• カテゴリー:恋愛に疲れた
  • カテゴリー:人間関係に疲れた
  • カテゴリー:癒し・リラックス
好きな色で性格が分かるの?好きな色別あなたの特徴や心理状況

好きな色で性格が分かるの?好きな色別あなたの特徴や心理状況

洋服やスマートフォン、靴、財布、バッグ、ボールペン、スマートフォンケースなど購入する物のデザインや色には、その人の性格や考え方があらわれます。
色彩心理学では色そのものが自分を映し出す鏡になるといわれています。

今回は、好きな色でわかるその人の特徴をご紹介していきます。

好きな色で性格が分かるの?

美しい女性

好きな色は、感覚的に判断されることが大半を占めます。
この感覚的に好きな色があることがとても重要で、心の奥底にある深層心理が好きな色だと認識させる可能性があるのです。
好きな色によって、その人の考え方や性格がわかるのです。

たとえば好きな色が変わってきたら、それは自分でも気が付かないうちに、心境の変化が起こっているからかもしれません。

【好きな色別】あなたの特徴や心理状況

ビーチの笑顔の女性

ここからは好きな色ごとにその人の特徴や心理状況をご紹介していきます。

今回は、定番の15色に厳選してご紹介します。

ご自身がどのような色が好きなのかを考えながら、それぞれの特徴をチェックしてみてください。

好きな色が「赤」の人の特徴や心理状況

好きな色が「赤」の男性は、とても情熱的な人が多いでしょう。
精神的にも肉体的にもエネルギッシュで、周りにいる人を元気にしてくれます。

場をまとめるのもうまく、リーダー的な存在として欠かすことができない大事な役割を担います。

好きな色が「赤」の女性は、気が強い傾向があります。
目立ちたい気持ちが強く、男性にも個性的な面や社会的な地位を求めます。

気位が高い人も多く見られますので、しっかりと相手を選ばなければ満足のいく恋愛をすることが難しいでしょう。

好きな色が「ピンク」の人の特徴や心理状況

好きな色が「ピンク」の人は、可愛さや優しさを求める傾向が強いです。
少し子供っぽいところを持ちつつも、自分ができるだけ優しくなりたいと思っていたり、可愛いと思われたいという願望があります。

人間関係は良好で、多くの人から愛され大事にされる傾向があります。
それは、ピンクが好きな人が、周りの人に率先して優しくするからです。
男性に対しても上手に世話を焼くので、結婚相手として最良です。

好きな色が「オレンジ」の人の特徴や心理状況

好きな色が「オレンジ」の男性は、とてもオシャレで、はしゃぐことが大好きです。
パーティでは常に盛り上げ隊長として皆を楽しませてくれます。

仕事ではムードメーカーとしての役割を担うことが多いでしょう。
周りの空気も嫌な感じにはなりません。

好きな色が「オレンジ」の女性は、とても温かい心をもっており、多くの人から愛される特徴があります。
常に笑顔なので、周りからの人気も高いのですが、その反面、一人で何かをするのが苦手といった特徴があります。

好きな色が「黄色」の人の特徴や心理状況

好きな色が「黄色」の人は、男女問わず多くの人から愛される傾向があります。
初対面の人でもフレンドリーに対応することができ、ユーモアがあるので、営業職で重宝される性格です。

しかしその反面で無神経なところがあったり、お調子者で周りの状況を考えることが苦手なところもあります。
また、寂しがり屋であったり子供っぽい部分も持ち合わせています。

好きな色が「緑」の人の特徴や心理状況

好きな色が「緑」の男性は、コツコツと努力を積み上げることが得意です。
誠実に仕事をこなすので、上司からも信頼されます。
ただとても謙虚な性格のため、自己アピールが苦手なところがあります。

好きな色が「緑」の女性は、家庭的な性格の人が多いので、男性から結婚を意識してお付き合いを申し込まれることが多いはずです。

好きな色が専業主婦になると、心が穏やかで優しい性格なので、仕事に疲れた旦那さんを家庭で癒してあげられるでしょう。

好きな色が「紫」の人の特徴や心理状況

好きな色が「紫」の男性は、ミステリアスな雰囲気を持っています。
独自の世界観を持っていて美的センスに優れています。

とてもオシャレな人が多く、みんなから人気があります。
また自分がこだわっている分野に関しては、とてもプライドが高いです。

好きな色が「紫」の女性は、スピリチュアルを好み、占いやパワースポットが好きです。

また、大勢の中にいるよりも、一人でいることを好む傾向があります。
自分一人でもしっかりと楽しむことができ、一人でいることに対してあまり寂しいといった感情を持ちません。

