• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
男性恐怖症を克服したい|男性が苦手・怖いという気持ちを和らげる方法とは

男性恐怖症を克服したい|男性が苦手・怖いという気持ちを和らげる方法とは

もし今、あなたが男性恐怖症を何とかしたいと思っているなら、まずは男性が怖いと思う自分を許してあげてください。
それから、ゆっくりと改善に向けて進めていきましょう。

今回は、男性が苦手・怖いという気持ちを和らげる方法をご紹介していきます。

男性恐怖症とは

男性恐怖症の人は、何もされなくても男性がそばにいるだけで怖いと感じてしまいます

男性恐怖症になる原因は、過去に男性から恐怖を感じさせられたり、傷つけられたことなどがあるでしょう。

重症になると男性に対する嫌悪感が強くなり、同じ空間にいるだけでも不安定になります。

男性でなくても、男性のような行動をする女性も怖いと感じる人もいます。

男性恐怖症あるある|代表的な5つの特徴

男性恐怖症の女性

男性恐怖症になると、近くに男性がいると平常心が保てなくなる人が多いです。
落ち着かなくなり、その場から早く逃げたいと思ってしまいます。

ここでは、具体的に男性恐怖症の特徴をご紹介していきましょう。

男性と会話がうまくできない

男性恐怖症の人は、男性と会話をするのが苦手です。
緊張してうまく話せず、相手の話しを落ち着いて聞けません。

会話をするときは近い距離に行く必要があります。
できるだけ男性の近くに行きたくないと思う女性は、男性との会話を避けたいと思うのです。

過去に、男性から怒鳴られたことによって怖い思いをしたことがある場合や、人まで馬鹿にされて恥をかいた経験がある場合などに見られることもあります。

男性と距離が使くなると体に震えが現れる

男性恐怖症の多くに見られる症状が、男性が近くにいると恐怖を感じることです。

男性から何か怖いことをされてしまうのではないかと過度な不安を感じてしまうため、体が震えたり、冷や汗が出たりします。

男性が近くにいる間は油断ができず、激しく疲労してしまうこともあるでしょう。

相手の男性に対し失礼があってはいけないと悟られないように努めますが、それがまた不自然になってしまい、うまくコミュニケーションがとれない傾向があります。

男性と一緒にいると顔が赤くなる

男性恐怖症の人は男性のそばにいくことに恐怖を覚えるので、緊張してしまい顔が赤くなります。

周囲の人には、相手に好意を寄せてるのではないかと誤解されることもあります。
これもまた、男性恐怖症の人にとっては苦痛なことです。

男性と一緒にいると呼吸が乱れる

男性恐怖症の人の中には、男性が近くにいると呼吸が不安定になる人もいます。
過度の緊張感と閉塞感、恐怖感がこういった症状を起こすのです。

過呼吸を起こす人もいて、ひどくなると学校に行ったり職場に行ったりできなくなります。

エレベーターの中で男性と一緒になることに抵抗を感じることが多いようです。
密室であるため、なにかあってもすぐに逃げられないと思ってしまうからでしょう。

男性と目を合わせられない

男性恐怖症の人は、男性と視線を合わすことが苦手です。
怖いと思う人や嫌いな人の目を見ることは、避けたいと思うものです。

そのため、男性と話をするときにどこを見て話せばよいのか戸惑うこともよくあります。

また男性恐怖症の人は、男性から見られることにも抵抗がある人が多いです。

人の視線を意識しすぎてしまうため、人が多い場所に行くと疲れてしてしまう人もいます。

男性恐怖症の原因として考えられること

セクハラされている女性

男性恐怖症は、男性に強い恐怖感や苦手意識があるために起こります。

具体的には、男性から暴力や性的な被害を受けたり、言葉で傷つけられたり、なんらかのトラウマを持っていることが原因です。
時間が経っても、なかなか心の傷を消すことは難しいのです。

