• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
元彼とよりを戻す方法は?復縁のためにするべきこと・してはいけないこと

元彼とよりを戻す方法は?復縁のためにするべきこと・してはいけないこと

恋愛において、女性の方が未練を残しにくい、とよく言われます。
しかし別れ方によっては、女性のほうに元カレへの未練が残ったり、復縁したいと望んだりするものです。

元彼と復縁するために、おさえておくべきテクニックやNG行動についてまとめました。
元彼とよりを戻したいと考えている人は、これから何をすべきなのかチェックしてみましょう。

恋人と別れた原因を探す

別れた原因を考える女性

元彼をよりを戻すために、まず最初にしておくべきなのは、別れた原因を探すこと。

死別や生き別れなどの特殊なケースを除いて、恋人との別れには原因があります。

「元彼となぜ別れてしまったのか」というポイントを抜きにして復縁を考えたとしても、高い確率で同じ失敗を繰り返すため、建設的ではありません。

復縁を考えているなら、まずは恋人と別れた原因を探しましょう。
しかし実際のところ、考えても思い当たらない、元彼の気持ちがわからない、という人もいますよね。

そこで、効果的に別れの原因を探すための方法を3つ紹介します。

出会いからの経緯をノートに書きだす

どんなにツラく悲しい想い出も、文字で書き残すと、客観的な視点で冷静に見つめられます。
心理学では「レコーディング効果」とよばれ、ダイエットメソッドとしても応用されています。