好きな色が「青」の人の特徴や心理状況

好きな色が「青」の人は、とても冷静な行動をする傾向があります。
恋愛においても感情的にならず、大きな失敗をしてしまうこともあまりないのです。

仕事においても効率的に業務を遂行する傾向があり、同僚や同じグループの人が感情的になっているのを見ると少し気になってしまいます。

喜怒哀楽はあまり表しませんが、周りの人が大きな失敗をしたときに助ける頼りがいのある面もあり、自分にに被害が及んだときには、間違いを笑って許すおおらかさがあります。

好きな色が「灰色」の人の特徴や心理状況

好きな色が「灰色」の人は、自分に対してストイックであり、一度決めたら考えを変えない頑固さも持ち合わせています。

何か困難なことがあっても不屈の精神によって不幸に打ち勝つことができます。
困難に対して逃げたり妥協することはありません。

しかし灰色が好きな人は、対人関係が苦手な面があります。
そのため周りの人に地味でおとなしい、暗いなどの印象を与えやすい特徴があります。

好きな色が「黒」の人の特徴や心理状況

好きな色が「黒」の人は、我が強い傾向があります。
黒が好きな人の多くが、しっかりと自分の中に確固たる信念をもっており、周りの人に流されて意見を変えるようなことはありません。

彼氏に合わせてファッションや趣味などを変えるようなこともせず、自分を変えてまで付き合いたいとは思いません。

好きな色が「白」の人の特徴や心理状況

好きな色が「白」の男性は、完全主義で、嘘や人をだますことを嫌います。
ひとつの道を極める人が多く、トップを目指して毎日努力を続ける心の強さを持ち合わせています。

好きな色が「白」の女性は、完璧さを追い求めているため、自分に厳しい傾向があります。
そのため、好きになる男性もしっかりと自分を持っている人が多く、いい加減な人を毛嫌いします。

好きな色が「水色」の人の特徴や心理状況

好きな色が「水色」の人は、自由奔放でマイペースな人が多いです。
感情で行動することが多く、常に自然体です。

自由奔放でありながら、オンとオフの切り替えはしっかりするので、仕事の場にプライベートを持ち込むようなことはしません。

また水色が好きな人は、人との距離感を保つことに長けているので、良好な人間関係を築くことができます。

好きな色が「茶色」の人の特徴や心理状況

好きな色が「茶色」の人は、落ち着きがあり、周りの人を癒してくれる存在です。
一度仲良くなると、長く付き合いを続けることができます

また仕事ではコツコツと努力することを得意としています。
時間をかけずに出世するのではなく、じっくりと時間をかけて出世していく大器晩成タイプです。

好きな色が「チョコレート色」の人の特徴や心理状況

好きな色が「チョコレート色」の人は、ナチュラル志向の持ち主です。
家庭菜園やキャンプなどを好む傾向があります。

いろいろなモノにお金を使うのではなく、ひとつの物を時間をかけて使い込んでいくことに喜びがあります。

また、自分の価値観をしっかりと持っているので、ブランド品か否かは関係なく、単純に自分の好きな商品を適切な価格で買いたいと思っています。

好きな色が「金」の人の特徴や心理状況

好きな色が「金」の人は、仕事でもプライベートでもトップを目指す野心家です。
また、強い承認欲求をもっており、SNSでは顔を出してアピールする傾向があります。

周りから羨ましがられたいといった気持ちを常にもっており、羨ましがられるためならどんな努力も欠かしません。

まとめ

日光の中の女性

好きな色に自分の知らない心理状況が表れます。

これまではずっと赤が好きだったのに、最近は赤を持っているのが恥ずかしい気持ちになるなど、以前までの好きな色では満足できなくなったときには、あなたの中で何か変化があるかもしれません。

今回ご紹介した好きな色別の特徴を参考に、自分の中でどのような心境の変化が訪れているのかを診断してみましょう。

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?

スイーツ

ハーゲンダッツ期間限定「ノワゼットショコラ」をレポート♪高級ケーキのようなその味は?
束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?

束縛

束縛彼氏のエピソードまとめ!ストーカー予備軍・メンヘラ男の実態とは?
ページTOPに戻る