• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
守銭奴の意味や読み方は?守銭奴の語源や特徴などを紹介

守銭奴の意味や読み方は?守銭奴の語源や特徴などを紹介

皆さんは守銭奴と聞いてどんなイメージを持ちますか?

「お金大好きな人」「ケチな人」と、悪いイメージを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、守銭奴の意味や由来について詳しくご紹介していきます

守銭奴の意味とは?

財布とお金

守銭奴は「しゅせんど」と読み、お金に対する執着が強い人を意味します。
「銭ゲバ」という言い方をされることもあります。

お金を稼ぐことに重点を置いているというよりも、「このお金は私のもの!」という欲が強かったり、ちょっとでも自分が得をするように動いたりするなど、お金の使い方にとてもシビアです。

ケチとの違いは、金銭に特化していることです。
ケチは金銭以外にも、物事全般的に使用します。

いずれにせよ、あまりよい意味では使用しませんので、使いどころには注意しましょう。

守銭奴の語源はフランスの喜劇作品

守銭奴の語源は、17世紀フランスの劇作家であるモリエールの喜劇作品「L’Avare」の日本語版タイトルです

喜劇「守銭奴」の主人公はアルパゴンという老人で、非常にケチでお金に執着する人物。

この作品には、アルパゴンがお金のために息子や娘をいろいろな人と結婚させ、自分は息子の恋人と結婚をしようとする、彼の滑稽な姿が描かれています。

まさに金銭欲にとらわれ、「銭」を「守る」人物が主人公であることから、喜劇のタイトルは「守銭奴」と翻訳されました。

守銭奴といわれる人の特徴や共通点

守銭奴の男性

守銭奴の特徴は、とにかくお金が大好きなことです。
身の振りかまわず、お金を大事にしている人が多いでしょう。

また、お金を使うことが得意ではないため、できる限りお金を出したがりません。

貯金が趣味なので、多くのお金を持っていることに幸せを感じます。

損をするのは絶対に嫌だと考えており、「無料」「格安」「値引き」という言葉が大好きです。

守銭奴は、少しでも得をしたいという行動理念があります。

ワリカンは1円単位まできっちり

守銭奴は、ワリカンやおごりが大好きです。
他人に対しておごってあげようという気持ちは一切ありません。

それは、たとえ後輩や年下でも変わりません。
ワリカンも端数まできっちり計算して、割り切れない分は、あわよくばほかの人に出してもらおうとすら考えています。

そのため、もし自分が少しでも多く支払った場合は、後日差額分を計算して請求することもあります

割り勘で端数まで計算するため、友達から引かれることもあるでしょう。

お金の話になると空気が読めなくなる

守銭奴は、みんなでお金を出し合ってプレゼントをするときでも、「高い!」「もっと安いのにしようよ!」と文句を言います。

お金に関して非常にシビアなため、空気が読めなくなり、平気で文句を言うのです。

ものを安く手に入れることはよいことだと思っているので、褒められた場合「これ〇円で手に入れたんだ!安いでしょ!」と自慢します。

当人は自慢しているつもりでも、客観的には「空気が読めない」と思われるでしょう。

損得ですべてを判断する

守銭奴は、「自分がここでお金を出したら損か得か」という基準でしか物事を考えません。

常に最安値の品物を求めため倹約家だと思われがちですが、守銭奴の場合は、他人といても損得で考えて行動します。

友達やほかの人がいてもお構いなしに連れまわし、1円でも安い品物を求めます。

友達からするといい迷惑だと思われることも多いでしょう。
しかし彼らからすれば、「損をする」ことは自分の価値を下げることと同じです。

お金のことだけであればまだよいものの、人間関係まで損得で考える人もいます。
自分の損になるような行動は一切しないという人もおり、そんな人は少しずつ周りからも距離を置かれるでしょう。

