• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
親思いとマザコンは違う?!自分の彼氏はマザコンかどうかをチェック!

親思いとマザコンは違う?!自分の彼氏はマザコンかどうかをチェック!

男性は基本的にマザコン要素があります。
しかしマザコンと言っても、親思いであることは大切です。

親思いの彼なら安心ですが、母親べったりのマザコンでは困ったことになります。
あなたの彼は親思いかマザコンか、確認してみましょう。

マザコン男子の特徴

マザコンの男性

親思いというのは、親をいつも気遣っている人のことです。
いっぽうのマザコンは、母親を慕うあまり、彼女にも母親像を求めます。

彼氏がマザコンかどうか把握しておくことは重要です。
マザコン男子には次のような特徴があります。

困ったことがあると母親に相談する

仕事がうまくいかない、人間関係で悩んでいるなど、悩みはいろいろあるものです。
一人暮らしをしていれば、「今月生活費が足りない…」といったこともあるでしょう。

困ったことがあるとき、あなたの彼氏は誰に相談していますか?
普通は友達や彼女ですが、真っ先に母親に相談する彼氏なら要注意。

彼女が目の前にいるのに、「ちょっと母さんに聞いてみるよ」と言うことが多いなら、彼はマザコンの可能性があります。

また彼氏とケンカしたとき、「母さんが謝れって言うから」などと言われたら、彼はほぼマザコンでしょう。

母親に何でも決めてもらう

大人の男性は、自分のことは自分で決めるものです。
しかしなかには、自分では何も決められない男性がいます。
自分では決められないので母親に相談する男性は、マザコンと言っていいでしょう。

通常男の子は、小学生になるころから、友達とのコミュニケーションを通して徐々に自立していきます。
多くの男性は、自分のすることに口を出されると嫌がります。
自分のことは自分で決めようとするからです。

しかし、母親が息子に干渉してなんでもしてあげていると、息子は母親に頼りっぱなしになります。
その関係性ができあがっていると、大人になっても母親に頼り続けるでしょう。

その結果、母親に決めてもらえば間違いないと思い込み、迷ったときは母親に決めてもらうのです。

自分の母親像を恋人に押し付ける

母親の作った料理を褒めたり、好きだと言ったりする男性はいます。
それは女性であっても、家庭の味として好きな場合も多いもの。

彼女としても彼の好きな味付けを勉強したいと思うでしょう。
しかし、ことあるごとに「母さんの作った味噌汁、煮物、卵焼き…」などと言われていては、女性としてのプライドも傷ついてしまいます。

料理だけでなく、ケンカをしたときも「母さんならこう言う」「こんなことは言わない」と、母親のことを引き合いに出すことが多いなら、マザコンの可能性が高いです。

親思い男子の特徴

母の日にカーネーションを渡す親思いの男性

マザコンではなく純粋に「親思い」の男性は、すべてにおいて母親が優先されるわけではありません。

親思いの男性の特徴には次のような点があります。

親のことは気にかけるが必ずしも親を優先しない

親思いの男性はマザコンと違い、母親との連絡がマメではありません。
しかし、まったく連絡をしないわけではありません。
気になることがあったり、母親の誕生日だったりすればメールくらいはします。

家族とのコミュニケーションを無視しないのが親思いの男性です。
誕生日メールは母親に限らず、父親や兄弟にも送るでしょう。

マザコンとの違いは、連絡頻度と優先順位です。
母親から連絡があれば、何もかも差し置いて飛んで行くのがマザコン。
親思いの男性は、重要な用事でない限り、恋人や友達を優先するものです。

恋人に母親のよいところも悪いところも話す

親思いで母親との関係も良好であれば、ときには母親の話題も出るものです。

ときには母親のよいところを言うこともあるでしょう。
褒めてばかりの男性は怪しいですが、母親の愚痴を言ったり、恋人のほうを褒めるなら、マザコンではなく親思いです。

マザコンではない男性なら、めったに母親のことを褒めたりしないものですが、ユーモラスに語ることはあるでしょう。
その姿に好感が持てたり、微笑ましく感じたりできるなら、マザコンではなく親思いの彼氏です。