いじめによるトラウマ

男性恐怖症の人は、男子から言葉や暴力で傷つけられた経験がある人は多いです。
大人になった今も、トラウマになり強く不安や恐怖を感じるのでしょう。

いじめを受けた経験がある人は、大人になってもなんらかの傷を持っていることが少なくありません。

かつて自分をいじめた男性とは違っていても、どうしても恐怖を与える存在だと認識してしまうのです。

職場でのセクハラによるトラウマ

セクハラを受けると、男性はみんなそうするものなのだと認識しやすくなります。

不快な行為を避けるため、すべての男性を避けようするでしょう。
慣れている人に対しても、触れられることに激しく抵抗してしまうのです。

セクハラは場合によっては、その人の人生を大きく左右してしまうほど傷つける行為なのです。

家庭環境によるトラウマ

育った家庭環境の中に恐怖感を与える男性がいた場合も、男性恐怖症になりやすい傾向があります。

身内に怒鳴ったり暴力を振るう怖い人、厳しい人、すぐに怒る不安定な人などがいる場合、トラウマになりやすいです。

幼いころから男性は怖いという認識が植え付けられると、男性はみんな怖いものだと認識しながら生きていきます。

そのため、男性がいない学校や職場を選びがちです。

男性恐怖症を克服する方法

男性恐怖症を克服した女性

ごく普通の生活をする上で、男性と接することは避けられません。

男性恐怖症の人は恐怖感を取り除き、生きやすい人生にしたいですよね。

ここからは男性恐怖症を克服するための方法をご紹介します。

男性恐怖症であることを関わる男性に打ち明ける

ひんぱんに接する機会がある男性には、先に男性恐怖症であることを打ち明けておくのも手です。
先に打ち明ければ無駄に心配させることも、不愉快にさせることもなく、こちらも楽になれます。

なにも知らない男性は、あなたの態度を見て「自分になにかよくない部分があるのではないか」と考える人がいる可能性もあります。

きちんと伝えれば、相手の男性も理解してくれるはずです。

自律訓練法を利用する

自律訓練法は、自分で自分にかけられる催眠法です。
特徴は、誰でも比較的簡単にできることと、座った状態でも横になった状態でもできることです。
習得すれば不安な気持ちを落ち着かせたり、ストレスを軽減したりできます。

リラックスできる落ち着ける空間で試してみましょう。
一度にかける時間は5分程度ですので、忙しい人も試しやすいことでしょう。
慣れてくれば、スムーズにできるようになります。

認知行動療法を利用する

認知行動療法は、ものの見方の歪みを変えることで楽に生きることを目指す方法です。

みなそれぞれ考え方が異なります。
そのため、他人から見たら考えられないものの見方や認識をしていることもあるのですが、自分ではそれになかなか気づけません。

認知行動療法は、自分が苦しくなってしまう認知を楽になれる認知にしていく方法です。

カウンセリングを受ける

カウンセリングを受けることで、気持ちの整理ができますし、今までモヤモヤしていた漠然とした恐怖がなにかを知ることもできるかもしれません。

話すことは放すこと。
誰かにじっくりと話を聞いてもらうことで、楽になることも少なくありません。

何が怖いのかがはっきりわかったら、対策もしやすくなることでしょう。
怖い、辛いと思うことにはあまり触れたくない部分ではありますが、カウンセラーに話すことで、安心してゆっくりとひも解いていくこともできます。

焦らずゆっくり向き合おう

焦ることなく、ゆっくりと自分を認めながら恐怖心を緩めていきましょう。
男性も女性も所詮同じ人間です。
特徴は異なりますが、それほど違いはありません。

男性恐怖症の女性は少なくありません。
ですから、あまり自分が特別だと悩むことはないのです。
もちろん、自分を責める必要もありません。

多くの人がなにかしらの苦手対象を抱えているものです。

男性恐怖症は、認知行動療法でも症状を改善していくことが期待できます。
焦ることなく、ゆっくりと自分のペースで試してみてもいいでしょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る