• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
人間関係リセット症候群の特徴や心理、対処方法、メリットを紹介

人間関係リセット症候群の特徴や心理、対処方法、メリットを紹介

人間関係というものは、決して簡単なものではありません。

突然人間関係を断ち切ること、それを「人間関係リセット症候群」と言います。

今回は、人間関係リセット症候群になりやすい人の心理や対処法、メリットについて見ていきましょう。

人間関係リセット症候群の特徴

人間関係リセット症候群の特徴

人間関係リセット症候群と言っても、さまざまな特徴があります。

そのため、自分では自覚していなくても当てはまっている人もいるかもしれないのです。

こちらでは、人間関係リセット症候群の特徴について見ていきましょう。

連絡先を変更し誰にも伝えない

連絡先を誰にも教えないこと、これも人間関係リセット症候群の特徴のひとつです。

それまでは当たり前に友人や同僚とやり取りをしていても、ある日を境に連絡が取れないようにします。

これは、急に何かがあったという人もいますが、「突然人付き合いが面倒になった」というう人のほうが多いです。

近年は、格安スマホなどをメインに使っている人も多く、連絡先を簡単に変えることができます。

格安スマホのせいではありませんが、手軽に連絡先を変更できる現状が人間関係リセット症候群を増長させている可能性はゼロではありません。

転職や引っ越しを頻繁にする

転職や引っ越しを頻繁にする人もいますが、人間関係リセット症候群の人は新しい連絡先を親しい人にさえ教えないという特徴があります。

極端なケースになると、家族にさえ引っ越し先や転職先を教えない人もいます。

自分では人間関係をシャットアウトしているつもりがない人も多いです。

「今連絡しなくても、後からでいいや」と考えてしまいがちな人は、既に人間関係リセット症候群の予備軍になっている可能性があるので気をつけましょう。

SNSを急にやめる

近年は、SNSを通じて新しい出会いを作ることができます。

例えば、好きな俳優やアニメなどについてつぶやいていたら同じ趣味の仲間が出来ることもあります。

最近はそういった目的でSNSを利用している人も少なくありません。

しかし、人間関係リセット症候群の人にとっては複数人とのつながりを持てるSNSはわずらわしいものです。

最初は顔も知らない人とのやり取りが新鮮に思えても、突然「返事をするのも面倒になった」と感じると、簡単に退会をしてつながりを断ってしまうのです。

電話帳の連絡先をすべて消す

スマホやiPhoneを変更しなくても、アドレス帳の全削除で人間関係を断とうとする人もいます。

スマホなどを変更するとなると、少なからず費用がかかります。
しかし、アドレス帳を消すことに費用はかかりません。

相手にもアドレスを削除したことは分からないので、もっとも手軽なリセット方法と言えます。

もし、誰かから連絡が来ても「携帯が水没した」などそれらしい言いわけを用意する人も多いです。

アドレス削除が良いことではないと分かっているからこそ、言いわけも用意するのでしょう。

人間関係リセット症候群になりやすい人の心理

人間関係リセット症候群になりやすい人の心理

人間関係リセット症候群は、誰もがなるものではありません。

ただ、なりやすい心理を持つ人はいくつかあります。
ネガティブだから、ポジティブだからという理由は関係ありません。

こちらでは、どんな人が人間関係リセット症候群になりやすいのかを見ていきましょう。

自分に対して自信がない

自分に対して自信がない人は、意外と人間関係リセット症候群になりやすいです。

なぜなら、自分に自信がないということは「周囲の意見に流されやすい人」ということになります。
自分の意見があっても、それを主張できないためにグッと我慢を強いられてしまうのです。

周囲が我慢を強いるのではなく、本人の性格的なものでしょう。
自分の意見を主張できないことで、考えがネガティブになっていきます。

その結果「こんなことになるなら誰かと付き合わない方が楽だ」という考えに至ってしまうのです。

周囲の顔色を常にうかがっている

自分に対して自信がないことと重なる部分はありますが、周囲の顔色ばかりうかがっている人も人間関係リセット症候群の特徴です。

現時点で人間関係を断っていなくても、遠くない未来にその道を選んでしまう可能性があります。

意見を合わせるための「顔色うかがい」ではなく、自分が楽をするために顔色をうかがっている部分があります。

人間関係というものは、薄っぺらい付き合いでどうにかなるものではありません。

時には言いあい、反発しあうことがあってこそ、深い人間関係を築くことができるのです。

しかし、顔色をうかがってばかりの人はそういった「大変さ」を避けるために、周囲に合わせようとする傾向があります。

周りの人からの評価が気になる

学生や社会人問わず、周囲から自分がどう見られているのか不安な人は多いでしょう。

誰だって、嫌な気持ちを持たれるより好意的な気持ちを持たれる方がいいからです。

その度合いは人によって異なりますが、中には周囲からの評価を過度に気にしてしまう人もいます。

例えば、誰かがコソコソと話していれば自分の悪口を言われているのではないかと考えてしまうのです。

周囲の行動に関して、ネガティブな考えを持つ人は人間関係リセット症候群に陥りやすいと言われています。

その理由として、周囲のことばかり気にかけていること自体がストレスになるからです。

ストレスを抱えてしまうと、心身共に大きな影響が出てしまいます。

そうなる前に、ストレスの原因自体を断ち切ってしまえばいいのではないかと考えてしまうのです。

なるべく一人で過ごしたい

友人たちと一緒にいるよりも、一人で過ごす方が楽という考えの人はいませんか?

