• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
男女必見!浮気を後悔したときにやるべきこと・恋人に浮気を後悔させる方法

男女必見!浮気を後悔したときにやるべきこと・恋人に浮気を後悔させる方法

恋愛関係に亀裂を入れる、代表的なものは浮気といってもいいでしょう。

男女に関わらず人は誘惑に弱いものです。
雰囲気やそのときの心理状況など、条件がそろってしまえば誰にでも浮気をする可能性はあります。

今回は浮気をしてしまい後悔したときにすべき行動に加え、浮気をされてしまった場合、相手に後悔をさせる方法の2つをご紹介します。
両方の視点から考えていきましょう。

浮気は男女問わずしてしまうもの

浮気というと男性をイメージしますが、女性にも危険性はあります。

反省はするけれど何度も繰り返してしまう人、一度だけでも後悔する人という分け方もできるでしょう。

それだけ刺激という意味で浮気は魅力的なもの。

しかし、浮気で払う代償が多いことは覚えておかなければなりません。
浮気は犯罪ではありませんが、罪悪感と後悔を生むものなのです。

浮気を後悔する瞬間

後悔する男性

たとえ本気でなくても、決まった相手がいる場合は浮気によって良心は痛むでしょう。

それで済めばいいのですが、バレてしまえばトラブルになるのは必然です。
パートナーにバレてから後悔しても遅いでしょう。

では、どんなケースで後悔することが多いのでしょうか。
代表的な例を挙げて紹介していきます。

浮気を知らないパートナーに優しくされた

たとえバレていなくても恋人に優しくされた場合は心が痛むでしょう。

恋人のやさしさは普段なら癒されるものでも、隠しごとだけでなく大きな嘘をついている状態だけに傷口に塩を塗られたような感じがするはずです。

また、浮気をしたあとは「いつかバレるのではないか…」というプレッシャーも受けることでしょう。

恋人のやさしさに追い詰められるのは、それが思いを込めたものだけに、後悔は大きなものになっていきます。

パートナーに別れを告げられた

浮気がバレてしまい、恋人やパートナーに別れを告げられたときの後悔も大きなものになるでしょう。

長く付き合った場合の浮気ならまだ諦めがついても、一度だけの過ちの場合は後悔してもしきれないものになるはずです。

ただ浮気というのは回数ではありません。
1度だけであっても、それ以上の代償を払わなければならないのです。

周りの友人・家族にバレて責められた

恋人やパートナーだけでなく、周りの友人や家族にバレたときは多くの非難を浴びることになります。

家族はもちろん、恋人と共通の友人にバレてしまった場合は付き合いが断たれてしまう場合もあるでしょう。

後悔しても人の気持ちは変えられません。

転職するハメになった

同僚や上司、部下と浮気をしてしまったときには、勤め先にバレた場合、部署の変更、最悪の場合は退職しなければならなくなることも頭に入れておきましょう。

浮気は社会的な信用を失う場合もあります。

転職がうまくいく保証はなく、生活の基盤を失くす可能性があるのです。
バレないという自信は何の根拠もなく、失うものは小さくありません。

浮気を償うおすすめの行動

謝る男性

犯罪ではありませんが、浮気は自分の身近な人を傷つける行為になります。
バレてしまった場合は、どんな行動をすればいいのでしょう。

厳しい対応をしなければなりませんが、隠しごとしている罪悪感を抱え続けるよりマシなはずです。

浮気したことを誠実に謝る

もっともシンプルなのは、誠実に謝罪することです。
ストレートな行動なため、恋人やパートナーを傷つける可能性は高いです。
しかし、それでも隠し続けるよりいいでしょう。