自分のことは自分で決める

親思いとマザコンの大きな違いのひとつが、親から自立しているかいないかです。
親思いであれば、重要なことや家族に関することは相談するとしても、たいていのことは自分で決めます。

なんでも母親に聞いたり、決めてもらったりしません。
ファッションや彼女とのデートコースなどのほか、自分の進路、彼女と仲直りをする方法などは自分で考え、自分で決めます。

親思いの男性の中にも、母親と気軽に彼女の話をする男性もいます。
その場合、母親に女性としての意見を伺うくらいのことはするでしょう。
しかし、決めるのは自分です。

マザコンの可能性が高い男性の特徴

母親と買い物をしているマザコンの男性

いくらマザコンでも「自分はマザコンだ」と、わざわざ言わないものです。

どこで見極めればよいのか、マザコンの可能性が高い男性の特徴を紹介します。

母親とのお出かけはデート

親思いの男性でも、ときには母親と出かけることもあります。
買い物の荷物持ちに駆り出されたり、自宅の家電を購入するのに相談がてら一緒に出かけることもあるでしょう。

マザコンの場合、母親と一緒に出かけるのはデートそのもの。
待ち合わせをして、腕を組んで、まるで恋人同士のデートです。

夜景の見えるレストランやオシャレなカフェ、映画館など、通常恋人と行くようなデートスポットに母親と一緒に行くようであれば、マザコンの可能性が高いでしょう。

マザコンという言葉に敏感

マザコンでもプライドは高いもの。
自分がマザコンと見られることを、よしとしない男性も多いです。

マザコンかもしれないという自覚があればなおさら、マザコンであることを隠したがります。

そのため、「マザコンじゃないの?」などと言われると本気で腹を立てます。

マザコンという言葉に異常に反応するようであれば、怪しいでしょう。

「母親に聞いてみるよ」とよく言う

マザコン男性は、大切なことや重大な決断でもないのに、母親に相談します。

すぐに「母さんに聞いてみるよ」「母さんなら知ってると思うよ」などと、頻繁に母親に聞いてみると言うなら、マザコンかもしれません。

父親に聞くのが普通なことでも、マザコンの場合は母親です。
すべてにおいて父親ではなく母親に相談しているなら、マザコンの可能性が高いでしょう。

母親のことを“ママ”と呼ぶ

大人の男性は母親のことを間違っても“ママ”とは呼びません。
しかし、マザコンで今でも母親との関係が深い場合、子どものころからの呼び方が変わりません。

自分のことをママと呼ぶことに抵抗がない母親に育てられているのですから、マザコンになってしまうのも仕方ないかもしれません。

母親が息子のことを、子どものころのあだ名などで呼んでいる場合も多いです。

母親の言うことに逆らえない

一見自分の意見を持っているようでも、マザコンの場合最終決断は母親です。
マザコンは恋人同士で決めたことでも、母親が「違う」と言えば母親に従います。

母親に嫌われたくない、怒られたくないという気持ちが強いので、母親に逆らえません。
マザコン男性は、母親の言うことをきいていれば安心するのです。

「母さんがそうしろって言うから…」と頻繁に言う男性はマザコンの可能性が高いでしょう。

優しいが優柔不断

マザコン男性は優しい人が多いです。
彼女に対しても、むやみに傷つけるようなことを言わないでしょう。

女性が泣く姿も嫌いなので、悲しませるようなこともしません。

しかし何でも母親に聞いて決めることに慣れているマザコン男性は、優柔不断です。
レストランで料理を決めたり、服装を決めるのに時間がかかったり、日常生活でも母親がいないとなかなか決められません。

さまざまな選択に時間がかかるようであれば、マザコンかもしれません。

マザコンと親思いの違いを見極めることが大切

マザコン男性は、一見すると母親思いの優しい男性です。
しかし彼女として許せないのは、自分よりも母親が優先されることです。

いっぽう、親思いの男性は親を大切にできると同時に、彼女のことは特別に扱ってくれます。
人間的にも信頼できるでしょう。

マザコン男性と一緒にいることは、常に母親の影に悩まされることでもあります。
マザコンか親思いか、しっかり見極めることが必要です。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る