。

年上彼氏の呼び方について悩む女性も多いと思います。
ここでは、年上彼氏の呼び方のポイントについて紹介していきます。

他人行儀になりすぎない

「彼氏は自分より年上だから気を使わないと!」と思うことがあるかもしれませんが、必要以上に気を使いすぎて、他人行儀になることは避けましょう。

もちろん気配りは大切ですが、あまりに気を使いすぎると、相手の居心地が悪くなってしまうこともあります。

彼氏が「呼び捨てでいいよ」と言ってきたら、素直に従い、「さん」を付けなければいけないという自分の中のルールに縛られないようにしましょう。
そのほうが彼氏も喜ぶはずです。

場面ごとに呼び方を変える

場面によって呼び方を変えることも、ときには必要になります。

たとえば、みんなと過ごしているときは「名前+さん」で呼んでいるのに、二人っきりになると「名前+くん」と呼ぶといった変化があると、二人で過ごす特別感が倍増し、相手もドキドキするかもしれません。

急に呼び方を変えることに違和感を感じてしまうのであれば、限られた場面だけで呼び方を変えてみるのもおすすめです。
TPOに合わせて呼び方を変えることで、しっかりした女性だと認識してもらえるでしょう。

外での二人とうちでの二人の間に境界線を張ることで、二人の関係性にもメリハリが出て、長い付き合いができるようになるかもしれません。

本人の許しを得る

呼び方を変えようと思い立って急に呼び捨てにすると、相手は驚いてしまうかもしれません。
呼び方を変えるのであれば、先に許可を取ってからがいいでしょう。

「名前で呼んでいいですか?」と聞かれると、彼氏もうれしい気持ちになるはず。
年下の彼女のお願いであれば、きっと彼も素直に受け止めてくれるので、気軽に許可をもらいましょう。

そのときに、呼んで欲しい呼び方を、彼氏に聞いてみるのもいいかもしれませんね。
相手の要望に沿った呼び方であれば、相手が不快な思いをすることもないでしょう。

年上彼氏の名前の呼び方を変えるタイミング

話す女性

今まで呼んでいた呼び方を変えるには、タイミングも大切です。
新しい呼び方にするとき、何かをきっかけにして呼び方を変えることが多いでしょう。

きっかけとなる出来事はいろいろあるため、二人の関係性や状況に合わせて、呼び方を変えるきっかけとタイミングをつかんでいきましょう。

ここでは、そのきっかけとなるような瞬間を紹介していきます。

付き合い始め

二人の関係性が大きく変わるのは、付き合いはじめる瞬間です。

二人で過ごす時間も増え、信頼関係が築かれていきます。
そのスタート地点で呼び方を変えることで、二人の関係性が変化した自覚がよりもたらされ、相手を思う気持ちが強くなるでしょう。

呼び方ひとつで、気の持ち方も変化します。
恋人という自覚をより強く感じるためにも、このタイミングで呼び方を変えるのはいいタイミングです。

同棲するタイミング

付き合いはじめてしばらくしたら、次のステップとして同棲に踏み切るカップルも多いです。
同じ家で生活することで、必然的に一緒に過ごす時間も増えます。

そこで必要になるのは、お互いの信頼関係を深めていくことです。
お互いの嫌な部分も見えてくるため、互いに理解していくことで信頼関係を築いていけるでしょう。

同棲のタイミングで呼び方を変えることで、二人の関係性が一段ステップアップしたことを感じられます
また、名字で呼んでいたとすれば、より具体的な結婚のイメージをできるようになり、相手を思いやる気持ちが上昇するでしょう。

付き合いが長くなるとマンネリ化が起こりやすいですが、名前の呼び方を変えるだけで印象が大きく変化し、マンネリ打破につながるかもしれません。

お互いに両親に会うタイミング

両親に会うのは重大なイベントで、結婚も視野に入ってきます。
そのタイミングで呼び方を変えると、二人の間で未来に対するイメージも膨らみ、パートナーとしての絆を実感できるようになるでしょう。

また親の前で名前を呼ぶ際に、名字では親しみがなさすぎるので、下の名前を呼ぶようにしましょう。
あだ名で呼んでいるのであれば、親の前で呼んでも恥ずかしくない呼び方かを気にすることも必要です。

両親に会う緊張する場面ですから、そのタイミングに向けて、呼び方を変えて慣れておくことよいかもしれませんね。

年上彼氏のベストな呼び方

男性にアタックする女性

それでは具体的に、どのような呼び方がベストなのでしょうか?
そもそもベストな呼び方はあるのでしょうか?

年上彼氏といっても、その人によって呼ばれたい呼び方は異なります。
相手のタイプに合わせて呼び方を考えてみることで、ベストな呼び方を考えていきましょう。

ファーストネーム+「さん」

第一ステップとして無難な呼び方はファーストネーム+「さん」です。
この呼び方は、付き合っていない関係性の間柄でも使う呼び方なので、付き合いはじめのころや呼び方を変える初期段階では、この呼び方がよいですね。

年齢がかなり離れている場合でも、この呼び方が一番しっくりくるでしょう。

年下の彼女から「さん」づけで呼ばれることで、自分が年上として尊重されていると感じられるため、あなたを守りたいという気持ちが高まるかもしれません。

ファーストネーム+「君」or「ちゃん」

「君」や「ちゃん」呼びになると「さん」よりも距離が近くなったように感じられ、より親密な関係性を感じることができるでしょう。

年上の人を「ちゃん」や「君」を付けて呼ぶのは、初めのうちは違和感があるかもしれませんが、付き合っている間柄なので遠慮する必要はありません。

年下の恋人に「君」「ちゃん」呼びをしてもらえることで、気を許してもらえていると感じることができ、お互いに距離が縮まっていくでしょう。
名前の呼び方ひとつで距離感も変わってくるため、タイミングを見て、よりフランクな呼び方に挑戦してみてください。

ただし、急に呼びはじめるのではなく、相手に呼んでいいかを忘れず事前に確認しましょう。

2人だけのあだ名

二人だけのあだ名で呼び合っているカップルも多いです。

二人であだ名を決めることで付き合っているという特別感も増し、二人の仲をアピールすることもできるでしょう。

相手との年齢が近かったり、カップルらしいことを好むタイプの人であれば、お互いにあだ名をつけ合うのも楽しいですね。

ただし、あだ名で呼ばれることを恥ずかしがる人もいるため、相手の好みや年齢も配慮して、あだ名呼びを強要しないようにしてください。

あまり変なあだ名をつけると周りの人に馬鹿にされるかもしれないので、年相応のあだ名で呼び合うように気を付けたほうがよいかもしれません。

まとめ

年上の彼氏という存在は、多くの女性が憧れ、うらやましいと感じるもの。
しかし、それほど年上の恋人がいる人は多くないので、周りに相談することもできず、呼び方で悩んでいる人も多いです。

案外、年上彼氏はどのように呼ばれてても、相手が自分を思ってくれていることが伝わってくれば、たいていのことは受け止めてくれます。
これが、年上のよいところでもあるでしょう。

相手の年齢や立場も考え、お互いに呼びやすく、いい関係を築けるような呼び方を探し、年齢差があっても深い付き合いができるといいですね。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る