既に人間関係リセット症候群になっている、もしくは予備軍の可能性があります。

例えば、読書や映画鑑賞など一人で出来るものを趣味としている場合、気づかないうちに人間関係リセット症候群になっている人もいます。

その理由は、一人で過ごしていても不自由を感じないからです。

読書や映画鑑賞など、一人で楽しめるものを持っている人は、人間関係の煩わしさを感じやすいのです。

物事に完璧を求める

完璧主義者の人も、人間関係リセット症候群になりやすい人と言えます。
その理由は「自分で何でもできてしまう」からです。

人間関係は誰かと協力をして達成感や満足感を得ることで、お互いの絆を高めあうことができます。

しかし、完璧主義者の人は基本的に自分で何でもできてしまうため、他者と達成感などを共有する機会がないのです。

そのため、自然と周囲からも距離を置かれてしまう人、自分から壁を作る人などがいます。

完璧主義者の人は、真面目で融通が利かないタイプが多いと言われています。

真面目だからこそ、余計に周囲との溶け込み方が分からずに、人間関係をシャットアウトしてしまうのです。

人間関係リセット症候群の対処法

人間関係リセット症候群に悩む人

人間は一人では生きていけない、という言葉があります。

その言葉からも分かるように、今は人間関係を断っていても年齢を重ねるにつれて「寂しい」という気持ちが生まれてくるケースも珍しくありません。

こちらでは、人間関係リセット症候群の対処法について見ていきましょう。

自分に対して素直になる

人間関係リセット症候群の対処法として「自分に対して素直になる」というものがあります。

これは、自分から他者に対して歩み寄る必要があるということを指しているのです。

「誰かが話しかけてくれるだろう」
「誰かが気にかけてくれるだろう」

そんな考えを持っている限り、人間関係リセット症候群から抜け出すことはできません。

他の人は、あなたの考えを見抜けるエスパーではないからです。

自分がどうありたいのか、自分自身で見つめ直すことにより対策も見えてきます。

過去の自分を許してあげる

人間関係リセット症候群になっている人の中には、過去の過ちが原因の人もいるでしょう。

例えば、ひどい言葉で友人を傷つけて疎遠になったという人もいます。

年齢を重ねるにつれて、自分の行動が如何に良くなかったのか見えてくる人もいるでしょう。

そんな時は、まず自分を許してあげてください。
過去の自分を悔病み続けても、そこから前に進むことはできません。

「過去の自分は馬鹿だったけど、今からどうするべきなのか」ということを考えるのです。

そのためにも、過去の悪い自分を「自分自身」で許してあげる必要があります。

丁寧な生活を心掛ける

人間関係リセット症候群は自分から行う人もいれば、周囲から切られてしまう人もいます。

周囲から切られてしまった人の場合、どうすれば元の関係に戻れるのか分からない人もいるでしょう。

人によって原因などは異なりますが「丁寧な生活」を心掛けましょう。

ひどい言葉で傷つけてしまった。
若さゆえに「状況が良い今」がずっと続くと思い込んでいた。

さまざまな理由があるでしょう。

しかし、年齢を重ねることで自分の悔いるべきことが見えてきたのであれば丁寧な生活をしましょう。

他者を助け、他者に助けられるという関係を目指してください。

人間関係リセット症候群のメリット

窓辺で黄昏る女性

人間関係リセット症候群は、デメリットばかりという考えの人もいるでしょう。

確かにデメリットの方が目立っていますが、少なからずメリットも存在するのです。

こちらでは、どんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

一時的に自分の身体と心を守れる

何らかの原因で大きな傷を負った場合、一時的に自分の心身を守ることができます。

例えば、一緒にいて苦痛しかない人と居続けてもデメリットしかありません。
ストレスなどで病気を発症する可能性もあります。

しかし、人間関係をリセットすることでストレスを与えてくる相手との関係を断つことができます。

このことによって、心身にかかっていた負担から解放されるのです。

これは、負担がかかっていた人にとっては大きなメリットと呼べるでしょう。

入ってくる情報が洗練される

近年、さまざまな情報が頭の中に入ってきます。
周囲から得られる情報のすべてが嘘とは言いませんが、その人の主観が入った情報もあります。

例えば、不倫騒動の情報が出たとしましょう。

不倫をする方が悪いはずなのに「奥さんに不満があったんじゃない?」という主観が入ることで、なぜか被害者である奥さんの方にも悪い印象がついてしまうのです。

その結果、自分自身では思っていなくても「奥さんにも非があったのではないか」という情報が頭の中にインプットされてしまいます。

しかし、人間関係をシャットアウトしていることで、自分の見聞きした情報のみしか入ってこないというメリットもあります。

本当に付き合うべき友達がわかる

人間関係をリセットすることで、本当に付き合うべき友達を見極めることができます。

人を試すようなことは良くありませんが、連絡を絶つことで「何かあった?」と心配してくれる人は、本当にその人のことを考えてくれていると思ってもいいでしょう。

逆に、長く連絡を取っていないのに何も言ってこない人は、それまでの信頼関係しかなかったと言うことになります。

友人が多い人こそ「本当に友達なの?」という悩みを持ちがちと言われています。

自分自身でしっかり友達を見極めるためにも、人間関係リセット症候群はメリットがあるのです。

まとめ

人間関係リセット症候群には、さまざまな特徴があります。

そのすべてが必ずしもデメリットになるわけではありません。

しかし、現在人間関係をシャットアウトしている人で「このままではいけない」と思うのであれば、どうすれば改善できるべきかを考えてみてください。

どうすればいいか分からない人は、今回紹介した対処法を試してみましょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る