他人のためにお金を使うのが嫌い

守銭奴が損をすることの次に嫌いなことは、他人のためにお金を使うことです。

自分のためにお金を使うのも躊躇するのに、他人に使うのなんてもってのほかだと考えます。

守銭奴の心理として、「お金は使うものではなく、貯めるもの」というのがあります。
彼らは、プレゼントを買うのもおごるのも大嫌いです。

たとえ1000円以下の少額であったとしても、お金を使うという行為自体に気が進まないのです。

人の喜ぶ顔を見たいという思いでプレゼントを買うのではなく、自分のお金を守りたいがために、プレゼントを購入しないという行動をしがちなのが守銭奴の特徴です。

なかには、お金のかからない形で喜ばれるプレゼントを考える人もいますが、どちらにしても人のためにお金を使いません。

貯金が何よりも幸せ

守銭奴にとって、お金は使うものではなく貯めるものです。

そのため、貯まっていくお金を見ることが、なによりも大好きです。
お金は万物に勝ると考えているのでしょう。

お金がなくて、不安になるような過去があったのかもしれません。
倹約に倹約を重ねて、徐々に増えていく貯金を見ることは、すべてに勝る至福のときなのです。

貯めるのも大好きだけど増やすのも大好きで、投資話や儲け話には喜んで食いつき、積極的に付き合いを求めます。

ただし、その投資話や儲け話も「確実に」儲かると思えるものにしか乗らないのも特徴です。
投資話や儲け話には裏があることも多いため、そういった意味では自分を守れる人だといえるでしょう。

守銭奴と呼ばれる人の心理状況

守銭奴の彼氏に困っている女性

次は、守銭奴の心理状況を見ていきましょう。

どうしてそんなに、お金に執着心を抱くようになったのか、どういう人が守銭奴になりやすいのかをお伝えします。

自分が迷惑な存在だと思っていない

守銭奴は、自分のお金に対する行為や考え方が、どれほど人に迷惑をかけているのかを理解していません。

なぜなら、自分はお金を大事にしている倹約家なだけだと思っているからです。

金の亡者・吝嗇化とも言われますが、呼び方が変わったところで彼らの考え方がわけもなく、最悪は「まわりの人が浪費家だ」とまで考えていることもあります。

ワリカンを嫌がったりプレゼントに対して空気の読めない発言をしたり、迷惑がられるふしは山ほどあるものの、それに気がつきません。

自分ではケチではなく節約上手だと思っている

守銭奴は、自分は倹約家であり、節約上手だと思っています。
お金のことに対して自分を客観視できていないのです。

ですが本当に節約上手な人は、使うところと使わないところのやりくりができていて、道端のお金を拾ったり友人間でのワリカンを渋ることはしません。

たとえば結婚式など、家族や友達などのお祝いの席では気前よくお金を出すような人は、守銭奴ではなく節約家というべきでしょう。

基本的に、節約とお金に執着することは違います。
守銭奴はお金に執着しているだけですが、節約をしている人は何か目標があって、節約をしているのです。

とにかくお金が一番

守銭奴は、とにかくお金が一番大事であり、お金があるという状況が大切だと考えます。

たとえば幼少期に貧乏で苦労した、つらい思いをしたなど、守銭奴の人達にもバックグラウンド的なエピソードがあります。
「もうあんな思いはしたくない」という反骨精神があることで、「お金が大事」という考えにつながっているのでしょう。

人に迷惑をかけたり、空気を読まないのはよくありませんが、お金を大事にするという守銭奴の精神は見習ってもいいのではないでしょうか。

まとめ

クレジットカードを持つ守銭奴の男性

守銭奴と呼ばれる人の特徴について、くわしく見てきました。

守銭奴と節約家の大きな違いは、人のためにどうお金を使うか、どういった行動をとるかというところにあります。

節約家の場合は家族や友達など自分の大切な人に対しては気前よくお金を出すようなことも多いです。

しかし守銭奴の場合は、大切な人に対しても、お金を出し渋る傾向があります。

たしかにお金は、生きていくうえで大切なものです。
しかし、人に大きな迷惑をかけてまでお金を貯めこみ、人から嫌われながら貯金ばかり増やすのでは、何のためのお金なのかもわかりません。

自分の大切な人が困っているときやお祝いのときに、気前よく使うために普段は貯めこんでいるのであれば、まわりの評価や、その人の一型自体も変わってくるでしょう。

節約をしているつもりの人は、人から守銭奴と呼ばれるような行動をしていないか、今一度振り返ってはいかがでしょうか。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る