出会ってから別れまでの主な出来事を、メモ形式で書き出しましょう
無機質な箇条書きでも、日記風の文章でも構いません。

できれば、そのときの気持ちも合わせて、具体的に記録しておきましょう。
情報がより明確に整理され、「単なる事実」として想い出と区別できます。

まわりの友人に相談してみる

信頼できる友人に、元彼と別れた原因について相談してみましょう。
恋愛では当人同士よりも第三者のほうが、客観的にアドバイスできるものです。

友人に別れまでの経緯を話してみると、自分では気が付いていなかったミスや彼の気持ちに気付けるかもしれません。

思いきって元彼に聞いてみる

別れた後も、元彼と連絡が取れる状況であれば、別れを決意した理由についてストレートに尋ねてみるのもひとつの方法です。

お互いに憎み合って別れたのでなければ、別れを考えた理由や、あなた自身の至らなかったポイントについて、答えてくれるかもしれません。

自分の気持ちを確かめる

窓辺で黄昏る女性

元彼との復縁を考える前にやるべきなのは、あなた自身の本当の気持ちをしっかりと確かめることです。

本当に元彼が恋しくて復縁したいのか、それとも急にひとりになったことが寂しくてたまらないだけなのか。

そのあたりの区別をはっきりとつけるためにも、元彼に復縁を提案する前に「本当によりを戻したいのか」を突き詰めて考え、自分で答えを出すことが先決です。

よりを戻すキッカケの作り方

ビーチで立っているカップル

あなた自身のなかで「元彼とどうしても復縁したい!」という気持ちが固まったら、今度はよりを戻すきっかけ作りの方法を考えましょう。

元彼とよりを戻すきっかけ作りにはどのような方法があるのでしょうか。

友達に戻ろうと伝え冷却期間を設ける

ケンカ別れではない場合でも、彼女から突然「復縁したい」と言われて、すんなりと受け入れられる男性はおそらく少数派でしょう。

元彼の抵抗を減らすためにも、いったん友達からはじめようと提案して、彼の気持ちを確かめましょう。

そのうえで、元彼のほうも友達からやり直したいというのであればまだチャンスはあります
もう一度、出逢ったころのふたりに戻ったつもりで、冷却期間をもうけましょう。

距離感を見直すことであらためて見えてくるものがあるかもしれません。

元恋人との関係を断つ

3ヶ月から半年ほど連絡を断ってみましょう。

元彼から復縁をにおわせるアプローチがあれば、作戦はひとまず成功です。
そこであらためて「どういう形で復縁するか」について具体的に話し合えます。

ただ、半年以上連絡を断ったとしても元彼のほうから何のアクションも起こしてこないようなら、復縁は潔くあきらめたほうがよいでしょう。

元彼のほうも新しい恋人を見つけているかもしれませんし、ひとりになって気楽な時間を過ごしているかもしれません。

あるいは、あなたのことをきれいさっぱり忘れようと必死で努力している可能性もあります。

いずれにしても、あなたが一方的に復縁を迫っても関係をこじらせるだけです。
恋愛でも、あきらめが肝心であると理解しておきましょう。

元恋人に謝罪する

恋愛関係で、どちらかが100%正しい、100%悪いということはほぼありません。
別れたのは、あなた自身にも少なからず原因があったはずです

復縁を提案する前に、まずは元彼にきちんと謝り、改善できるポイントは改善するという誠意を見せましょう。
復縁の道筋について提案するは、謝罪をしてからのほうが建設的な流れになります。

あらためて感謝を伝える

恋愛関係がどちらからともなくぎくしゃくするのは、お互いに尊敬と感謝の気持ちが足りないからです。

元彼に対しても復縁をいきなり切り出すのではなく、「付き合っていたときは本当にありがとう。あなたのおかげで私自身も成長できた」と、できるかぎり具体的に感謝のメッセージを伝えましょう

そうすれば、復縁後の関係もスムーズになります。

よりを戻したいときにしてはいけないこと

彼氏と別れた後、連絡を待つ女性

元彼との復縁を考える際に、やってはいけないNG行動について具体的に見ていきましょう。

別れてからすぐに復縁をせまる

失恋に慣れていない女性がやりがちなNG行動です。

「ラブラブな期間が長かったのに、急にフラれてしまった」という女性に多く、別れを切り出された次の日に「別れたくない」「お願いだから考え直して」などとしつこく一方的に迫るというパターンも見られます。

彼氏としても、別れを切り出したのは重々考え抜き、迷い抜いた末の結論ですから、別れた直後に復縁を迫られても迷惑でしかありません
元彼の心理を察し、元彼の気持ちを最優先して、自分勝手なアプローチはやめておきましょう。

気をひかせる言動や行動をとる

別れた後も彼女のほうに未練が残っていると、彼の気持ちをつなぎとめたいという一心で、気を引かせるための行動を取りがちです。

職場恋愛でありがちなのは、架空の恋人をでっち上げることでしょう

元彼が嫉妬するだろうと安易に考え、実際には存在しない新恋人をにおわせたり、「あの人からアプローチされてるんだけど…」と、やきもちを焼かせるための言動をくりかえします。

このようなにおわせ行動は、空回りにしかなりません。
周囲から孤立する原因になるだけですから、寂しい気持ちをぐっとおさえて冷静さを保ちましょう。

連絡を取り続ける

別れた後に大切なのは、お互いに冷却期間をもうけることです。

別れてからしつこく連絡を取りつづけていると、元彼も引いてしまい、嫌われる原因になります

ツラいかもしれませんが、少し気持ちを抑えましょう。
少なくとも半年以上は連絡を取らずにいることで、復縁の可能性を高めることにもつながります。

復縁はあせらず時間を置いて

ラブラブだった期間が長いほど、彼氏にフラれたときのショックは大きいものです。
彼氏が恋しいあまり、しつこく連絡を取ったり、自分勝手なにおわせ行動を取る女性もいます。

元彼とよりを戻したいのであれば、ツラい気持ちを自分の中で消化しつつ、冷却期間を大切にして、復縁のタイミングを見きわめましょう。

あせって復縁を迫っても、同じ失敗を繰り返すだけです。

まずはお互いに距離感を見つめ直し、復縁が本当に最善の選択肢なのかをシミュレーションしたうえで、元彼と正面から話し合いましょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る