大切なのは正直に話すことです。
話の中に嘘が混ざってしまうと話のつじつまが合わないなど、より問題を大きくしてしまいます。

あくまでも恋人やパートナーへの謝罪であって、自分の罪悪感を薄めるものはありません。

それによって、相手が別れを決断することも受け入れる覚悟をもって、本当のことを誠実に伝えましょう。

彼氏・彼女のための時間をたくさん作る

浮気がバレたあとは当然ぎくしゃくします。
しかし、それを招いたのは自分自身です。

自業自得だといい聞かせて、少しでも関係が改善されるように恋人のために時間を多く取りましょう。

しばらくは厳しい状況となりますが、本気ではなく浮気だったことを伝えるには共有する時間が必要です。

お金を稼ぐ・家事をしっかりこなす

反省の態度として、今まで以上に仕事や家事をこなすのも恋人やパートナーへの謝罪を示す行動だといっていいでしょう。

浮気に慣れた人の中には、どんなに忙しくても要領がいい人がいます。
しかし、多くの場合は心の隙が生まれやすいときに浮気心というのは表へ出るものです。

そういう時間を失くす努力を、言葉ではなく態度で示す意味はあるでしょう。

パートナーに浮気を後悔させるための効果的なこと

パートナーへの復讐を企てる女性

浮気をされてしまった場合は、どう対応すればいいのでしょう。
シンプルに許すこともできますが、繰り返させないためにも少しお灸は据えたいところです。
浮気にはリスクがあることをわからせなければなりません。

そこで効果的に後悔させる方法を伝授していきましょう。
心に痛みを与え自覚させることで後悔と反省を与えましょう。

彼氏・彼女を徹底的に無視する

無視されることほど相手にとって心が痛み、後悔することはないでしょう。

怒りをぶつけられても、責められても、そこには言葉があり、いい状態といえなくても、コミュニケーションがあります。

会話があれば、相手は弁解することも可能です。
しかし、無視されることで弁解の余地も与えられません。

あまり無視する期間が長くしてしまうと悪い方向へ進んでしまうので注意は必要です。
ただ、一時的に後悔させるのに効果的な方法です。

周囲の人に浮気されたことを報告する

彼氏や彼女が会う可能性が高い人に浮気をされたことを報告するのも後悔させる手段です。

パートナーや恋人だけでなく、周りの友人や知人から責められることは、味方がいない状態を作り出します。

これにより、心にある罪悪感はさらに大きくなっていくでしょう。
孤立無援ほど辛いものはありませんから、後悔を大きくさせる効果があります。

浮気相手のことを悪く言わない

浮気には相手がいます。
その浮気相手に対して、いい感情をもてないのは当然です。

しかし、その相手を許すことのほうが彼氏や彼女を追い詰めるには効果があります。

責める対象が分散すれば、浮気した彼氏・彼女への当たりは弱くなっていくでしょう。

場合によっては相手を一緒に責めることで、怒りの矛先を変えようとする可能性もあります。

焦点をブレさせてしまえば、後悔を募らせることにつながりません。
あくまでも「悪いのはあなた」という状況を作り出しましょう。

本来浮気は共犯者がいるものです。
しかし、被害を与えているのはあくまでも目の前にいる彼氏や彼女です。

そのことをわからせるために浮気相手のことは置いといて、ポイントを絞って話をする必要があります。

後悔させるには一点集中のほうが相手には伝わりやすく、痛みを与えられるでしょう。

浮気をすることは加害者になってしまうこと

傷ついたカップル

回数や人数・日数などは浮気の場合、関係ありません。
たとえ浮気相手が大勢でもひとりでも、パートナーや恋人の心を痛めることに変わりはないのです。

「浮気は遊び」と考えているかもしれませんが、自分は楽しい思いをしておいて人を傷つけていいことではありません。
浮気と本気が区別できているのは行為をした人だけで、ほかの人には伝わらないものだからです。

それによって恋人との関係が終わる、離婚をするというのは自業自得でしょう。
しかし、浮気相手の生活も変えてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

浮気をするのは簡単ですが、被害は想像以上の場合があります。
そして浮気をした人は、その状況を作り出した加害者なのです。

まとめ

恋人やパートナー以外と関係を結ぶのは刺激的なことです。
しかし、いろいろな弊害が生まれることを頭の片隅に置いておきましょう。

心の中には罪悪感や後悔が残るでしょう。
現実的には恋人との別れや家庭崩壊、友人や仕事を失う場合もあります。
それだけのリスクがあることは知っておかなければいけません。

また、浮気をされた人が「浮気をされたのは自分が悪い」と責める場合があります。
もちろん、恋人同士の関係にはいろいろな状況があり、そう思ってしまう人もいるでしょう。

ただ、あくまでも浮気をした人が加害者。
責められるべきは浮気をした本人です。
許してしまえば、繰り返される可能性が高まります。

そんなことのないように、痛みは与えなければなりません。
仲直りするのはそのあと。

反省させる機会を与え、後悔させることも、自分を責めるより大切なときがあるのです。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る